Clicky

Nantan-shi, Kyotoの飲食サービス

Nantan-shi, Kyotoの飲食サービスを見つける。リスティングに含まれるもの 男前豆腐店株式会社 Otokomae Tofu Inc., 有機野菜・京野菜の京都やおよし, 京・美山ゆば ゆう豆, 匠京地どりと京美白どりの<流胤>, 美山のことむすび と オーガニックファームcoco de planters. 詳しい情報に関しては、マップの下のリストでそれぞれクリック。

大治家

大治家

美山町鶴ヶ岡, Nantan-shi 601-0762

H

  • 05/16/22
    / 竹笋生 たけのこしょうず 2022/5/16~2022/5/20 二十四節気「立夏」の末候。 現在は春の味覚として馴染み深い 筍ですが、日本古来の竹が土から 顔を出すのがこの頃です。 若竹から筍になるまでは本当に わずかな期間。ここに生じる、 節と節のあいだの「すきま」に 霊力が宿るとされました。 ◇ささのか菓子 希水(きすい) 希水は、笹とオオバコを主に、 わずかに林檎の香りをつけ...
    > 紫野和久傳
  • 05/13/22
    / 〈花山椒〉 この季節だけ、花が開く前の ほんのわずかな一時期に やわらかな蕾を摘み取った 花山椒。 優しく穏やかな香りと辛みで、 お料理の魅力をより爽やかに 引き立てます。 ●第3回  京のひめ苞 花山椒と牛肉の鍋 上質な京都牛の持ち味を引き立てる 二種の特製だし 「醤油だし」「白味噌だし」。 希少な花山椒をたっぷりとのせ、 贅沢にしゃぶしゃぶで お召し上がりいただく 和久傳特製のお...
    > 紫野和久傳
  • 05/11/22
    / 〈花山椒〉 この季節だけ、花が開く前の ほんのわずかな一時期に やわらかな蕾を摘み取った 花山椒。 優しく穏やかな香りと辛みで、 お料理の魅力をより爽やかに 引き立てます。 ●第2回  花山椒と鰻の炊き込みご飯 夏に食される滋養豊富な鰻と、 旬の短い花山椒は 貴重な出会いもの。 酢漬けの茗荷を合わせ、 さわやかな口あたりの 炊き込みご飯に仕立てました。 和久傳の郷里で育んだ丹後米に、...
    > 紫野和久傳
  • 05/11/22
    こんにちは(^O^)/ 京都鰹節です🐟 今年のGWはいかが お過ごしでしたでしょうか?(^^)/ 私はプロ野球を観戦したり、 実家の田植えの準備をしておりました🙆 お知らせです★ 今週13日(金)10時~15時 中京営業所にて販売会を行います。 削り節、昆布を中心に 冷凍食品、レトルト食品も ご用意しております。 当日は雨の予報ですので 気を付けてお越しください! #京都鰹節#鰹節#昆布 #...
    > 京都鰹節株式会社
  • 05/11/22
    ・ 2022.05.11 2022志ば久の赤紫蘇(枝付き) 〜本年度の出荷スケジュール〜 ※ざっくりと。 志ば久の産地直送 自家栽培・京都大原産 枝付き赤紫蘇ファンの皆さま😊 本年度もシーズンが近づいてまいりましたね! 4月中頃から本年度の出荷についてのお問い合わせが増えてまいりました。 5月初旬現在、まだ赤紫蘇苗の植え替えをしている段階ですので明確な日程についてはこれからの生育具合を見な...
    > 志ば漬・京のお漬もの処 志ば久
  • 05/10/22
    さて、この季節になってきました! 一年分を買い込んでくださいねー 冷凍技術がない時代 どうしてたんだろ、 基本的にある時しか食べてないんだろうなー そう考えると 昔の人ってほんとグルメ! 旬の時しか食べてないわけですから、、 注:軸取りした後は必ず手洗いを!そのまま目等触ったら大変なことに←経験者です
    > かね松老舗
  • 05/09/22
    こんにちは。 曇天の月曜日ですね。 今日、明日(月曜、火曜)は定休日で お店はお休みです。 明後日、11日水曜日から営業します。 よろしくお願いします。 黄金週間が終わりましたねー 皆さまどのような休日でしたか? ご来店の時にエピソード教えてくださいね♬ 私はお仕事していたので平常運転でしたw 今日、明日のお休みはしっかり充電しようと思います☆ (自業自得ですがwお稽古重なってますw...
    > Pâtisserie Tango de Chat Noir パティスリー タンゴ ドゥ
  • 05/09/22
    / 〈花山椒〉 この季節だけ、花が開く前の ほんのわずかな一時期に やわらかな蕾を摘み取った 花山椒。 優しく穏やかな香りと辛みで、 お料理の魅力をより爽やかに 引き立てます。 ●第1回  花山椒の鱧茶漬け 山里でひっそりと咲き始める 花山椒のそのやさしい香りに 上品な旨みを持つ鱧を合わせて じっくりと炊き上げました。 大切な方へのお贈りものにと、 そっと木箱にお詰めして 真田紐で姿よく...
    > 紫野和久傳