Clicky

アイデナルボランティアサロン

アイデナルボランティアサロン 共に学び分かち合える、心と体の居場所つくりを目指し、学習支援「あい?

通常通り開く

モノではなく、まさに生き続ける木ご紹介できる日もまもなくです。
04/06/2022

モノではなく、まさに生き続ける木

ご紹介できる日もまもなくです。

「ハスノハ子ども食堂」は、6/18(土)より下記に移転します。新住所 別府市火売8組2
04/06/2022

「ハスノハ子ども食堂」は、6/18(土)より下記に移転します。
新住所 別府市火売8組2

ハスノハ子ども食堂月-金 16:00-18:00土日祝日 12:00-18:00別府市で毎日、地元有機野菜をたくさん取り入れた食事を無料で提供しています。#子ども食堂 #有機野菜 #子どもの居場所
01/06/2022

ハスノハ子ども食堂
月-金 16:00-18:00
土日祝日 12:00-18:00

別府市で毎日、地元有機野菜をたくさん取り入れた食事を無料で提供しています。
#子ども食堂 #有機野菜 #子どもの居場所

31/05/2022

6/2(木)10:30〜『結〜氣庵』(ゆうきあん)さんが台湾式足揉みを行ってくださいます。
とてもリラックスできますよ。ぜひお試しあれ!
3500円/45分(要予約)

お問合せ、ご予約は、メッセンジャーまたは下記までご連絡下さい。
Email [email protected]
電話 070-2379-7215

「いつもありがとうございま〜す!」と、お弁当を届けに行くと元気のいい言葉をかけてくれる子どもたち。野菜を沢山使った美味しいおかずを作ってくれる大学生、それを配達するためだけに国東からわざわざ夕方来てくださる方、ちょっとの時間を見つけて食材の...
30/05/2022

「いつもありがとうございま〜す!」
と、お弁当を届けに行くと元気のいい言葉をかけてくれる子どもたち。
野菜を沢山使った美味しいおかずを作ってくれる大学生、それを配達するためだけに国東からわざわざ夕方来てくださる方、ちょっとの時間を見つけて食材の下ごしらえに来てくださる方、たくさんのボランティアの方々の手をかりて、校区外の子どもたちにお弁当を届けることができます。ありがとうございます😊

ボランティアの大学生からお姉ちゃんたちがお勉強を教えてもらっている間、弟くんや妹ちゃんは、別の大学生やご飯を食べに来た高校生に遊んでもらい、わいわいガヤガヤと楽しい温かい空気がいっぱい❗️スタッフまで幸せな気分にさせてもらっています(#^....
28/05/2022

ボランティアの大学生からお姉ちゃんたちがお勉強を教えてもらっている間、弟くんや妹ちゃんは、別の大学生やご飯を食べに来た高校生に遊んでもらい、わいわいガヤガヤと楽しい温かい空気がいっぱい❗️スタッフまで幸せな気分にさせてもらっています(#^.^#)

22/05/2022
5/22( 日)第七回防災ボランティアクラブは、「障がいと災害②」(歩けない人の避難)。歩けない人は普段どうやって生活しているのでしょうか?体験談を聞いたり、ロフストランド杖、松葉杖の体験等を行います。
21/05/2022

5/22( 日)第七回防災ボランティアクラブは、「障がいと災害②」(歩けない人の避難)。
歩けない人は普段どうやって生活しているのでしょうか?
体験談を聞いたり、ロフストランド杖、松葉杖の体験等を行います。

この季節が旬の筍、わらび、ふき、つわ、スナップエンドウ、春キャベツ、新玉ねぎ....採れたてのエネルギーいっぱいの旬の食材をたくさんいただき、それをボランティアの大学生がとても美味しく、調理してくれています。子どもたちも「美味しい❗️」とご...
08/05/2022

この季節が旬の筍、わらび、ふき、つわ、スナップエンドウ、春キャベツ、新玉ねぎ....
採れたてのエネルギーいっぱいの旬の食材をたくさんいただき、それをボランティアの大学生がとても美味しく、調理してくれています。
子どもたちも「美味しい❗️」とご飯もお代わり。
自然の恵みに感謝。人の繋がりに感謝です(^^)

明日5/8(日)は第六回防災ボランティアクラブでは、「障害と災害②」(見た目にはわからない障がい)をテーマに行います。
07/05/2022

明日5/8(日)は第六回防災ボランティアクラブでは、「障害と災害②」(見た目にはわからない障がい)をテーマに行います。

04/05/2022

🌍5月はWORLD FAIR TRADE DAY ①🌍

5月は世界規模のフェアトレード月間。

生産地での生産者の労働環境と自然環境に配慮。
適正な取引。
児童労働・強制労働の排除。
ビジネスの透明性。
生産者のキャパシティービルディング。
性別や人種の差別をしない。
などがフェアトレードの基準。

児童労働が横行するチョコレート産業。
コットン栽培の農薬の問題などで
多くの農家さんが自ら命を絶たざるえない
システムの問題。
化学染料が地域の水質を汚染していく。
ファストファッションを支えるための
低賃金と過酷な労働。
コーヒー産地で起こる
資源開発による環境破壊と不当逮捕。
生豆の買い叩き。

多くの人が安価で手にいれ
何気に身につけて
飽きたら放ったらかしにする。
すぐに捨てる。
その商品の裏側には
どんな悲しみが秘められているのだろう。

一見きれいな安価な商品から
もし想念が見えるとしたら。
どんな想念がみえるのだろう。

しあわせな循環は
自分でつくりだせる。

日々の買い物が世界を変える🌈
http://is.gd/gbbH9r

明日5/1(日)は第五回防災ボランティアクラブ「障害と災害①」(高齢者の避難)をテーマに行います。
30/04/2022

明日5/1(日)は第五回防災ボランティアクラブ「障害と災害①」(高齢者の避難)をテーマに行います。

明日4/24(日)の第4回防災ボランティアクラブは、「被災地での経験を語る」をテーマに行います。参加ご希望の方は、ご連絡ください。
23/04/2022

明日4/24(日)の第4回防災ボランティアクラブは、「被災地での経験を語る」をテーマに行います。参加ご希望の方は、ご連絡ください。

第3回の防災ボランティアクラブでは、避難所立ち上げのロールプレイを行いました。そのあと手打ちうどんに挑戦❗️めちゃくちゃ美味しい手打ちうどんができました(^^)
22/04/2022

第3回の防災ボランティアクラブでは、避難所立ち上げのロールプレイを行いました。
そのあと手打ちうどんに挑戦❗️めちゃくちゃ美味しい手打ちうどんができました(^^)

2回目の防災ボランティアクラブでは、寝ている時に発災し、物下に挟まった場合どうするか?を体感。自分の存在を知らせるために、携帯のアラームを高音か、低音で鳴らしたり、光を発するこも効果的とのこと。災害時は、リアカーが役に立つそうです。
22/04/2022

2回目の防災ボランティアクラブでは、寝ている時に発災し、物下に挟まった場合どうするか?を体感。自分の存在を知らせるために、携帯のアラームを高音か、低音で鳴らしたり、光を発するこも効果的とのこと。
災害時は、リアカーが役に立つそうです。

明日4/17(日)9:00〜第3回防災ボランティアクラブを行います。今回のテーマは「避難所を立ち上げよう」(避難所立ち上げロールプレイ)を行います。そのあと、食事を作ってランチ交流会も行います。ご参加お待ちしています♪
16/04/2022

明日4/17(日)9:00〜第3回防災ボランティアクラブを行います。
今回のテーマは「避難所を立ち上げよう」(避難所立ち上げロールプレイ)を行います。
そのあと、食事を作ってランチ交流会も行います。ご参加お待ちしています♪

Photos from 三宅商店's post
15/04/2022

Photos from 三宅商店's post

14/04/2022

4/20(水)10:30〜毎月恒例の『結〜氣庵』(ゆうきあん)さんの台湾式足揉みを行います。
ご予約はお早めに!
3500円/45分(要予約)

お問合せ、ご予約は、メッセンジャーまたは下記までご連絡下さい。
Email [email protected]
電話 070-2379-7215

Photos from ひなが建築工房(株)'s post
09/04/2022

Photos from ひなが建築工房(株)'s post

第1回 ハスノハ防災ボランティアクラブの様子です。
09/04/2022

第1回 ハスノハ防災ボランティアクラブの様子です。

明日4/10(日)は、第2回 ハスノハ防災ボランティアクラブです。災害救護の経験もある看護師を講師に下記のプログラムを行います。4/10(日) 9:00〜13:00別府市朝日大平山地区公民館にて(ランチ付き)
09/04/2022

明日4/10(日)は、第2回 ハスノハ防災ボランティアクラブです。
災害救護の経験もある看護師を講師に下記のプログラムを行います。

4/10(日) 9:00〜13:00
別府市朝日大平山地区公民館にて(ランチ付き)

06/04/2022

有償ボランティア募集中!
平日2時間ぐらい、土日4時間ぐらい、子ども食堂の調理補助や下準備、事務仕事、学習支援など、お手伝いしてくださるボランティアの方を探しています。
日数やお時間、詳細など、ご相談に応じますので、お気軽にお問合せください。
お待ちしてます♪

問い合わせ先
アイデナルボランティアサロン
070-2379-7215
[email protected]

Photos from おおいた Organic Market's post
31/03/2022

Photos from おおいた Organic Market's post

第1回 防災ボランティアクラブは災害救護の経験もある看護師を講師に 『大地震のとき、自分がけがをしたら? まわりの人たちがけがをしたら? どうする?』トリアージのデモンストレーションとロールプレイ を行います。第1回 4/3(日) 9:00...
29/03/2022

第1回 防災ボランティアクラブは
災害救護の経験もある看護師を講師に
 
『大地震のとき、自分がけがをしたら? まわりの人たちがけがをしたら? どうする?』

トリアージのデモンストレーションとロールプレイ を行います。

第1回 4/3(日) 9:00〜13:00
場所 別府市朝日大平山地区公民館
参加費無料(*要予約)

23/03/2022

3/26(土)おおいたOrganic [email protected]オアシス並木通り商店街(大分市中央町4-1-22)
9:00-12:00

【生産者のみなさん】

〇こだま農園/竹田市
小松菜・ほうれん草
サラダ水菜・紅水菜
人参
鷹の爪
野菜苗(カリフラワー)

〇とくら家の食べるもの/中津市耶馬渓町
お米(ササニシキ)
餅米

〇地休地足/由布市庄内町
あられ・お米・もち麦・里芋・自然栽培みかん

〇ウジャマー農場/豊後大野市
菜の花、ほうれん草、椎茸
高菜漬け、黒米、カボス果汁、黒米入り甘酒、黒米パン、全粒粉パン、サンドイッチなど

〇蕨原おわて/九重町
お弁当 おにぎり 卵(地鶏・鴨)
漬物 味噌 ほうれん草など

〇こだわりふぁーむ仲道/大分市
パクチー
お米(精米・玄米・もち米 ヒノヒカリ)
もみ殻燻炭

〇そよふく農園/臼杵市野津町
人参、菊芋、ワケギ、島ラッキョウ、菜の花、高菜
古代米、ちび黒豆、よもぎ餅、菊芋ナゲット など

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
【特別プロジェクト】
第3回ハスノハ子ども食堂 アイデナルボランティアサロン
ひとり親子育て支援事業 元気になるおおいたたべものギフト

ハスノハ子ども食堂の子育て支援事業におおいたOrganicMarketの
信頼できる生産者の皆さんの育てた野菜、手作りの加工品をお届けします。

日時:3/26(土)9:00-12:00

場所:おおいたOrganic Market(大分市中央町4-1-22 オアシス並木通り商店街)
   ※受付ブースがあります。

対象:ひとり親家庭 保護者の皆さんとお子さん

事前申し込みなどは不要です。
お野菜と加工品のセットになっているものもお渡しできますし、
当日、生産者の皆さんとお話しながらお野菜や美味しい手作りの加工品を専用チケットでお買い物もできます。

対象になる方がお近くにいましたら、この事業があることを案内して頂けたら幸いです。
今回でこの事業はいったん終了です。機会がありましたらまた違ったかたちで仕組み作りをしていきたいと思います。
ご案内をよろしくお願いいたします。

よくある食糧支援の内容は、ほとんどがインスタント食品やレトルト食品、またはスナック菓子などが多い状況です。
もちろん、大切な食べものには違いありませんが、地元でできた新鮮な生命力のある食べもので大人もこどもも心と身体を養う、暮らしを作ることが基本だと思います。
有機栽培、自然栽培、自然農の野菜の魅力や添加物のない加工品の手作りの温かさをギフトを通じて感じてもらえたらと思います。

お問い合わせはこちらにどうぞ。
ハスノハ子ども食堂 アイデナルボランティアサロン
070‐2379‐7215 [email protected]

代表のわたなべかずみさんの取り組みは下記のリンクをご覧ください。
https://www.facebook.com/oita.organicmarket/posts/5809281572477775
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
※畑や天候の状況により、出展者や出品品目に変更がある場合があります。ご了承ください。
※駐車場がございませんので、公共機関でお越し頂くか周辺のコインパーキングをご利用ください。
※売り切れ次第、撤収させて頂く出展者の方もございます。
ご了承ください。
※エコマーケットを目指しています。プラスチックフリーのため、エコバックや持ち帰り容器などをご利用ください。
量り売りを基本としています。ご協力をお願いいたします。
※コロナウィルス感染予防のため、マスク着用など出来ることのご協力をお願いいたします。

ハスノハ生きる教室 が最も大切にしたいと考える、『自然と共に生きる、昔の農的暮らしからの学び』土があり、水があり、火があり、知恵があり、できる限り(ここは人間のわがままが多いにあるが)他の生きものたちといのちを分け合い、次の世代を育みながら...
22/03/2022

ハスノハ生きる教室 が最も大切にしたいと考える、
『自然と共に生きる、昔の農的暮らしからの学び』

土があり、水があり、火があり、知恵があり、できる限り(ここは人間のわがままが多いにあるが)他の生きものたちといのちを分け合い、次の世代を育みながら生きる。

街中育ちの子どもたちであっても五感の全てを作動させる学びの場と安らぎの場としてぴったりの
飯田高原『蕨原おわて』さんの暮らしの場

以前は、福島猪苗代や宮崎串間、コロナ前までは韓国南海やハワイ島西コハラなどで行っていた、子どもや大人たちのリトリート。
身近にもあったことが、うれしく、ありがたく。

子どもたちの顔がみるみる変わるのを観察するのがすごく楽しいのです。

今回の ハスノハ生きる教室 は昨年秋に訪れた飯田高原を再訪問。春を待って企画したものの、さすがに別府よりもかなり気温も低く、雨雲の残る天気の中、まずは『九重ふるさと自然学校』で野鳥観察と自然散策。冷たい霧雨の中の散策でも、足の裏が踏みしめる...
22/03/2022

今回の ハスノハ生きる教室 は
昨年秋に訪れた飯田高原を再訪問。
春を待って企画したものの、さすがに別府よりもかなり気温も低く、雨雲の残る天気の中、まずは『九重ふるさと自然学校』で野鳥観察と自然散策。
冷たい霧雨の中の散策でも、足の裏が踏みしめる土は、春草の芽吹きと、もぐらさんの仕事も手伝ってか、ほくほく柔らかく。
やっぱり『春が来てるんだなぁ』と。
ここに来ると、さまざまな種の鳥たちの声色の違いに耳を傾けたり、まるで宝探しのように、目をあちこちして枝に隠れる鳥たちの姿を発見したり、
改めて、自然の中に身を置く幸せや安心を、耳や目や心が感じ取ってくれます。
子どもたちにたくさん浴びさせてあげたい、自然エネルギーで満ち溢れていました。

Photos from おおいた Organic Market's post
20/03/2022

Photos from おおいた Organic Market's post

Photos from おおいた Organic Market's post
16/03/2022

Photos from おおいた Organic Market's post

自然体験学習会「ハスノハ生きる教室」の開催日を3/19(土)、3/20(日)に変更しました。
16/03/2022

自然体験学習会「ハスノハ生きる教室」の開催日を3/19(土)、3/20(日)に変更しました。

ひとり親子育て支援の取り組みとして、『おおいたOrganic Market 』との連携により、大分県内のそれぞれ特色のある素晴らしい農園からのオーガニック野菜や食品を中心としたギフトボックスを配布しました。3/19、26とあと2回開催します...
13/03/2022

ひとり親子育て支援の取り組みとして、
『おおいたOrganic Market 』との連携により、大分県内のそれぞれ特色のある素晴らしい農園からのオーガニック野菜や食品を中心としたギフトボックスを配布しました。3/19、26とあと2回開催しますので、お近くのひとり親子育て世帯の方々、食支援を必要とする事情をお持ちの方々に、ぜひお知らせください。

Photos from たのしいproject's post
10/03/2022

Photos from たのしいproject's post

10/03/2022
シスターたちが、ご自分たちで作られた冬瓜や黒砂糖蒸しパンを子どもたちに届けてくださいました。子どもたちも「おいしい!」と大喜び。シスターたちの優しい笑顔と温かい心遣いに私たちも癒されました。
13/10/2021

シスターたちが、ご自分たちで作られた冬瓜や黒砂糖蒸しパンを子どもたちに届けてくださいました。子どもたちも「おいしい!」と大喜び。シスターたちの優しい笑顔と温かい心遣いに私たちも癒されました。

住所

Beppu-shi, Oita
874-0847

電話番号

+817023797215

ウェブサイト

facebook.com

アラート

アイデナルボランティアサロンがニュースとプロモを投稿した時に最初に知って当社にメールを送信する最初の人になりましょう。あなたのメールアドレスはその他の目的には使用されず、いつでもサブスクリプションを解除することができます。

事業に問い合わせをする

アイデナルボランティアサロンにメッセージを送信:

ビデオ

飲食サービス付近


その他 Beppu-shi 飲食サービス

すべて表示

コメント

別府のアイデナルボランティアサロンに絵本を届けに行きました🎁 代表の渡邊さんは東日本大震災の後、いち早く福島に入り、原発に近い子どもたちに居場所を作った方。 高校からのお友だち曰く、息子さんの運動会では写真を撮るより常に全体の様子を見ていて、体調が悪い子がいたら先生より先に駆けつけていたらしい。 話さなくても人の痛みが分かるのだと思う。 行動する人を信じるし、応援したいと思うから、大きなことはできないけれど自分にできることを少しずつ📣 今回は、支援学校のお母さんたちに、読まなくなった絵本の中から状態の良いものを提供してもらいました。 賛同してくれてありがとう🥰 必要としてくれる誰かに出会い大事にされますように🍀 行った時はお姉さんと息子さんと、エビのクリームコロッケにしようかグラタンにしようかと夕飯のメニューを相談されていました🎄 素敵なクリスマスになりますように☺️
『ヤングケアラー』 大分県が、県内の小学校5年生から高校3年生を対象にヤングケアラーに対するアンケートを実施した。 家庭での生活状況や困りごと、必要な支援等について、姉も弟もタブレットを使って答えたそうだ。 最近家事で忙しいときに、「吸入してくれん?」と頼むと「えー、僕ヤングケアラーやー」などと答える小5の息子💦 我が家では「やってくれたら嬉しいけど『拒否権』はあなたにあるよー」と言いながら頼むことにしている😌 アイデナルボランティアサロンの渡辺さんによれば、小学校低学年から家族の看病や家事をしている子もいるそうだ。 まずは周りの子どもたちに目を配ること。 大人が気付き支援して、子ども時代にひたすら幸せな原風景を描きながら生きられることを願う。 ※ヤングケアラーとは… 本来大人が担うと想定されている家事や家族の世話などを日常的に行っていることにより、子ども自身がやりたいことができないなど、子ども自身の権利が守られていないと思われる子ども。