Future Food Japan

Future Food Japan 日本版公式ページ。活動内容やニュース、イベントなどの紹介。

Future Food

先週、私たちは2人のヨーロッパからの登壇者を 、再生可能な食卓と再生可能な経済に関する知恵を共有していただきました。🍃💼BCC Innovation のポーラ・トラン・ペレグさんは、食の伝統、循環経済、消費者志向のデザイン、ゼロフットプリン...
15/11/2023

先週、私たちは2人のヨーロッパからの登壇者を 、再生可能な食卓と再生可能な経済に関する知恵を共有していただきました。🍃💼

BCC Innovation のポーラ・トラン・ペレグさんは、食の伝統、循環経済、消費者志向のデザイン、ゼロフットプリントに焦点を当てた食の取り組みの例を挙げることで、食において持続可能な食品システムへの移行の中心がガストロノミーであることを説明しました。また、食品のバリューチェーンについて、「それは非常に大きく長く、一つの食品そのものよりも、食品の材料やその食品の流れの部分に関わっていく」ものとして触れ、ガストロノミーについて考える際に必要な観点の1つとして説明しました。

ジェイ・トンプトさんは、参加者に向けて「経済学が全て私達の生活に関わるものだとしたらどうだろう?」と問いかけ、人生を肯定し、公正で包括的、生態学的に賢明で、適応力があり、横断的な経済が必要であることを明らかにしました。彼は、横断的な経済学について、各コミュニティや地域、業界においてエコシステムがどのようにして作られていくのかについて整理することの重要性について言及しました。

ポジティブな変化には国境がないことを私たちに気づかせてくださった登壇者の皆さんに感謝します。🌏

Future Food Institute

2023年12月6日(水)Regenerationをテーマとした国際カンファレンス「RegenerAction Japan 2023」 開催Future Food Instituteは、東京建物株式会社、一般社団法人TOKYO FOOD I...
15/11/2023

2023年12月6日(水)
Regenerationをテーマとした国際カンファレンス「RegenerAction Japan 2023」 開催

Future Food Instituteは、東京建物株式会社、一般社団法人TOKYO FOOD INSTITUTEとの共催で、2023年12月6日(水) Regenerationをテーマとした国際カンファレンス『RegenerAction Japan 2023』を東京スクエアガーデンにて開催します。

Regenerationとは、資源・環境を保存し続けるだけでなく、生態系や社会を積極的・持続的に回復・再生を重視したアプローチです。Sustainableを発展させた考え方として、すでにヨーロッパでは注目を集めつつあります。

RegenerActionは、2021年にFuture Food Instituteによってはじまった取組みです。その目的は、政治・環境・人間性・社会・文化・経済それぞれの統合的な再生という6つの重点分野において、参加者の積極的な関与と具体的な行動を生み出すことで、持続可能な社会につながる取組みを増やしていくことです。RegenerAction2022はEUイタリア代表部と共に食糧・健康・生態系の結びつきに焦点を当てた議論が繰り広げられ、2030年目標を達成するための再生型農業の取り組みなどが広がりました。2023年に開催された際には、今回のRegenerAction Japanでも導入するアンカンファレンスという形式を取り入れ、参加者も主体的に参加し、世界の課題に対して自らの関与を高めることができます。

今般リジェネレーションの思想や取り組みを成熟した大都市東京に取り入れ、人々の生活や社会のつながり、地球環境を現在より豊かにする都市として再生します。世界の新たなロールモデルとなる「Regenerative City Tokyo」実現を目的に、国際カンファレンス『RegenerAction Japan』初開催し、ヨーロッパでの動向も参考にしながら、東京からリジェネレーションを発信します。

東京建物株式会社のプレスリリース(2023年11月9日 11時00分)リジェネレーション(再生)をテーマとした国際カンファレンス「RegenerAction Japan 2023」 2023年12月6日(水) 開催

G7非公式サイドイベント「食・気候・エネルギー・環境」@札幌〜持続可能な生活のための都市と農村における「リビングラボ」の役割を考える〜4月15日に、Future Foodは気候変動に伴う都市と食の重要性について理解を深めるため、G7の非公式...
27/04/2023

G7非公式サイドイベント「食・気候・エネルギー・環境」@札幌
〜持続可能な生活のための都市と農村における「リビングラボ」の役割を考える〜

4月15日に、Future Foodは気候変動に伴う都市と食の重要性について理解を深めるため、G7の非公式サイドイベントを実施しました。

前半では、前半ではFuture Food代表Sara Roversiと東京建物の沢俊和による講演、後半は6名のパネラーをお招きしてパネルディスカッションを行いました。

経済、社会、環境の統合の重要性を再認識し、食を通したサステナブルな都市の発展に向けて、新しい方向性を模索することができました。

次回のイベントもお楽しみに!

Future Food Institute Sara Roversi Andrea Magelli Alessandro Tsunekichi Fusco Virginia Cepollina
Masa Fukata Seiko Miura Kotaro Abe Shintaro Nishikawa
STARTUP CITY SAPPORO Toshikazu Sawa

15/04/2023

2030アジェンダを実施し、持続可能な開発目標(SDG)を達成する上で体系的な方法で行動することの重要性を認識し、私たちは人々、地球、繁栄、パートナーシップに貢献するべく持続可能な開発の経済的、社会的、環境的側面を統合するためのモデルと行動を探求します。

Aware of the importance of acting in a systemic way in implementing the 2030 Agenda and achieving the Sustainable Development Goals (SDGs), we will explore models and actions on integrating the economic, social, and environmental dimensions of sustainable development for the benefit of people, planet, prosperity, and partnership.

On 𝗔𝗽𝗿𝗶𝗹 𝟭𝟱𝘁𝗵, Future Food Japan will be hosting the event titled 𝙁𝙤𝙤𝙙, 𝘾𝙡𝙞𝙢𝙖𝙩𝙚, 𝙀𝙣𝙚𝙧𝙜𝙮, 𝙀𝙣𝙫𝙞𝙧𝙤𝙣𝙢𝙚𝙣𝙩: 𝙏𝙝𝙚 𝙍𝙤𝙡𝙚 𝙤𝙛 𝙐𝙧𝙗𝙖𝙣 ...
13/04/2023

On 𝗔𝗽𝗿𝗶𝗹 𝟭𝟱𝘁𝗵, Future Food Japan will be hosting the event titled 𝙁𝙤𝙤𝙙, 𝘾𝙡𝙞𝙢𝙖𝙩𝙚, 𝙀𝙣𝙚𝙧𝙜𝙮, 𝙀𝙣𝙫𝙞𝙧𝙤𝙣𝙢𝙚𝙣𝙩: 𝙏𝙝𝙚 𝙍𝙤𝙡𝙚 𝙤𝙛 𝙐𝙧𝙗𝙖𝙣 𝙖𝙣𝙙 𝙍𝙪𝙧𝙖𝙡 𝙇𝙞𝙫𝙞𝙣𝙜 𝙇𝙖𝙗𝙨 𝙛𝙤𝙧 𝙖 𝙎𝙪𝙨𝙩𝙖𝙞𝙣𝙖𝙗𝙡𝙚 𝙇𝙞𝙛𝙚 in Sapporo, at 価値創造空間Space360.

Introduction:
Sara Roversi, Founder and President Future Food Institute
Alessandro Tsunekichi Fusco, Director Future Food Japan at Future Food Institute
Masa Fukata, Japan Local Executive at Future Food Institute
Toshikazu Sawa, Tokyo Food Institute / Tokyo Tatemono

Panel discussion:

Shinjiro Yamada, Chairman of Plantx
Nao Nishio, Owner of a farm in Kamikawa area
Hajime Kondo, Weather forecaster for a TV station (HBC)
Rikuko Banya, Destination Manager of Graduate School of International Media Communication and Tourism, Hokkaido University, Journalist Noukei Newspaper, Vegetable sommelier
Junko Wada, President of Well-being×食 : good food , good life

Join our live 𝗮𝘁 𝟱.𝟬𝟬 𝗽𝗺 𝗚𝗠𝗧+𝟵 on Future Food Japan as we delve deeper into the importance of 𝗰𝗶𝘁𝗶𝗲𝘀 𝗮𝗻𝗱 𝗳𝗼𝗼𝗱 𝗶𝗻 𝘁𝗵𝗲 𝗲𝗻𝘃𝗶𝗿𝗼𝗻𝗺𝗲𝗻𝘁𝗮𝗹 𝘁𝗿𝗮𝗻𝘀𝗶𝘁𝗶𝗼𝗻. We will explore different models and actions aimed at integrating sustainable development's economic, social, and environmental dimensions. By doing so, we hope to create a better and more sustainable future for everyone, our planet, and the next generations.

Thanks to Kotaro Abe and Seiko Miura for help us in organizing this event!

STARTUP CITY SAPPORO

Only two days left for the  On the Road, Tokyo. For the first time in Japan, we will host the  international startup com...
07/02/2023

Only two days left for the On the Road, Tokyo.

For the first time in Japan, we will host the international startup competition at in partnership with . An inspiring day with gastronomy, food-tech experts and five innovative startups.

Get to know our five finalist: AlgaleX, , Greenase, , and .

日本初の世界横断型なる、新たな食の価値を創造する次世代の起業家を支援する場づくりを目的としたコンテストが開催されます🇯🇵Culinary Action! On The Roadでは、ガストロノミーとフードテックをテーマに、文化と食の関係を包...
18/01/2023

日本初の世界横断型なる、新たな食の価値を創造する次世代の起業家を
支援する場づくりを目的としたコンテストが開催されます🇯🇵

Culinary Action! On The Roadでは、ガストロノミーとフードテックをテーマに、
文化と食の関係を包括的に考察するビジョンを持つ
スタートアップ起業家の方々の参加を募ります。

コンテストまであと少し…応募期限は1月22日まで❗️

あなたもグローバルステージで、
フードテックムーブメントに参加しませんか?

コンテストの詳細・応募はプロフィールリンクからご覧ください。

バスク・クリナリー・センター(BCC)の呼びかけで始まったCulinary Action On The Roadの世界大会が日本初上陸🗼世界横断型なる、新たな食の価値を創造する次世代の起業家を支援する場づくりを目的としたコンテストが開催され...
23/12/2022

バスク・クリナリー・センター(BCC)の呼びかけで始まったCulinary Action On The Roadの世界大会が日本初上陸🗼
世界横断型なる、新たな食の価値を創造する次世代の起業家を支援する場づくりを目的としたコンテストが開催されます🇯🇵

Culinary Action! On The Roadは、2022年から2023年にかけて、ニューヨーク(2022年9月)、ブエノスアイレス(2022年10月)、コペンハーゲン(2022年11月)、テルアビブ(2023年1月)、そして東京(2023年2月)で開催されたコンテストは、2023年3月にサンセバスチャンで決勝戦が開催されます❗️❗️❗️

Culinary Action! On The Roadでは、ガストロノミーとフードテックをテーマに、文化と食の関係を包括的に考察するビジョンを持つスタートアップ起業家方々の参加を募ります。これは、バスククリナリーセンター発祥、バスククリセンターの世界横断型コンテストです。
本イベントは、TFIとFFIが現地共催者となる日本初の試みです🤝

コンペティション内容と入賞及び副賞の詳細については、こちらからダウンロードしてください。

___

Sparked by Basque Culinary Center (BCC), the global journey of Culinary Action On The Road is nearing its end in February at City Lab Tokyo. The BCC expedition has made its stop in New York, Buenos Aires, Copenhagen, Tel Aviv so far. Now -together with our trusting collaborator Tokyo Food Institute- we will be hosting the last stop of the global competition before its homecoming in San Sebastian.

With the coupled theme of gastronomy and FoodTech, we welcome startup participants with a holistic vision to examine the rich link between gastronomy and food. Application period for the Gastronomy x FoodTech startup mixer is from December to January 2023.

For more details, visit the link and sign up to join this unique culinary journey!

ガストロノミーをテーマとした「Culinary Action On The Road」は、文化と食の関係をホリスティックに考察するビジョンを持ち合わせた参加者を募集しています。主催者でもあるバスク・クリナリー・センター(以下BCC)が日本初上....

21/11/2022

Kaori and her husband Byron own the family-run organic farm, Kasamatsu, based in the mountains outside of Tokyo where they practice regenerative agriculture and permaculture-style market farming since 2012.

家族で2012年からパーマカルチャーや自然農法を意識して有機野菜の他、鶏を大事に育てるファーを運営しています。2016年から都内の大使館やレストラン、地域のスーパーの有機野菜コーナーにて販売をしています。

17/11/2022

The 🇮🇹 𝟕𝐭𝐡 𝐖𝐞𝐞𝐤 𝐨𝐟 𝐈𝐭𝐚𝐥𝐢𝐚𝐧 𝐂𝐮𝐢𝐬𝐢𝐧𝐞 𝐢𝐧 𝐭𝐡𝐞 𝐖𝐨𝐫𝐥𝐝 goes to 🇯🇵 𝗝𝗮𝗽𝗮𝗻: let’s celebrate and the all over the globe in the sign of 👐 𝐜𝐨𝐧𝐯𝐢𝐯𝐢𝐚𝐥𝐢𝐭𝐲 🌎 𝐬𝐮𝐬𝐭𝐚𝐢𝐧𝐚𝐛𝐢𝐥𝐢𝐭𝐲 📈 𝐢𝐧𝐧𝐨𝐯𝐚𝐭𝐢𝐨𝐧

We will celebrate in Japan, with the support of Ambasciata d'Italia/Embassy of Italy - Tokyo Future Food Japan, building bridges between Italy and Japan and highlighting richness and dynamism of culinary identities.

🙌 You can follow the event, 𝗜𝘁𝗮𝗹𝘆 𝗮𝗻𝗱 𝗝𝗮𝗽𝗮𝗻: 𝘁𝗵𝗲 𝗽𝗼𝘄𝗲𝗿 𝗼𝗳 𝗰𝗮𝗿𝗲, 𝗰𝘂𝗹𝘁𝘂𝗿𝗲 𝗮𝗻𝗱 𝗮𝗻𝗰𝗶𝗲𝗻𝘁 𝘁𝗲𝗰𝗵𝗻𝗶𝗾𝘂𝗲𝘀 𝗳𝗼𝗿 𝗮 𝘀𝘂𝘀𝘁𝗮𝗶𝗻𝗮𝗯𝗹𝗲 𝗳𝘂𝘁𝘂𝗿𝗲 online on the Future Food Japan page at 11.30 am JST


Ministero degli Affari Esteri e della Cooperazione Internazionale True Italian Taste It is simply extraordinary Future Food Institute Sara Roversi Claudia Laricchia Alessandro Tsunekichi Fusco Paco Álvarez Ron Virginia Cepollina

14/10/2022

農山漁村女性の地位向上と、女性が果たす役割の認識、農業開発の強化、農山漁村部の貧困撲滅に貢献を対話できる機会を学ぶ

To celebrate the female food players both domestic and international, we will host a series of talk events, while also building an offline community in Kyobashi Living Lab.
Gender gaps are still very large in Japan, economically and culturally, and the food world shows a similar picture. By taking advantage of the network we have and the fact that we are a woman-run organisation, we can create a sense of sisterhood amongst female players, opportunities for us to share obstacles we have and empower each other.

ハッカソンとは、特定のトピックや課題に対して斬新な解決策を生み出すことに焦点を当て、決まった時間内に短時間で作業を行うイベントです。Future FoodとFAO Food & Climate Shaper Boot Campでは、学習の集...
23/05/2022

ハッカソンとは、特定のトピックや課題に対して斬新な解決策を生み出すことに焦点を当て、決まった時間内に短時間で作業を行うイベントです。Future FoodとFAO Food & Climate Shaper Boot Campでは、学習の集大成として、学習内容を現実の課題に適用する実践的な機会を提供します。
Hackathons are time-bound, creativity sprints focused on generating novel solutions to a specific topic or challenge. They serve as the culminating learning experience during the Future Food and FAO Food & Climate Shaper Boot Camps providing a hand-on opportunity to apply learnings to a real world challenge.

Climate Shapers は、グループで協力して、次の課題に対する革新的なソリューションを共同で作成、プロトタイプ作成、および提示しました。
Our Japan Edition Climate Shapers worked in groups to co-create, prototype, and present their innovative solutions to the following challenges.

👉持続可能かつ再生可能な習慣を支援する生産者の地元コミュニティを活性化させるとともに、スパイスやハーブの効能やメリットを消費者に伝えるため、何をすればよいか?
👉How might we revitalize the local community of producers, supporting sustainable and regenerative practices, while letting consumers know about the functions and benefits of spices and herbs?

👉日本の消費者に、果物のゼロウェイスト商品に関連した人類と地球の価値について認識を深めるために、何をすればよいか?
👉How might we let Japanese consumers be aware of the human and Planet values behind zero fruit waste products?

👉食料イノベーション投資を加速させることで、日本企業が持続可能な発展を達成するため、どのように貢献できるのか?
👉How can we contribute to achieve sustainable development of Japanese companies by accelerating food innovation investment?

👉世代の消費者と当社の気候にやさしい製品とのつながりを強化しつつ、社会面と気候面での取り組みを伝えるために何をすればよいか?
👉How might we strengthen Gen-Z consumers' connection to our climate-smart products while communicating social and climate initiatives?

👉地球規模の健全性を促進して、食料に関連した人の行動によい影響をもたらすため、コミュニティが都市の多機能空間や設備の利用を促進するためには、何をすればよいか?
👉How might we empower communities to use multifunctional spaces and facilities in cities to promote planetary wellbeing and positively impact human behavior related to food?


#イノベーション #ハッカソン #解決策
Future Food Institute Food and Agriculture Organization of the United Nations (FAO)

5月20日の「世界ミツバチの日🐝」に、私たちの生活を栄養価の高い、おいしいものにしてくれる働き者のミツバチに感謝しましょう。Slow Food Ginzaと、スローフード日本と共に以下のことを行います。👉銀座のルーフトップガーデンでの苗植え...
19/05/2022

5月20日の「世界ミツバチの日🐝」に、私たちの生活を栄養価の高い、おいしいものにしてくれる働き者のミツバチに感謝しましょう。Slow Food Ginzaと、スローフード日本と共に以下のことを行います。
👉銀座のルーフトップガーデンでの苗植え
👉都市養蜂見学
👉カモミールの花摘み・蜂蜜のテイスティング
👉スタートアップとの対話に参加

Join us on 🐝 World Bee Day, 20 May, as we take a moment to appreciate these hard working creatures for making our lives so nutritious and delicious. Together with Slow Food Ginza and Slow Food Nippon, we will:
👉Plant seedlings at the rooftop garden in Ginza
👉Take an Urban beekeeping tour
👉Pick Chamomile flowers and taste different honeys
👉Participate in a startup conversation.

日時: 5月20日(金)13:00〜16:15

イベントの流れ
13:00~ ホーリーバジルの苗の植え付け
(場所: 銀座三越のテラスガーデン)
13:30~ 屋上養蜂場の見学
14:00~ カモミールの花摘み
14:30~ 蜂蜜ティスティング
(場所: キッチンスタジオ スイバ)
15.30 - 「Bee is a conversation」(オンラインセッションとキッチンスタジオスイバでのハイブリッド形式) - Beeing https://beeing.it/

Date and time: Friday, May 20, 13:00-16:15

Event Flow
13:00- Gathering
Planting Holy Basil seedlings
(Location: Ginza Mitsukoshi Terrace Garden)
13:30- Visit the rooftop apiary
(Location: Pulp and Paper Museum Rooftop)
14:00~ Chamomile flower picking
14:30 - Honey tasting
(Location: SUIBA Kitchen Studio )
15.30 - Bee is a conversation (hybrid, online session and SUIBA Kitchen Studio) - Beeing https://beeing.it/it/

Register here: https://fb.me/e/3a44MLFmE


#世界ミツバチの日 #蜂 #養蜂 #受粉 #生物多様性 #ポリネーター #持続可能な農業
Future Food Institute Slow Food Ginza Slow Food

Statista(スタティスタ)によると、世界のプラントベースフード市場は2025年に778億米ドルに達し、2030年には2倍になると予測されています。😳 食肉産業は温室効果ガス排出量の60%近くを占めているため、これは地球にとって素晴らし...
18/05/2022

Statista(スタティスタ)によると、世界のプラントベースフード市場は2025年に778億米ドルに達し、2030年には2倍になると予測されています。😳 食肉産業は温室効果ガス排出量の60%近くを占めているため、これは地球にとって素晴らしいニュースです! 🌏
According to Statista, the global plant-based food market is expected to reach 77.8 billion U.S. dollars in 2025 and is forecasted to double by 2030! 😳 With the meat industry accounting for nearly 60% of all greenhouse gas emissions - this is great news for the planet! 🌏

非常にイノベーティブな新製品がこの成長を後押ししています。先日開催された「プラントベースフードEXPO」で紹介されたプラントベースフードの一部をご覧ください。
Fueling this growth are some incredibly innovative new products. Check out some of the plant-based foods featured at the recent Plant-based Food Expo!

https://vegefes.com/news/plantbasedfoodfestivalinprincehotel2022042930/

#プラントベース #プラントパワー #野菜を食べよう #ヴィーガン

Future Food Institute Yosh*tomo zenicecream.jp SoMeat/ソミート-100%植物性のお肉/100%plant-based meat Fluunt KOFU フルウント甲府 ネクストミーツ

🌏「プラネタリーヘルスとは何でしょうか?」これは、Food & Climate Shapers Boot Campで、日本の農林水産省の国際交渉官である米田 立子氏が投げかけた質問です。今日の社会は、自分たちの健康とプラネタリーヘルスとの間...
17/05/2022

🌏「プラネタリーヘルスとは何でしょうか?」これは、Food & Climate Shapers Boot Campで、日本の農林水産省の国際交渉官である米田 立子氏が投げかけた質問です。今日の社会は、自分たちの健康とプラネタリーヘルスとの間で葛藤を経験しています。米田氏は、この葛藤を解決するためには、従来の食文化を見直し、食にまつわるエピソードについて話し合い、自然と調和することが必要だと考えます。🌱
🌏What is planetary health? This was the question posed by Ritsuko Yoneda, International Negotiator for the Japanese Ministry of Agriculture, Forestry and Fisheries, during the Food & Climate Shapers Boot Camp. Society today is experiencing a conflict between its own health and planetary health. Yoneda believes that we need to rethink the traditional food culture, discuss the stories behind the food we eat, and be more in tune with nature to address this conflict. 🌱


#栄養 #プラネタリーヘルス
Future Food Institute Food and Agriculture Organization of the United Nations (FAO)

食育とイノベーションのスイートスポットを探求し、未来に向けたサステナブルな行動を促進しましょう!Explore the sweet spot of food EDUCATION and INNOVATION to promote susta...
16/05/2022

食育とイノベーションのスイートスポットを探求し、未来に向けたサステナブルな行動を促進しましょう!
Explore the sweet spot of food EDUCATION and INNOVATION to promote sustainable action for the future!

5月19日 午後6時 - 事前登録はこちら: https://bit.ly/3w9npFt
19 May at 18:00 - Pre-register here: https://bit.ly/3w9npFt

Future Food Institute、Tokyo Food Institute、ドール・フード、マルハニチロ株式会社から講師をお迎えし、教育、コミュニティ・エンゲージメント、イノベーションを融合させた、食の持続可能性に対するFuture Foodのユニークな3本柱アプローチに触れます。また、今月開催されている「Food and Climate Shapers Boot Camp」など、日本に焦点を当てたフードイノベーションの取り組みもご紹介します。
Featuring a distinguished panel of speakers from the Future Food Institute, Tokyo Food Institute, Dole Food, and Maruha Nichiro Corporation, the session will touch on Future Food’s unique 3 pillar approach to food sustainability which blends education, community engagement, and innovation.

■登壇者(敬称略)
ALESSANDRO FUSCO
FUTURE FOOD INSTITUTE
FUTURE FOOD JAPAN LEAD & ECOSYSTEM LEAD

MARIKO IDE
株式会社ドール 加工食品本部 マーケティング部

RYOICHI MOROHASHI
マルハニチロ株式会社 事業企画部

SARA ROVERSI
FUTURE FOOD INSTITUTE FOUNDER

VIRGINIA CEPOLLINA
CORPORATE AFFAIRS AT FUTURE FOOD INSTITUTE

ROCKY SAWADA
一般社団法人TOKYO FOOD INSTITUTE 事務局長

The session will also highlight Japan-focused food innovation initiatives such as the Food and Climate Shapers Boot Camp being held this month.


#フードイノベーション #トレーニング #食育 #コミュニティエンゲージメント #持続可能性
Future Food Institute Sara Roversi Alessandro Fusco Virginia Cepollina

※本セッションは、ハイブリッドセッション(現地参加+オンライン視聴)です。オンライン参加をご希望の方は本ページより事前登録(上記)、現地参加をご希望の方はこちら(Peatix)から事前登録をお願いします

🤔 経済の本当の目的とは何だと思いますか?Mygrantsの創設者であるChris Richmond氏がFood & Climate Shapersで、このテーマを取り上げました。🤔 What do you think is the rea...
12/05/2022

🤔 経済の本当の目的とは何だと思いますか?Mygrantsの創設者であるChris Richmond氏がFood & Climate Shapersで、このテーマを取り上げました。
🤔 What do you think is the real purpose of the economy? This was the topic discussed by Chris Richmond, founder of Mygrants with our Food & Climate Shapers.

Richmond氏は、人々は「A地点からB地点まで自由に移動する権利を持つべき」だと考えています。Mygrantsは、マイクロラーニングに基づくトレーニングコースを通じて、移民や亡命希望者が潜在能力を最大限に発揮する機会を提供しています。これにより、中低スキルの労働者を求める雇用者と、新天地での雇用を求める移民との間に、斬新かつ経済的な繋がりが生まれます。
Chris believes people should “have the right to move freely from point A to B.” His organization offers migrants and asylum seekers the opportunity to unleash their full potential through training courses based on microlearning. This facilitates a novel and economically beneficial connection between employers seeking middle to low skilled workers and migrants seeking employment in their new home.

#移民 #経済
Future Food Institute Food and Agriculture Organization of the United Nations (FAO)

Food Alchemist Labは、未来の食を想像し、デザインし、伝えることを経営理念としています。食品科学チームは、食品のアップサイクル、「価値が低い」と思われている製品の改良、新しい植物性タンパク質の探索、新しい技術やアプローチの革...
06/05/2022

Food Alchemist Labは、未来の食を想像し、デザインし、伝えることを経営理念としています。食品科学チームは、食品のアップサイクル、「価値が低い」と思われている製品の改良、新しい植物性タンパク質の探索、新しい技術やアプローチの革新、そして個人の健康や地球にとって最善の選択について、消費者を教育することにフォーカスしています。
Imagining, designing, and communicating the Food of the Future are the aims of the Food Alchemist Lab. The food science team there focuses on food upcycling, transforming products perceived as “low value,” exploring new plant based proteins, innovating new techniques and approaches, and helping to educate consumers about the best choices for their personal health, and that of the planet.

Food Alchemist Labマネージャー、Francesco Alvarezとガストロノミーチームは、ボローニャのScuderiaにて、発酵と酵素変換による食品の回収と加工、循環型生産モデルのプロトタイピングを行っています。
Francesco Alvarez, Manager of Food Alchemist Lab, and the rest of the gastronomic team, recover and process food through fermentation and enzymatic transformation, prototyping a circular production model at the Scuderia in Bologna.

Future Food Institute Food and Agriculture Organization of the United Nations (FAO) Scuderia - Future Food Living Lab


#栄養 #プラントベース

 、株式会社ONODERA GROUPの杉浦仁志氏、石田 雅芳氏とともに「社会貢献のためのツールとしての食の力」について探りました。栄養失調や気候変動など、世界が抱える問題を食の力で解決したいというのが、シェフ・杉浦氏の願いです。The p...
04/05/2022

、株式会社ONODERA GROUPの杉浦仁志氏、石田 雅芳氏とともに「社会貢献のためのツールとしての食の力」について探りました。栄養失調や気候変動など、世界が抱える問題を食の力で解決したいというのが、シェフ・杉浦氏の願いです。
The power of food as a tool for social good. This is what our explored with Hitoshi Sugiura & Ishida Masayoshi of ONODERA GROUP. Chef Hitoshi aspires to solve the world’s problems, such as malnutrition and climate change, with the power of food.

数あるプロジェクトの中でも、人工知能を活用した農業生産高の向上、子供向けの食育、発酵イノベーション、ヴィーガンガストロノミーに取り組んでいます。「プラントベースの食品を食べることで、未来を救うことができます」- 杉浦 仁志
Among their many projects, they are leveraging artificial intelligence to improve agricultural output, working on nutrition education for kids, fermentation innovation, and vegan gastronomy. “By eating plant based food, we can save the future.” - Hitoshi

LEOC(レオック) Future Food Institute Food and Agriculture Organization of the United Nations (FAO)

#食品 #ソーシャルグッド #ガストロノミー #気候変動

29/04/2022
🍙 食は人類の最初の産物でした。現在では、世界の温室効果ガス排出量の25%を占めています。これを覆すには、市場中心(人の物欲を煽る)から脱却し、私たちの考え方や方法論を、人間中心(人が望むものを作る)、そして地球中心(地球が望むものを作る)...
29/04/2022

🍙 食は人類の最初の産物でした。現在では、世界の温室効果ガス排出量の25%を占めています。

これを覆すには、市場中心(人の物欲を煽る)から脱却し、私たちの考え方や方法論を、人間中心(人が望むものを作る)、そして地球中心(地球が望むものを作る)へと進化させる必要があります。

Future Food Institute FAO Food & Climate Shapers Boot Camp - ジャパンエディションでは、ボローニャ大学イノベーションデザイン・経営科学・工学部助教授のMatteo Vignoli氏とFuture Food Networkデザイン&イノベーションリードのChhavi Jatwani氏から、地球の生態学的手段の範囲内で、すべての生き物のニーズを満たす世界をデザインするための方法論「プロスぺリティ思考」について学びました。

🍙 Food was the 1st product of humanity. Today, it is responsible for 25% of the world’s greenhouse gas emissions.

To reverse this, we need our mindset and methodologies to evolve ​​from market centered (making people want things), to human centered (making things people want) , to planet centered (making things the planet wants).

During the Future Food Institute and FAO Food & Climate Shapers Boot Camp - Japan edition participants heard from Matteo Vignoli, Assistant Professor of Innovation Design, Management Science, and Engineering at the University of Bologna, and Chhavi Jatwani, Design and Innovation Lead at the Future Food Network to learn about Prosperity Thinking, the methodological approach to design a world that fulfills all its beings’ needs within the planet’s ecological means.


#持続可能な開発 #デザイン思考 #フードシステム

Future Food Institute Food and Agriculture Organization of the United Nations (FAO)

👀 Here’s a sneak peek in as the Food and   Digital Boot Camp - Japan edition explores the  , including a sampling of Eve...
28/04/2022

👀 Here’s a sneak peek in as the Food and Digital Boot Camp - Japan edition explores the , including a sampling of EverGrain pasta made from barley fibers and proteins. 🌾 Good for you and the planet! 🌏

👀 Food and Digital Boot Camp-Japan Editionでは、大麦の繊維とタンパク質から作られたEverGrainパスタのサンプルを含め、#RecipesOfTheFutureを紹介しています。🌾 あなたと地球に良いです!🌏


#アップサイクル #フードロス Future Food Institute Food and Agriculture Organization of the United Nations (FAO)

水産🎣業界のいくつかの気になる数字: 👉 過去40年間で、魚の乱獲は10%から43%に上昇👉 水産業の75%は持続可能な方法を用いていない👉 捕獲された魚の25%は違法捕獲されたものこれらは、Future Food Institute FA...
27/04/2022

水産🎣業界のいくつかの気になる数字:
👉 過去40年間で、魚の乱獲は10%から43%に上昇
👉 水産業の75%は持続可能な方法を用いていない
👉 捕獲された魚の25%は違法捕獲されたもの
これらは、Future Food Institute FAO Food & Climate Shapers Boot Camp - ジャパンエディションの環境再生型海洋トラックで共有された統計の一部に過ぎません。

しかし、UMITO Partnersの代表取締役社長である村上春二氏によると、飲食店とのコラボレーション、新世代の漁業者の育成、ブロックチェーンなどの革新的な技術的ソリューションの展開によって、ポジティブな変化を起こすことができるといいます。💪🏻

Some concerning numbers from the seafood 🎣 industry:
👉 In the past 40 years, overfishing has risen from 10% to 43%.
👉 75% of the fishing industry is not using sustainable practices.
👉 And 25% of all fish caught are illegal!
These were just some of the statistics shared during the Regenerative Oceans track in the Future Food Institute and FAO Food & Climate Shapers Boot Camp - Japan edition.

But, according to Shunji Murakami, CEO & Founder of UMITO Partners, we can create positive change by collaborating with restaurants, training a new generation of fishing labor, and deploying innovative technological solutions, such as blockchain. 💪🏻


#持続可能な開発 #環境再生型 #シーフード #サステナブルフィッシング

株式会社 UMITO Partners
Future Food Institute Food and Agriculture Organization of the United Nations (FAO)

「多くの人が持続可能なソリューションについて語るが、これらのソリューションを進める人は少ない。」🛣️ Stine Norum, Foodful CEO兼共同創設者“Many people talk about sustainable sol...
25/04/2022

「多くの人が持続可能なソリューションについて語るが、これらのソリューションを進める人は少ない。」🛣️ Stine Norum, Foodful CEO兼共同創設者
“Many people talk about sustainable solutions, but not many people take these solutions forward.” 🛣️ Stine Norum, CEO & Co-Founder at Foodful

Future Food Institute and FAO Food & Climate Shapers Boot Camp - ジャパンエディションの環境再生型海洋トラックでのライブ対談では「 #サステナブルシーフード」をテーマに、業界を内側から変革する破壊的アイデアに踏み込みました。イノベーティブなプラントベース・養殖魚介類を通じて、動物虐待と食中毒をなくします。🐟 変革は可能です。しかし、それは私たち自身から始まります!🙋🙋‍♂️
During a live conversation within the Regenerative track of the Future Food Institute and Food and Agriculture Organization of the United Nations (FAO) Food & Climate Shapers Boot Camp - Japan edition, participants dove into the topic of seafood and disruptive ideas to transform the industry from the inside out by removing animal cruelty and eliminating food-borne illness through innovative plant-based and cultivated seafood.🐟 Change is possible - but it starts with us! 🙋🙋‍♂️


#持続可能な開発 #環境再生型 #シーフード #サステナブルフィッシング

FFI・FAO Food & Climate Shaper Boot Camp - Japan ジャパンエディションの第2週では、環境再生型都市の探求の締めくくりとして「 Green Bronx Machine 」の創設者である Steph...
23/04/2022

FFI・FAO Food & Climate Shaper Boot Camp - Japan ジャパンエディションの第2週では、環境再生型都市の探求の締めくくりとして「 Green Bronx Machine 」の創設者である Stephen Ritz 氏に、子供たちが社会で果たす重要な役割やチェンジメーカーになるための教育の重要性についてお話を伺いました。Ritz氏は、この変化を育むために、まず自分のクラスの子どもたちに地元食材を使った教育を取り入れ、食べさせることから始めました。

Wrapping up our exploration of Regenerative Cities, during the 2nd week of the Future Food Institute and Food and Agriculture Organization of the United Nations (FAO) Food & Climate Shaper Boot Camp - Japan Edition, we heard from Stephen Ritz, founder of Green Bronx Machine who discussed the importance of educating children on the vital role they play in society and how they can be change-makers. Ritz's first step to foster this change is through educating and feeding the children in his class with real local food.

環境再生型都市の探求に引き続き、フードチェーンに関わるファシリテーターや専門家の方とチームを組み、FFI・FAO Food & Climate Shapers Boot Camp - ジャパンエディションの第2週目を無事に開催することができ...
21/04/2022

環境再生型都市の探求に引き続き、フードチェーンに関わるファシリテーターや専門家の方とチームを組み、FFI・FAO Food & Climate Shapers Boot Camp - ジャパンエディションの第2週目を無事に開催することができました。「サステイナブルシティ・ドバイ」の Karim El-Jisr 氏と UUNIDO ITPO TOKYO の Ferda Gelegen 氏の講演では「サステイナブルシティ・ドバイ」の設立経緯や、UNIDOが革新的技術を活用し、いくつかの持続可能なアグリビジネスの発展をどのように支援しているかについてお話していただきました。両氏とも、より持続可能な未来と革新的技術の必要性を強調しました。

Continuing to explore Regenerative Cities, during the 2nd week of the FFI and FAO Food & Climate Shaper Boot Camp - Japan Edition, we teamed up with Karim El-Jisr from the The Sustainable City , and Ferda Gelegen from UNIDO ITPO Tokyo, and discussed how the Sustainable City of Dubai was set-up, and how UNIDO guides several sustainable agri-businesses to flourish by using innovative technologies. Both speakers stressed the need for a more sustainable future and innovative technologies.

Future Food & FAO Food & Climate Shapers Boot Camp in Japan の第2週では、フードチェーンに関わるファシリテーターや専門家の方とチームを組み、環境再生型都市というトピックを取り上げま...
19/04/2022

Future Food & FAO Food & Climate Shapers Boot Camp in Japan の第2週では、フードチェーンに関わるファシリテーターや専門家の方とチームを組み、環境再生型都市というトピックを取り上げました。Future Food Academy ディレクターの Sonia Massari 氏と、ボローニャ大学名誉教授で AlmaCube SR 創設者の Gianni Lorenzoni 氏の講演では、主流から忘れられている知識や技術などの「休眠リソース」を見ることの重要性と、それがもたらすオポチュニティについてお話していただきました。

During the 2nd week of the Future Food Institute & FAO Food & Climate Shapers Boot Camp in Japan 🇯🇵 , we teamed up with facilitators and experts across the food chain to dive into the topic of Regenerative Cities. 🏙

Sonia Massari, Director of the Future Food Academy, and Gianni Lorenzoni, Professor Emeritus of the University of Bologna, and founder of Incubatore AlmaCube , discussed the importance of seeing dormant resources, such as knowledge and technology, that are forgotten by the mainstream, for the opportunities they can bring.

Connecting people & ideas in a shared vision for a more sustainable food future! 💪The 2nd week of the Future Food Instit...
16/04/2022

Connecting people & ideas in a shared vision for a more sustainable food future! 💪

The 2nd week of the Future Food Institute & and Boot Camp ended with an in-person session discussing the cities of the future while sampling local products from Pollica - a small, rural village in Italy that aspires to become a model for regenerative communities.

👉 Learn more about our experiential Boot Camps: https://futurefoodinstitute.org/academy/boot-camps/

フードチェーンに関わるファシリテーターや専門家の方とチームを組み、Japan Food & Climate Shaper’s Boot Campのエキサイティングな第1週目を無事に開催することができました。吉岡 浩: メビオール株式会社取締...
13/04/2022

フードチェーンに関わるファシリテーターや専門家の方とチームを組み、Japan Food & Climate Shaper’s Boot Campのエキサイティングな第1週目を無事に開催することができました。吉岡 浩: メビオール株式会社取締役の吉岡氏は、最先端の膜およびハイドロゲル技術を導入し、栄養価の高い製品を安全に栽培できる持続可能な農業技術「アイメック® フイルム農法」について紹介しました。

We teamed up with facilitators and experts across the food chain to deliver an exciting first week of the Japan Food & Climate Shaper’s Boot Camp. Hiroshi Yoshioka - Director at Mebio, introduced us to Imec® Film Farming, a sustainable agro-technology which allows highly nutritious products to safely grow, by introducing leading-edge membrane and hydrogel technologies.

Curious about trends 📈 in  ,   and  ? Check out Future Food Institute board member, Chiara Cecchini's recent article hig...
13/04/2022

Curious about trends 📈 in , and ?

Check out Future Food Institute board member, Chiara Cecchini's recent article highlighting the latest and greatest climate-friendly products and innovations!

This edition 👉 eggs, meat, bars ... and more! Be sure to follow her for more insights! 💡

https://medium.com/futurefood/one-week-in-a-post-30-50-shades-of-chocolate-scaling-cultivated-meat-refugees-empowerment-76e6a2b1a0da

Now that climate beneficial eating is becoming more popular, and a number of individuals and organizations are getting into the space, I…

フードチェーンに関わるファシリテーターや専門家の方とチームを組み、Japan Food & Climate Shaper’s Boot Campのエキサイティングな第1週目を無事に開催することができました。Philippe Birker: ...
12/04/2022

フードチェーンに関わるファシリテーターや専門家の方とチームを組み、Japan Food & Climate Shaper’s Boot Campのエキサイティングな第1週目を無事に開催することができました。Philippe Birker: Climate Farmers共同創業者、Birker氏の講演では、リジェネラティブ農業(環境再生型農業)について、また、Climate Farmersを通じて土壌を再生させるという重要な仕事を担うヨーロッパのリジェネラティブ農家をどのように支援しているかを解き明かしました。またBirker氏は、リジェネラティブカルチャーやリジェネラティブリーダーシップの研究・実験も行っています。専門家の大石尚子氏(龍谷大学京都社会科学研究所教授)の講演では、農業におけるソーシャルイノベーションにフォーカスしました。

We teamed up with facilitators and experts across the food chain to deliver an exciting first week of the Japan Food & Climate Shaper’s Boot Camp. Philippe Birker- Co-Founder Climate Farmers, unpacked regenerative agriculture and how he supports regenerative farmers in Europe in their important work of regenerating our soils through climate farmers. Furthermore, Philippe studies and experiments with regenerative culture and regenerative leadership. Expert Naoko Oishi, Professor Ryukoku University, Research Institute for Social Sciences of Kyoto, focused on Social Innovation in farming.

🔂 💬 「すべてのアウトプットは新しいものへのインプット」🔂 💬 “Every output is an input for something new.”フードチェーンに関わるファシリテーターや専門家の方とチームを組み、Japan Foo...
11/04/2022

🔂 💬 「すべてのアウトプットは新しいものへのインプット」
🔂 💬 “Every output is an input for something new.”

フードチェーンに関わるファシリテーターや専門家の方とチームを組み、Japan Food & Climate Shaper’s Boot Campのエキサイティングな第1週目を無事に開催することができました。Future Food Instituteのデザイン&イノベーションリード、Chhavi Jatwaniの講演で、教育・研究、コミュニティ・支援、製品イノベーションの価値を共有することで、「私」から「私たち」へとシフトするエコシステム思考の概念を学びました。この方法を活用することで、より柔軟に、ネットワーク上にリソースを分散させることができます。

Future Food Institute and Food and Agriculture Organization of the United Nations (FAO) teamed up with facilitators and experts across the food chain to deliver an exciting first week of the Japan Food & Climate Shaper’s Boot Camp. We heard from Chhavi Jatwani, Design and Innovation Lead at Future Food Institute. Chhavi explained the concept of ecosystemic thinking: a shift from “me” to “we” by sharing values in education & research, community & advocacy, and product innovation. Utilizing this approach allows for more flexibility and resources to be spread around a network.

As global populations continue to grow  📈 and natural resources become more scarce  📉, we need to find a path forward th...
30/03/2022

As global populations continue to grow 📈 and natural resources become more scarce 📉, we need to find a path forward that considers both human and planetary needs. At Future Food Institute we call this approach .

It is a way of designing a world based on an inclusive idea of prosperity that encompasses not only economic growth but also social and environmental well-being.

All participants in our academic and training programs are coached on how to use this unique evolution of to unlock creativity for systemic change.

CONTACT US to learn more or to discuss a training session with your team.

住所

京橋3丁目6/15
Chuo-ku, Tokyo
104-0031

アラート

Future Food Japanがニュースとプロモを投稿した時に最初に知って当社にメールを送信する最初の人になりましょう。あなたのメールアドレスはその他の目的には使用されず、いつでもサブスクリプションを解除することができます。

事業に問い合わせをする

Future Food Japanにメッセージを送信:

ビデオ

共有する

カテゴリー

Future Food Kyobashi Living Lab

-English follows Japanese-

Future Food Instituteは主に東京建物と連携し、東京を中心に日本における食のエコシステム構築とその持続的な発展に繋がるコミュニティーの形成を行っています。拠点を中央区京橋のTOKYO FOOD LABに設置し、京橋界隈の多様な施設・空間を活用し、様々なイベントやワークショップ、教育プログラム、グリーンマーケットなどに取り組んでいます。私たちは京橋を中心とした日本での活動と世界への情報発信を通じ、食の未来に繋がるイノベーションを生み出しながら、日本の食文化や歴史にスポットライトを当てるとともにその持続的な発展を支援することを目指しています。

In collaboration with our project partners Tokyo Tatemono, Future Food Institute is bringing together a thriving community committed to sustainably improving food systems in Tokyo and beyond. Headquartered at Tokyo Food Lab and utilizing a variety of diverse spaces in the Kyobashi neighborhood, we are organizing event series, workshops, immersive boot camps, green markets and more. We aim to highlight and support sustainable local practices and traditions while embracing innovation and the future of food via global exposure and local interaction.


Food & Beverageのその他Chuo-ku

すべて表示
#}