Clicky

アイデナルボランティアサロン

アイデナルボランティアサロン 共に学び分かち合える、心と体の居場所つくりを目指し、学習支援「あい?

通常通り開く

ハスノハ生きる教室 が最も大切にしたいと考える、『自然と共に生きる、昔の農的暮らしからの学び』土があり、水があり、火があり、知恵があり、できる限り(ここは人間のわがままが多いにあるが)他の生きものたちといのちを分け合い、次の世代を育みながら...
22/03/2022

ハスノハ生きる教室 が最も大切にしたいと考える、
『自然と共に生きる、昔の農的暮らしからの学び』

土があり、水があり、火があり、知恵があり、できる限り(ここは人間のわがままが多いにあるが)他の生きものたちといのちを分け合い、次の世代を育みながら生きる。

街中育ちの子どもたちであっても五感の全てを作動させる学びの場と安らぎの場としてぴったりの
飯田高原『蕨原おわて』さんの暮らしの場

以前は、福島猪苗代や宮崎串間、コロナ前までは韓国南海やハワイ島西コハラなどで行っていた、子どもや大人たちのリトリート。
身近にもあったことが、うれしく、ありがたく。

子どもたちの顔がみるみる変わるのを観察するのがすごく楽しいのです。

今回の ハスノハ生きる教室 は昨年秋に訪れた飯田高原を再訪問。春を待って企画したものの、さすがに別府よりもかなり気温も低く、雨雲の残る天気の中、まずは『九重ふるさと自然学校』で野鳥観察と自然散策。冷たい霧雨の中の散策でも、足の裏が踏みしめる...
22/03/2022

今回の ハスノハ生きる教室 は
昨年秋に訪れた飯田高原を再訪問。
春を待って企画したものの、さすがに別府よりもかなり気温も低く、雨雲の残る天気の中、まずは『九重ふるさと自然学校』で野鳥観察と自然散策。
冷たい霧雨の中の散策でも、足の裏が踏みしめる土は、春草の芽吹きと、もぐらさんの仕事も手伝ってか、ほくほく柔らかく。
やっぱり『春が来てるんだなぁ』と。
ここに来ると、さまざまな種の鳥たちの声色の違いに耳を傾けたり、まるで宝探しのように、目をあちこちして枝に隠れる鳥たちの姿を発見したり、
改めて、自然の中に身を置く幸せや安心を、耳や目や心が感じ取ってくれます。
子どもたちにたくさん浴びさせてあげたい、自然エネルギーで満ち溢れていました。

Photos from おおいた Organic Market's post
20/03/2022

Photos from おおいた Organic Market's post

Photos from おおいた Organic Market's post
16/03/2022

Photos from おおいた Organic Market's post

自然体験学習会「ハスノハ生きる教室」の開催日を3/19(土)、3/20(日)に変更しました。
16/03/2022

自然体験学習会「ハスノハ生きる教室」の開催日を3/19(土)、3/20(日)に変更しました。

ひとり親子育て支援の取り組みとして、『おおいたOrganic Market 』との連携により、大分県内のそれぞれ特色のある素晴らしい農園からのオーガニック野菜や食品を中心としたギフトボックスを配布しました。3/19、26とあと2回開催します...
13/03/2022

ひとり親子育て支援の取り組みとして、
『おおいたOrganic Market 』との連携により、大分県内のそれぞれ特色のある素晴らしい農園からのオーガニック野菜や食品を中心としたギフトボックスを配布しました。3/19、26とあと2回開催しますので、お近くのひとり親子育て世帯の方々、食支援を必要とする事情をお持ちの方々に、ぜひお知らせください。

Photos from たのしいproject's post
10/03/2022

Photos from たのしいproject's post

10/03/2022
今はハスノハ子ども食堂を運営する私たちも、ひとり親家庭の母であり、息子たちも困窮時代を経験した子ども。つらい時代も、自然は私たちにたくさんの恵みを届けてくれました。
09/03/2022

今はハスノハ子ども食堂を運営する私たちも、ひとり親家庭の母であり、息子たちも困窮時代を経験した子ども。
つらい時代も、自然は私たちにたくさんの恵みを届けてくれました。

3/12(土)おおいたOrganic [email protected]オアシス並木通り商店街(大分市中央町4-1-22)
9:00-12:00

初参加!
〇都松地区振興協議会/臼杵市野津町
白えごま油

〇ウジャマー農場/豊後大野市
ジャガイモ・高菜・菜の花
玄米餅・黒米おむすび・黒米入りパン・サンドイッチ
黒米甘酒

〇そよふく農園/臼杵市野津町
人参、菊芋、里芋、生姜、大浦太ゴボウ、菜の花、かつお菜、切干大根、
塩納豆、古代米、ジャム、ちび黒豆大福⇒よもぎ餅に変更になりました)菊芋ナゲット、高きび巻き など

〇蕨原おわて/九重町
蕨原おわて/九重町
人参・卵(地鶏・鴨)刺身こんにゃく・味噌・漬物
猪カレー・ちらし寿司

〇ラフォレマリー/由布市庄内町阿蘇野
サフラン・菊芋
自家製小麦のベーグル・パン
ポン菓子など

〇こだわりふぁーむ仲道/大分市
お米・小麦(中力粉・チクゴイズミ)
もみ殻燻炭
パクチーなど

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【特別プロジェクト】

ハスノハ子ども食堂 アイデナルボランティアサロン
ひとり親子育て支援事業
元気になるおおいたたべものギフトボックス

ハスノハ子ども食堂の子育て支援事業におおいたOrganicMarketの
信頼できる生産者の皆さんの育てた野菜、手作りの加工品をお届けします。
3/12 3/19 3/26の毎週土曜日、先着30名様に手渡しします。
事前申し込みなどは不要です。エコバックを出来ればご持参ください。

よくある食糧支援の内容は、ほとんどがインスタント食品やレトルト食品、またはスナック菓子などが多い状況です。もちろん、大切な食べものには違いありませんが、地元でできた新鮮な生命力のある食べもので大人もこどもも心と身体を養う、暮らしを作ることが基本だと思います。

有機栽培、自然栽培、自然農の野菜の魅力や添加物のない加工品の手作りの温かさをギフトボックスを通じて感じてもらえたらと思います。

お問い合わせはこちらにどうぞ。
ハスノハ子ども食堂 アイデナルボランティアサロン
070‐2379‐7215 [email protected]

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

※畑や天候の状況により、出展者や出品品目に変更がある場合があります。ご了承ください。
※駐車場がございませんので、公共機関でお越し頂くか周辺のコインパーキングをご利用ください。
※売り切れ次第、撤収させて頂く出展者の方もございます。
ご了承ください。
※エコマーケットを目指しています。プラスチックフリーのため、エコバックや持ち帰り容器などをご利用ください。
量り売りを基本としています。ご協力をお願いいたします。
※コロナウィルス感染予防のため、マスク着用など出来ることのご協力をお願いいたします。

昨年別府市で開催された子どものミカタでありたい方々の集い『カタローエ大分in別府』のみなさんとの繋がりから、『おひげのパン屋さん』より、新鮮なお野菜と美味しいパンのご寄付をいただきました。ありがとうございました😊
05/03/2022

昨年別府市で開催された子どものミカタでありたい方々の集い『カタローエ大分in別府』のみなさんとの繋がりから、『おひげのパン屋さん』より、新鮮なお野菜と美味しいパンのご寄付をいただきました。ありがとうございました😊

近くの市営住宅2ヶ所に、2回目のお米無料配布を行いました。今回は自治会の方々のご協力で集会場もお貸し頂き、約70袋のお米とポンカン、人参、即席麺をお渡しすることができました。高齢者の方々、心身に不自由をかかえる方々、ゆっくり歩かれるも、呼吸...
04/03/2022

近くの市営住宅2ヶ所に、2回目のお米無料配布を行いました。今回は自治会の方々のご協力で集会場もお貸し頂き、約70袋のお米とポンカン、人参、即席麺をお渡しすることができました。高齢者の方々、心身に不自由をかかえる方々、ゆっくり歩かれるも、呼吸が上がり会場前でうずくまれる方も。まだまだ、課題は山積みなことを実感しました。
今回もまた、お米の提供、お米の精米、袋詰め、運搬、自治会や関連機関との交渉、チラシ掲示、配布等をたくさんのボランティアの方々が手伝ってくださいました。
本当にありがとうございました😊

イベントの花火より、まずは、せめてご飯を。
26/02/2022

イベントの花火より、まずは、せめてご飯を。

お陰様で、2/14で「ハスノハ子ども食堂」1周年を迎えることができました。ありがとうございます😊お花とケーキをいただき、子どもたちとお祝いさせていただきました。これからもどうぞよろしくお願い致します。
19/02/2022

お陰様で、2/14で「ハスノハ子ども食堂」1周年を迎えることができました。ありがとうございます😊
お花とケーキをいただき、子どもたちとお祝いさせていただきました。
これからもどうぞよろしくお願い致します。

14/02/2022

2月のイベントのご案内

2/19(土)10:30〜毎月恒例の『結〜氣庵』(ゆうきあん)さんの台湾式足揉み。
ご予約はお早めに!
3500円/45分(要予約)

お問合せ、ご予約は、メッセンジャーまたは下記までご連絡下さい。
Email [email protected]
電話 070-2379-7215

喫茶蓮の葉とハスノハ子ども食堂の日々の様子が、ドキュメンタリー番組で放映されることになりました。昨年2月14日のオープンからいろんな方々とのご縁のおかげで、ここまで毎日開店することができております。ありがとうございます。経済的な生産性には乏...
10/02/2022
ドキュメント九州 | TNCテレビ西日本

喫茶蓮の葉とハスノハ子ども食堂の日々の様子が、ドキュメンタリー番組で放映されることになりました。

昨年2月14日のオープンからいろんな方々とのご縁のおかげで、ここまで毎日開店することができております。
ありがとうございます。
経済的な生産性には乏しくても、繋がりながら知恵を出し合い、それぞれができることを積み重ねていくと、『小さな幸福感』もたくさん生まれてくると実感しております。
今更ながら子どもたちに教えられる日々です。

https://www.tnc.co.jp/dq/

ドキュメント九州は、「作品」としてではなくテレビ番組としてのエンターテイメント性も持たせた番組作りを目指します。まさにFNS九州8局が一丸となって取り組む「ドキュメント番組」です。新しいドキュメンタリーの.....

コロナ感染の拡大や自粛で日常の生活が大きく変化する中、ハスノハ子ども食堂では今のところ通常どおり毎日運営を続けています。地域食堂も併設していますが、外出を控えていらっしゃる方々も多いのかな?と近くの市営住宅の公園で、お米やお野菜などの無料配...
06/02/2022

コロナ感染の拡大や自粛で日常の生活が大きく変化する中、ハスノハ子ども食堂では今のところ通常どおり毎日運営を続けています。地域食堂も併設していますが、外出を控えていらっしゃる方々も多いのかな?と近くの市営住宅の公園で、お米やお野菜などの無料配布をさせていただきました。ご高齢の方々も多く、また、「同じ棟に病気の人がいるから持って行ってあげよう。」という隣人の方も。冷たい強風の中でしたが40名以上の方々にお渡しできました。

14/01/2022

1月のイベントのご案内

1/28(金)10:30〜毎月恒例の『結〜氣庵』(ゆうきあん)さんの台湾式足揉み。
好評につき、ご予約はお早めに!
3500円/45分(要予約)

お問合せ、ご予約は、メッセンジャーまたは下記までご連絡下さい。
Email [email protected]
電話 070-2379-7215

皆さま、ハスノハ子ども食堂地域食堂を今年もどうぞよろしくお願い致します。さて、年始早々ですが、お知らせとお願いがございます。ハスノハ子ども食堂地域食堂は店舗前の道路拡張工事のため遅くても今夏くらいまでには移転場所を見つけなくてはならなくなり...
07/01/2022

皆さま、ハスノハ子ども食堂地域食堂を今年もどうぞよろしくお願い致します。
さて、年始早々ですが、お知らせとお願いがございます。
ハスノハ子ども食堂地域食堂は
店舗前の道路拡張工事のため
遅くても今夏くらいまでには
移転場所を見つけなくてはならなくなりました。
大分県別府市内(できれば朝日中学校区)で空き家や空き店舗物件などお持ちの方、子ども食堂や居場所づくりにご協力頂ける方が
いらっしゃいましたらぜひぜひ、ご連絡くださいませ。
どうぞよろしくお願い申し上げます。

いつもバイクでお花を届けてくれるKさん(84歳)いつのまにか心がなごみ、顔もニッコリ😊ありがとうございます♪
29/12/2021

いつもバイクでお花を届けてくれるKさん(84歳)
いつのまにか心がなごみ、顔もニッコリ😊
ありがとうございます♪

29/12/2021

ハスノハ子ども食堂・地域食堂(大人の方々)、年末年始も12:00〜18:00(地域食堂14:30〜15:30)やってますよ〜😃

たくさんの絵本のプレゼント!小さなサンタさんが届けてくれました。笑顔もたくさん、ありがとうねおばさんたちは元気もたくさんもらいました 😊
24/12/2021

たくさんの絵本のプレゼント!
小さなサンタさんが届けてくれました。
笑顔もたくさん、ありがとうね
おばさんたちは元気もたくさんもらいました 😊

子どもたちの『食』を守る取り組みが、家庭内に留まらず、社会全体に広く繋がっていくことを心から願っています。おおいたオーガニックマーケットのみなさまにも深く深く感謝申し上げます。
22/12/2021

子どもたちの『食』を守る取り組みが、家庭内に留まらず、社会全体に広く繋がっていくことを心から願っています。
おおいたオーガニックマーケットのみなさまにも深く深く感謝申し上げます。

『第1回 ハスノハ交流会』を終えて   その①12月15日 ハスノハ交流会は虚無僧姿の松本求名(ぐみょう)さんの尺八の演奏ではじまりました。子どもたちや大学生にもぜひ聞いてもらいたいと、長崎の被爆クスノキと片足鳥居の楽曲も演奏下さり、歴史を...
21/12/2021

『第1回 ハスノハ交流会』を終えて その①

12月15日 ハスノハ交流会は
虚無僧姿の松本求名(ぐみょう)さんの尺八の演奏ではじまりました。
子どもたちや大学生にもぜひ聞いてもらいたいと、長崎の被爆クスノキと片足鳥居の楽曲も演奏下さり、歴史を音で見るようで、尺八の音色の表現力の深さに、皆聴き入っていました。
中学生の男の子は『大好きなアニメの曲もすご〜くよかった!』と。最後の曲は『赤とんぼ』。
自然の風景を見ることの難しい時代の子どもたちの耳や心に、この『赤とんぼ』は、どう伝わっているのかなぁ?と50代。

古くて新しい出会いや想いがたくさん詰まった演奏会でした。

12月のイベントのご案内12/15(水) 17:30〜19:30「ハスノハ交流会」17:30〜18:30 ミニコンサート尺八演奏 松本求名(ぐみょう)さん18:30〜19:30 夕食会参加費無料別府市コミュニティーセンター     12/1...
11/12/2021

12月のイベントのご案内

12/15(水) 17:30〜19:30
「ハスノハ交流会」
17:30〜18:30 ミニコンサート
尺八演奏 松本求名(ぐみょう)さん
18:30〜19:30 夕食会
参加費無料
別府市コミュニティーセンター
     
12/18(土)10:30〜毎月恒例の『結〜氣庵』(ゆうきあん)さんの台湾式足揉み。
3500円/45分(要予約)

お問合せ、ご予約は、メッセンジャーまたは下記までご連絡下さい。
Email [email protected]
電話 070-2379-7215

『第1回 ハスノハ生きる教室 』を終えて その③今回の旅の1番印象に残ったことは?と中学生に聞くと、『カモとニワトリを捌く現場を見たこと』と。おわてさんのご主人が当日ご提案くださったおかげで、最初から(生きてる状態)最後まで(夕食で頂く)を...
25/11/2021

『第1回 ハスノハ生きる教室 』を終えて その③

今回の旅の1番印象に残ったことは?と中学生に聞くと、
『カモとニワトリを捌く現場を見たこと』と。
おわてさんのご主人が当日ご提案くださったおかげで、最初から(生きてる状態)最後まで(夕食で頂く)を体験させて頂くことができました。
大人である私たちでさえ、衝撃もあり、観察もあり、感慨もあり。
いかに、日常が、生きものの生死と遠くにあったのかを、人間ばかりの快を求める視点であったかを、改めて発見しながらも尚、炭火で焼かれる鴨肉の美味しさに皆笑顔に。胃袋は薄情で正直だけれど、
『命や生きる場所を軽んじることなく、命の結集でできた我が命と他の命をより良く運んで行くこと』を子どもたちと共有できたのではないか、と思いたい、夜でした。

『第1回 ハスノハ生きる教室』を終えて その②九重ふるさと自然学校では施設の方に解説を頂きながら、飯田高原の山々をバックにススキの草原などの自然散策を楽しんだり、冬の水鳥などのバードウォッチングをするために双眼鏡の使い方を教わりました。街中...
23/11/2021

『第1回 ハスノハ生きる教室』を終えて 
その②

九重ふるさと自然学校では施設の方に解説を頂きながら、飯田高原の山々をバックにススキの草原などの自然散策を楽しんだり、冬の水鳥などのバードウォッチングをするために双眼鏡の使い方を教わりました。
街中の建物や乗り物などの、箱から箱への移動とは違い、一歩一歩、ひと息ひと息、鳥の声や草木の揺れる音や匂いに包まれて歩くことは、体内にある自然のリズム時計が呼び戻るようで幸せでした。

アイデナルボランティアサロンの自然体験学習「第1回 ハスノハ生きる教室」を終えてその①九重町の「蕨原おわて」さん、「九重ふるさと自然学校」に行って来ました。「蕨原おわて」さんは、築230年以上の古民家。土間囲炉裏で燻された伝統的な佇まいは、...
22/11/2021

アイデナルボランティアサロンの自然体験学習「第1回 ハスノハ生きる教室」を終えてその①

九重町の「蕨原おわて」さん、「九重ふるさと自然学校」に行って来ました。
「蕨原おわて」さんは、築230年以上の古民家。
土間囲炉裏で燻された伝統的な佇まいは、長い歴史の生き証人のようにどっしりと威厳があり、懐かしい煙りの匂いが家中に立ち込めていました。
そして、カモとニワトリの「命をいただく」貴重な生きた授業も体験することができました。
APUの海外出身の学生さんの参加も多数あり、囲炉裏を囲んでの意見交換会では、生きもの全てのものに役割があり、その大切な命をいただき、今の自分たちが生かされていること、自然の大切さを改めて実感し合えました

「家庭菜園で作っている野菜、使ってもらえますか?」と採れたてのお野菜をたくさん持って来てくださる近所の方、「子ども食堂で使ってもらえると嬉しい。」と、重いお米を持って来てくださる方。「うちの子供たちがお世話になってます!」と、旬のお野菜や果...
18/11/2021

「家庭菜園で作っている野菜、使ってもらえますか?」と採れたてのお野菜をたくさん持って来てくださる近所の方、「子ども食堂で使ってもらえると嬉しい。」と、重いお米を持って来てくださる方。「うちの子供たちがお世話になってます!」と、旬のお野菜や果物を持って来てくださる校区の先生。「自分にも何かできることがあれば」と、就職先の環境に優しいハンドソープを送ってくれた、かつて不登校だった若者サラリーマン。ご紹介しきれないたくさんの方々が支えてくださるお陰で、子どもたちにもそのあたたかさが届いているのを感じます。ご協力の輪の広がりに、スタッフも励まされます!いつもありがとうございます😊

14/11/2021

11月のイベントのご案内

11/17(水)10:30〜毎月恒例の『結〜氣庵』(ゆうきあん)さんの台湾式足揉み。
3500円/45分(要予約)

11/20(土)、21(日) 「ハスノハ生きる教室」
飯田高原自然体験学習

お問合せ、ご予約は、メッセンジャーまたは下記までご連絡下さい。
Email [email protected]
電話 070-2379-7215

大分合同新聞「2021年衆院選ズーム争点5」に記事が掲載されました。
29/10/2021

大分合同新聞「2021年衆院選ズーム争点5」に記事が掲載されました。

栄養士をめざす、別府大学短期大学部食物栄養科の学生のみなさんが、野菜や果物の粉を使って手作りしたクッキーを子どもたちにと持ってきてくださいました。とても可愛いいクッキーで、子どもたちも大喜びでした。ありがとうございました😊
28/10/2021

栄養士をめざす、別府大学短期大学部食物栄養科の学生のみなさんが、野菜や果物の粉を使って手作りしたクッキーを子どもたちにと持ってきてくださいました。とても可愛いいクッキーで、子どもたちも大喜びでした。ありがとうございました😊

シスターたちが、ご自分たちで作られた冬瓜や黒砂糖蒸しパンを子どもたちに届けてくださいました。子どもたちも「おいしい!」と大喜び。シスターたちの優しい笑顔と温かい心遣いに私たちも癒されました。
13/10/2021

シスターたちが、ご自分たちで作られた冬瓜や黒砂糖蒸しパンを子どもたちに届けてくださいました。子どもたちも「おいしい!」と大喜び。シスターたちの優しい笑顔と温かい心遣いに私たちも癒されました。

06/10/2021

10月の「足揉み」のご案内

10/13(水)10:30〜足揉み
3500円/45分(要予約)

日々、秋の気配を感じるようになってまいりましたが、夏の疲れは出ていませんか?
毎月恒例の『結〜氣庵』(ゆうきあん)さんの台湾式足揉みで、リフレッシュしませんか?
ご予約はお早めにどうぞ!

お問合せ、ご予約は、メッセンジャーまたは下記までご連絡下さい。
Email [email protected]
電話 070-2379-7215

03/10/2021

住所

Beppu-shi, Oita
874-0847

電話番号

+817023797215

アラート

アイデナルボランティアサロンがニュースとプロモを投稿した時に最初に知って当社にメールを送信する最初の人になりましょう。あなたのメールアドレスはその他の目的には使用されず、いつでもサブスクリプションを解除することができます。

事業に問い合わせをする

アイデナルボランティアサロンにメッセージを送信:

ビデオ

飲食サービス付近


コメント

別府のアイデナルボランティアサロンに絵本を届けに行きました🎁 代表の渡邊さんは東日本大震災の後、いち早く福島に入り、原発に近い子どもたちに居場所を作った方。 高校からのお友だち曰く、息子さんの運動会では写真を撮るより常に全体の様子を見ていて、体調が悪い子がいたら先生より先に駆けつけていたらしい。 話さなくても人の痛みが分かるのだと思う。 行動する人を信じるし、応援したいと思うから、大きなことはできないけれど自分にできることを少しずつ📣 今回は、支援学校のお母さんたちに、読まなくなった絵本の中から状態の良いものを提供してもらいました。 賛同してくれてありがとう🥰 必要としてくれる誰かに出会い大事にされますように🍀 行った時はお姉さんと息子さんと、エビのクリームコロッケにしようかグラタンにしようかと夕飯のメニューを相談されていました🎄 素敵なクリスマスになりますように☺️
『ヤングケアラー』 大分県が、県内の小学校5年生から高校3年生を対象にヤングケアラーに対するアンケートを実施した。 家庭での生活状況や困りごと、必要な支援等について、姉も弟もタブレットを使って答えたそうだ。 最近家事で忙しいときに、「吸入してくれん?」と頼むと「えー、僕ヤングケアラーやー」などと答える小5の息子💦 我が家では「やってくれたら嬉しいけど『拒否権』はあなたにあるよー」と言いながら頼むことにしている😌 アイデナルボランティアサロンの渡辺さんによれば、小学校低学年から家族の看病や家事をしている子もいるそうだ。 まずは周りの子どもたちに目を配ること。 大人が気付き支援して、子ども時代にひたすら幸せな原風景を描きながら生きられることを願う。 ※ヤングケアラーとは… 本来大人が担うと想定されている家事や家族の世話などを日常的に行っていることにより、子ども自身がやりたいことができないなど、子ども自身の権利が守られていないと思われる子ども。