Clicky

L'escargot

L'escargot L'escargot, 西蒲区越前浜4477, Niigata-shiの連絡先情報、マップ、方向、お問い合わせフォーム、営業時間、サービス、評価、写真、動画、お知らせ。

青森県弘前市産 山ぶどう 2017までは<AI 愛>という商品名でお届けしております、日本固有品種山ぶどう100%のワインがございます。今年レスカルゴの仕込み10周年記念として<WILD GRAPE 2018>という名前でエチケットもお色直...
28/10/2021

青森県弘前市産 山ぶどう

2017までは<AI 愛>という商品名でお届けしております、日本固有品種山ぶどう100%のワインがございます。今年レスカルゴの仕込み10周年記念として<WILD GRAPE 2018>という名前でエチケットもお色直しをしてリリース致しました。 税抜¥10,000(ギフトボックス入り)のワインですが、今月末まではキャンペーンで送料込み¥8,800でご提供しております。HPからはたくさんのお申し込みを頂き誠にありがとうございました。 

10月も残りわずかとなりました。
お歳暮やクリスマスなどのギフトにいかがですか?
ご予約承ります〜ワイナリーから直送致します。

お申し込みはHP、または[email protected]まで

レスカルゴくんからもお願いします。
11/04/2020

レスカルゴくんからもお願いします。

3月の<お家飲みセット>たくさんのお申込み誠にありがとうございました。お酒は楽しく飲むに限りますが、今は静かに自身の、家族の、大事な人々の大切な将来について考える刻に、ワインがお供できましたら幸いです。緊急事態宣言。これまで自主的に控えて来...
08/04/2020

3月の<お家飲みセット>たくさんのお申込み誠にありがとうございました。お酒は楽しく飲むに限りますが、今は静かに自身の、家族の、大事な人々の大切な将来について考える刻に、ワインがお供できましたら幸いです。

緊急事態宣言。これまで自主的に控えて来た事も改めて要請されると緊張感が走ります。一人一人の行動いかんで2週間後にピークアウトできるという予測を信じ困難を乗り切りたいものです。

生命力強いぶどう。冬に剪定した枝を水に挿しておくと新芽が出てきてこの時期楽しませてくれます。
畑のぶどうも芽が膨らんできました。紀元前から栽培されているぶどう。この危機をどう見ているのか・・シーズンが始まりじっくりと対話してみたい。

拝啓 皆様お変わりないですか?雪のない冬からこのまま春へ移行するものと思いきや、新型ウィルスなる姿なき敵が現れ安穏としていられなくなりました。新潟の街も人影まばらで寂しい限りなのですが、皆様の地域はいかがでしょうか? 人々に活気が戻り景気が...
13/03/2020

拝啓 皆様お変わりないですか?
雪のない冬からこのまま春へ移行するものと思いきや、新型ウィルスなる姿なき敵が現れ安穏としていられなくなりました。新潟の街も人影まばらで寂しい限りなのですが、皆様の地域はいかがでしょうか? 人々に活気が戻り景気が回復をすることを願い、今はじっと我慢ですがほんのちょっぴり喜んで頂けるかな?のご提案をレスカルゴから。自社ワインの品種が豊富な今、レスカルゴのお薦め6本セットをご自宅にお届けする企画です。

2種類<かたつむりセット><レスカルゴセット>をサービス価格でのご提供です。

別れと出逢いの春、悦びや哀しみそんな日常の機微に寄り添える優しいワインはいかがでしょう?この時期だから、じっくり家飲み日本ワインを楽しみませんか? そしてウィルスが終息したら街に繰り出して、皆で日本の元気を呼び戻しましょう!

受付期間 3月31日まで但し100セットなくなり次第終了とさせて頂きます。
お申し込みフォーム           https://ws.formzu.net/dist/S70400048/  
お支払い 商品到着後指定銀行にお振込みをお願いします。
お問合せ 電話 0256-77-2268 平日10:00~17:00
   メール [email protected]

2016年春の出逢いだった。畑の手伝いをさせてくれないかと見知らぬ夫婦に尋ねられ、私阿部は出張だったため、弊社の佐藤(2017年逝去)に作業の指導等を任せた。後日報告を受けたら2日間も真っ赤に日焼けしてフルで働いてくれたと聞いて驚いた。わざ...
13/11/2018

2016年春の出逢いだった。畑の手伝いをさせてくれないかと見知らぬ夫婦に尋ねられ、私阿部は出張だったため、弊社の佐藤(2017年逝去)に作業の指導等を任せた。後日報告を受けたら2日間も真っ赤に日焼けしてフルで働いてくれたと聞いて驚いた。わざわざ大変な作業をしてくれたうえ、佐藤の指導がとても良く貴重な経験をさせて頂いてという感謝の手紙まで頂いた。横須賀メルキュールでソムリエをされている永岡さん夫妻との交流が始まった。それから何度も新潟にいらして頂いて、ホテルではレスカルゴのワインを積極的にお取扱い頂いている。

 去る、11月11日にメルキュール横須賀で恒例のワインセミナーでお食事と一緒に横須賀の皆様と素敵な時間を過ごすことができた。
厳しいコメントを沢山頂く覚悟で参加した。意外にも多くの方に「美味しい。」と言われたのは嬉しい。でも、やはりもっと嬉しかったのは「面白いね、こんなの飲んだことない!」と言われる瞬間である。永岡さんが既にレスカルゴのワインの紹介をこの2年してくださったおかげで参加者の皆様にワインを楽しんで頂いたことは本当に幸せだった。

 ワインセミナーの後は横須賀定番の「どぶ板通り」を歩いた。昔は川が流れていてそこにどぶ板が敷き詰められていたが故の名前だそうだ。軍服を着た躯体のいい米兵が数人でグループを作ってところどころにいる。何とも言えない雰囲気だが、どぶ板通りのパトロールの為に点々と米兵のグループがいると知って安心した。ビリヤードやダーツで楽しむ横須賀の夜を思うと70年前の日本もこんな感じであったのかと勝手に想像してしまいます。
 
 鍵冨です。翌日は阿部が別件で不在でしたが、永岡夫妻に連れられ、横須賀でしか味わえないようなアメリカンなハンバーガーを頬張ることになった。もう何十年も前だが、アメリカ留学中に食べたハンバーガーを過去の想い出と共に懐かしく感じた。なぜ横須賀に米軍基地があるのか。日本が戦ったからである。その戦いの一役をになった世界三代戦艦の「軍艦三笠」の博物館では当時の日本海軍の叡智と崇高な芸術的センスを疑いもなく受け入れるしかない素晴らしさだった。これが当時の戦争を過ちに導いたのかもしれないが、そのことは歴史学者達に委ねてみようと思う。
 
 最後に、今回のワインセミナーを成功させて頂いた永岡さんのファンである参加者の皆様、メルキュールのスタッフの皆様、永岡さんに感謝の意を表したい。末長いお付き合いをしたい日となました。ありがとうございました。

阿部です。創業当時から久保田を始めとするブランドで世界的に日本酒を展開されている朝日酒造さんには大変お世話になっております。来たる11月18日日曜日に、新潟駅南口にある朝日酒造さんのレストランの佳肴あさひ山でレスカルゴのワイン会を催します。...
08/11/2018

阿部です。創業当時から久保田を始めとするブランドで世界的に日本酒を展開されている朝日酒造さんには大変お世話になっております。来たる11月18日日曜日に、新潟駅南口にある朝日酒造さんのレストランの佳肴あさひ山でレスカルゴのワイン会を催します。普段の食事にワインが寄り添えることを佳肴あさひ山で体験できるとてもチャレンジングな会となります。新潟のワインがいかに我々の食に近い存在なのかを是非お楽しみ下さい。詳細は添付の案内をご覧ください。

阿部です。懇意にして頂いてるパートナー企業の招待で11月6日、イスラエル建国70周年のコンサートに行きました。オペラシティにBen-Ari駐日イスラエル大使をお迎えして、東京交響楽団をバックにイラン生まれのイスラエルの歌手RITAさんがメイ...
08/11/2018

阿部です。懇意にして頂いてるパートナー企業の招待で11月6日、イスラエル建国70周年のコンサートに行きました。オペラシティにBen-Ari駐日イスラエル大使をお迎えして、東京交響楽団をバックにイラン生まれのイスラエルの歌手RITAさんがメインのコンサートでした。小さい体から響く奥行きのある素晴らしい声に完全に魅了された。ペルシャ語やヘブライ語の曲を生で聴いたのは初めてなのだが、伝わってくる魂の叫びがあった。EXILEのATSUSHIさんもゲストで2曲歌ってくれた。
Ben-Ari大使の挨拶の中で、2000年にも渡って国を持てなかったユダヤ人がようやくイスラエルという国家を建国した思いを語っていた。何も考えずとは言わないが、日本という国家を自然と手に入れられた日本人との執念の違いを感じるスピーチだった。オペラシティの前ではイスラエルに対する抗議デモもあり、違う視点で考えることも経験できた。
音楽に国境はない。パレスチナやイスラエルの抱える問題を我々日本人が解決できることはないと思うが、どんな立場であろうが音楽からスタートしても良いと思う。音楽、絵画などどんな芸術活動でも人類の平和的関係の構築は喜ぶべきでしょう。

10年振りのLondonだったが、とても活気があってやはり落ち着ける都市だなと思った。なんと言っても食事がとても良いうえに、Pubのビールを始めアルコールを楽しめるとてもいい環境である。そんなLondonで2018年7月2,3日にアルコール...
07/07/2018

10年振りのLondonだったが、とても活気があってやはり落ち着ける都市だなと思った。なんと言っても食事がとても良いうえに、Pubのビールを始めアルコールを楽しめるとてもいい環境である。そんなLondonで2018年7月2,3日にアルコール飲料の展示会Imbibe Live 2018が催され、JETROと国税庁のバックアップで日本からは20社ほど参加した。酒蔵が大多数でワイナリーは名門のルミエールさんとレスカルゴの2社。ヨーロッパで日本のワインがどう映るのか不安交じりで臨んだ展示会。 お客さんが立ち寄ってくれるのだろうか本当に不安であった。ヨーロッパのワインと
比べられて良し悪しを言われるのかと思っていたが、意外にも反応が良かった。日本でしか栽培していない葡萄品種だけを紹介したのが良かったのだろう。ミシュラン星付きレストランのソムリエやIWCの審査員の印象が良かったことにも驚いた。可能性があるのかもしれない。僕の人生においてアメリカというよりどちらかと言えば英国との係わりが多いが故に胸がときめいた。展示会後に尋ねた商談では前向きにレスカルゴのワインを検討してもらえそうな人とも出会えた。秋にはレスカルゴのワインがLondonで楽しめそうである。

個人的なことであるが、Londonに10年以上住んでいる同級生も展示会に来てくれ有意義な再会であった。僕の活動を見守ってくれるのは嬉しい限りである。また、Londonに来られるように今年のワイン造りも気持ちを引締めてやっていきたい。短い滞在であったが晴天にも恵まれ素敵な滞在となった。次回は天気の悪い時期の訪問と思うが、楽しみにしたい。阿部

22/04/2018
ワインと日本酒

2017年の後半に3年通ったシンガポールでようやく出会えたパートナーのJarrodとJessica。

まだ若い彼らはWoodstock Beveragesという名前の会社を立ち上げた。まるでスタートアップしたばかりのベンチャー企業のようなオフィス。
ワイン、日本酒などのお酒を沢山販売したい。そして、日本から運ばれてきた荷物のパレットが山のように積み重なっていくくらい我々アジア人のものを伝えたいという想いで命名したとのこと。

シンガポールでは毎日、彼らのオフィスでお酒について語り合った。
今回は4つの新潟の酒蔵さんを紹介させて頂いた。酒蔵の方がいらっしゃればどんなに楽しかったことか。
レスカルゴのワインを海外の人々に味わってもらいたいと同時に、ワインを通じて出会った酒蔵の日本酒、焼酎、ビール、ウイスキーもこれから広めていきたいと思う。
今月シンガポールに到着したレスカルゴのワインを彼らがどんなスタイルで広めていってくれるか楽しみである。

僕の香港の友人の従弟ということもあり、気持ちは繋がっている。心ある酒造会社とWoodstock Beveragesを繋げるためというのを口実に、また近いうちにシンガポールに来たいと思う。

予定はしていなかったが、ちょっと用事が出来てバンコクへ。僕は東南アジアの空気が肌に合っているようだ。シンガポールの周辺諸国でも活動する日を待っている。

15/03/2018

植物、虫、人間、数日前からの高気温で一気に活発に動き出した。

越冬する病害虫の消毒、石灰硫黄合剤を散布するのが春先の仕事。硫黄を含んだ温泉街に来たような匂いが立ち込め、畑シーズンの開幕を思わせる。

そして、散布する車(SS)デビューがFB前出の
坂爪清志。レスカルゴのニューフェイス。
ブドウ栽培とワイン製造の責任者として迎え入れた。レスカルゴにどんな新風を吹き込むのか…更に愉しく賑やかになることは間違いなさそうだ。

ワインを奥行き感と時の流れを連鎖的に楽しめたことはなかったかもしれない。Joël Robuchon のエグゼクティブソムリエ、信国武洋さんとの出会いがそうさせてくれた。3月12日新潟グランドホテルで信国さんがプロデュースするワインとフレンチ...
15/03/2018

ワインを奥行き感と時の流れを連鎖的に楽しめたことはなかったかもしれない。

Joël Robuchon のエグゼクティブソムリエ、
信国武洋さんとの出会いがそうさせてくれた。
3月12日
新潟グランドホテルで信国さんがプロデュースするワインとフレンチの会が行われた。
新潟からは日本ワインの父と呼ばれる川上善兵衛さんが創立した新潟が誇る岩の原葡萄園のレッドミルレンニュームとレスカルゴのシャルドネが選ばれた。

信国さんはこの会のために1月と2月にレスカルゴまで足を運んでくれた。畑を見て彼が言ったのは、「チャレンジャーですねー!」。
こんな砂地で栽培していることに驚いたようだった。
確かにぶどう栽培には適しているとは言い難い。2007年に植樹してから10年経っても収量は伸びず、病気になりがちで栽培自体を断念した方がいいのかと思う年もあった。
しかし、信国さんにシャルドネを飲んで貰って諦めずにやってきて良かったと思った。
こんなワインを造るのは「クレイジーな奴か、天才か。」信国さんの言葉でこんなにも気持ちが落ち着くとは。「クレイジー」になりたくてやってきた事を分かってくれるプロフェッショナルがいたなんて。本当に嬉しかった。

さて、今回はフランス料理で合わせるのが難しいとされるホワイトアスパラの料理に2017年の自社畑のシャルドネをマリアージュした。
海岸から約2Kmで海風の非常に強い畑で栽培されている。若干潮っぽいのはそのせいではないだろうか。
優しいワインを造るために2017年のシャルドネは酸化防止剤を使用しない造りにした。
これは、レスカルゴのある新潟市西蒲区出身の坂爪清志を醸造責任者として迎えいれたから実現できたのである。彼はニュージーランドのワイン醸造学部で学び、自然派ワイナリーで研鑽を重ねた経験がある。製造工程での徹底した管理で酸化防止剤不使用に出来るのである。
瓶詰はフィルターを通さずワインに負荷をかけないために自重を利用した。全てはぶどう本来の力を信じてナチュラルなワインの完成のためである。

私は味わったことはないが、Chateau Chalonに通ずるものがあると信国さんは仰っていた。
どこかの有名なワインに似ているということを目指すことには興味がない。日本で栽培されたぶどうをどこまで和洋中にこだわらず我々日本人の食文化に染み渡るワインを造ることに精進してみたいと思っている。今回の会を縁に、外見は私の方が大分年配に見えるけれど同い年の信国さんのアドバイスを頂いたり、レスカルゴの坂爪清志と共に面白いワインを世に送り出していきたい。
 

自然の贈り物は、厳しく、美しい。
16/01/2018

自然の贈り物は、厳しく、美しい。

若い人を応援したい、などと先輩ぶって言ってみても、実は若い人からエネルギーを頂いてインスパイアされているのはこちらのようだ。レスカルゴの心強い協力者である地元の農業者、2人が頑張っている。若いが故のしなやかさで、頑張りに無理がないのが羨まし...
27/06/2017

若い人を応援したい、などと先輩ぶって言ってみても、実は若い人からエネルギーを頂いてインスパイアされているのはこちらのようだ。
レスカルゴの心強い協力者である地元の農業者、2人が頑張っている。
若いが故のしなやかさで、頑張りに無理がないのが羨ましい。

ぶどう作りは愛と情熱と言ってはばからない平井亮さん。
今週、朝6:30から熱い想いを語っている。
新潟のFM局の番組<ECHIGORIAN ~トキめき新潟人>
https://www.fmport.com/program/index.html?key=921c11f3801c453c9e02023c053ff005

そして彼が作ったぶどう、高墨とピオーネで造ったスパークリングワインが新潟県西蒲原郡弥彦村のふるさと納税の返礼品としてお陰様で好評。折しも、さとふるのブログで取り上げて頂いたので、こちらもご覧ください。
https://www.satofull.jp/blog/

一方、プラムの大きさでギネス記録に挑戦している富山喜幸さん。天候一つで作物の出来が変わってしまう中、実を付ける前から世界一を目指すことを公言している。
https://www.facebook.com/No1.plum/?hc_ref=PAGES_TIMELIN

食べる通信稲花の編集長手塚貴子さんの呼びかけにより、ギネスに挑戦する費用をクラウドファンディングで集めている。認定されるまでには、なかなかお金がかかるのだが、プレッシャーを感じるとこなくいつもの作業をこなしている。パトロンの募集締め切りまであと4日。是非ご協力を!
https://camp-fire.jp/projects/view/29267

ロシアの日6月12日はロシアの日。それに先立って先週金曜日、在新潟ロシア連邦総領事館主催でロシアの日をお祝いするパーティーが行われた。普通に考えれば、ロシア領事館とレスカルゴは全く縁のない関係だと思う。偶然知り合った白人男性の名前はヤーセネ...
12/06/2017

ロシアの日

6月12日はロシアの日。それに先立って先週金曜日、在新潟ロシア連邦総領事館主催でロシアの日をお祝いするパーティーが行われた。普通に考えれば、ロシア領事館とレスカルゴは全く縁のない関係だと思う。

偶然知り合った白人男性の名前はヤーセネフ・セルゲイさん。名刺を持ち合わせてなかったので携帯番号を交換して今度連絡すると約束をした。名前からしてロシアの方とは想像できたが、ヤーセネフさんがロシア連邦総領事と分かって驚いた。早速、領事館にお邪魔してからのお付き合いになったのだ。
 
 パーティーの冒頭、ヤーセネフ総領事の挨拶で日ロ関係の発展を願う旨のお話があり、この中に自分もいずれは入って行くのかなぁと漠然と思った。来賓の米山新潟県知事は学生時代、トルストイ、ドストエフスキー等の著名なロシア文学は全て読破したとお話されてたのが印象的であった。
 
 僕は、ロシアの国旗に色の赤、青、白に合わせて青と白のシャツを着て、まるでトランプ大統領のような真っ赤なネクタイをしていた。会場にもう一人真っ赤なネクタイの好青年がいた。石崎とおる衆議院議員だ。お互いのネクタイが気になっていたという話で盛り上り、赤い糸で結ばれるみたいに赤いネクタイで石崎議員とはいいお付き合いが出来そうだ。
 
 赤い話の延長で、パーティーで使ったレスカルゴの赤ワインはなかなか好評であった。スパークリングも白ワインも全て飲み干されていたのはとても嬉しかった。
 
 ロシアは僕にとって未知の世界。モスクワの赤の広場を夢見て真っ白な気持ちでブルーオーシャン戦略をロシア市場で取れるか、新しい課題が見えて楽しくなりそうだ。

弘前 毎秋山ぶどうを頂きに来るときは気忙しく、新潟にとんぼ返りが常。初の春訪問では、思い出を作ろうと園主の提案で、作業途中2時間ばかりのドライブへ。屹立する岩木山へは20分で行けるという。スカイラインで8合目まで一気に登り、下山途中ブナ林で...
11/05/2017

弘前 毎秋山ぶどうを頂きに来るときは
気忙しく、新潟にとんぼ返りが常。
初の春訪問では、思い出を作ろうと
園主の提案で、作業途中2時間ばかりのドライブへ。
屹立する岩木山へは20分で行けるという。
スカイラインで8合目まで一気に登り、
下山途中ブナ林で遊び、
麓の湿地帯に群生する水芭蕉、
座禅草を愛でた。
静かに熱い東北の春を満喫。
翌日は福島、喜多方へ。

お昼に新潟を出発し、19時半に青森弘前到着。話に聞く、お城の桜はまだ咲いているだろうか、淡い期待を抱きつつチェックインの前に寄ってみた。案の定葉桜となっていたお堀端の並木をゆっくり走ると名残の花びらが数枚、フロントガラスに落ちてきて我々を歓...
11/05/2017

お昼に新潟を出発し、19時半に青森弘前到着。
話に聞く、お城の桜はまだ咲いているだろうか、淡い期待を抱きつつチェックインの前に寄ってみた。
案の定葉桜となっていたお堀端の並木をゆっくり走ると名残の花びらが数枚、フロントガラスに落ちてきて我々を歓迎してくれた。

「毎秋、山ぶどうを頂く畑を春も訪ねたい」
4年越しの想いがやっと叶った。
今年リリースした、山ぶどうワイン 愛AI 2014 の畑である。
昨年は天候の影響で思わぬ病気が出てしまった畑。
最新の農法を学ぶ若い農業者からの情報を持ち、翌日は1日畑作業に打ち込んだ。しかし、想いとは関係なく、自然が起こす現象の前には人間は為す術もないのも現実。
5ヶ月後この秋に、弘前の友人たちとまた収穫、再会の喜びを共に分かち合いたい。

いつもお世話になっている横浜ビール、GreenBondsCafeの原田店長から頂きました!新作だそうで、王冠を開けると目の前に本物のイチゴがあるかのような甘い香りが広がります。飲むたびに甘いイチゴの香りを感じ、癖になる味わいです。次の新作も...
17/03/2017

いつもお世話になっている横浜ビール、GreenBondsCafeの原田店長から頂きました!

新作だそうで、王冠を開けると目の前に本物のイチゴがあるかのような甘い香りが広がります。
飲むたびに甘いイチゴの香りを感じ、癖になる味わいです。

次の新作も今からとても楽しみです!
ありがとうございました!!

山葡萄ワイン 2種 幕末に良寛と並び一世風靡した新潟の書家、巻菱湖。飛白体で書かれた<愛日>は遊び心と、強いメッセージを送ってくれた。瞬間に過去になってゆく時間(とき)。日々を愛おしみながら今を生きる想いは、今も昔も変わらない。葡萄がワイン...
05/02/2017

山葡萄ワイン 2種 

幕末に良寛と並び一世風靡した新潟の書家、巻菱湖。
飛白体で書かれた<愛日>は遊び心と、強いメッセージを送ってくれた。

瞬間に過去になってゆく時間(とき)。日々を愛おしみながら今を生きる想いは、今も昔も変わらない。葡萄がワインに生まれ変わる時間(とき)、グラスを傾けもの想う時間(とき)、お手に取ったワインが大切な時間(とき)を五感で感じて頂けるワインとなれば幸いです。

日本古来の品種山葡萄のワイン2種
<愛AI 2014>と<日JITSU 2014>
リリースです。

<Rマーク> 新潟県弥彦村でぶどうを育てる平井亮。今年も彼の作ったぶどう、高墨とピオーネのスパークリングができた。ラベルのRは亮(Ryo)の頭文字。そしてバラRoseの頭文字。バラの花言葉は平井がぶどう作りのモットーとしている<愛と情熱>だ...
14/12/2016

<Rマーク> 
新潟県弥彦村でぶどうを育てる平井亮。今年も彼の作ったぶどう、高墨とピオーネのスパークリングができた。ラベルのRは亮(Ryo)の頭文字。そしてバラRoseの頭文字。バラの花言葉は平井がぶどう作りのモットーとしている<愛と情熱>だそう。 若き農業者である彼が自分が納めたぶどうでできたワインは自分のラベルにしたいと申し出た事は嬉しく 、積極的にワイン造りにも興味を示してくれ頼もしい。この2種のスパークリングは弥彦村のふるさと納税の返礼品としても近々エントリーされる予定。食用ぶどうで彼のお得意様も多く、ワインも待ってくれている。Rマークがどんな出会いを運んできてくれるのか、楽しみにしたい。

新潟市南区デラウェアの収穫からスタートした2016年。まだ発酵中の品種はあるものの無事に今年の仕込み作業を終えようとしています。シャルドネは黄色く、ピノノアールは赤くアッと言う間に、畑の紅葉が進んでいました。さて、深まりゆく秋、一夜限りの和...
28/10/2016

新潟市南区デラウェアの収穫からスタートした2016年。
まだ発酵中の品種はあるものの
無事に今年の仕込み作業を終えようとしています。
シャルドネは黄色く、ピノノアールは赤く
アッと言う間に、畑の紅葉が進んでいました。

さて、深まりゆく秋、一夜限りの和と洋の共演。

          ご案内

朝日酒造様のアンテナショップ 佳肴あさひ山にて
<日本酒と洋食、ワインと和食のマリアージュ>
特別イベントが開催されます。

新潟を代表する朝日山様の日本酒に洋食を、レスカルゴのワインには和食を、という企画です。

お席に限りがございますので
お早目にご予約ください。
会場またはレスカルゴ(0256-77-2268)まで。

自社畑のシャルドネ 2016年の収穫が始まりました。
25/08/2016

自社畑のシャルドネ 2016年の収穫が始まりました。

頼もしい畑の番人
11/08/2016

頼もしい畑の番人

ぶどう畑の周りは田んぼ。大分穂も目立だってきた。協力生産者、加茂市、知野源一さん。暑い中、防鳥ネットを張っていたところを訪ねた。昨年知野さん初収穫のピノブラン2015は間もなくリリースになるが若木のフレッシュさと、初々しい優しさが溢れるワイ...
11/08/2016

ぶどう畑の周りは田んぼ。
大分穂も目立だってきた。

協力生産者、加茂市、知野源一さん。
暑い中、防鳥ネットを張っていたところを訪ねた。
昨年知野さん初収穫のピノブラン2015は間もなく
リリースになるが若木のフレッシュさと、初々しい優しさ
が溢れるワインとなった。
今年の収穫も楽しみだ。

新潟市南区新飯田の富山農園を訪ねる。あと1か月程で収穫となるプラム 太陽まだほんのりとピンク色。 桃くらいの大きさの立派なプラムがたわわに実り、枝がしなっている光景は圧巻。  なんとも幸せな気持ちになる。昨年その太陽で仕込んだスパークリング...
11/08/2016

新潟市南区新飯田の富山農園を訪ねる。

あと1か月程で収穫となるプラム 太陽
まだほんのりとピンク色。 桃くらいの大きさの立派な
プラムがたわわに実り、枝がしなっている光景は圧巻。  
なんとも幸せな気持ちになる。

昨年その太陽で仕込んだスパークリングワイン
     <LOVE&PLUM 2015>
アルコール10%と軽く、梅独特の酸が清々しい!

   

暑中お伺い申し上げます。昨日は38度の新潟。皆様、どうぞご自愛ください。今年元気な自社畑のピノノアールとシャルドネ。出来も収量も期待できそうです!
08/08/2016

暑中お伺い申し上げます。
昨日は38度の新潟。
皆様、どうぞご自愛ください。

今年元気な自社畑のピノノアールとシャルドネ。
出来も収量も期待できそうです!

レスカルゴの阿部です。アウトドア用品メーカーのCHUMSにB***Y BIRDという可愛らしいイメージキャラクターがいる。CHUMSの土屋社長もB***Y BIRDに負けないくらい愛らしい方である。5月27日から29日まで嬬恋高原のバラギ湖...
30/05/2016

レスカルゴの阿部です。
アウトドア用品メーカーのCHUMSにB***Y BIRDという可愛らしいイメージキャラクターがいる。CHUMSの土屋社長もB***Y BIRDに負けないくらい愛らしい方である。

5月27日から29日まで嬬恋高原のバラギ湖畔でCHUMS主催のキャンプイベントが催された。土屋社長にイベントでワインでもどう?と誘われて出店させて頂いた。アウトドア派というよりは、夜の街にいるのが常である僕はかなり戸惑った。最後にテントで寝たのは30年も前のボーイスカウトのキャンプ。テントも持っていないし、勇気もないので近所のペンションに宿泊した。
 
キャンプ場では当たり前だが、そこら中にテントを張って皆が楽しんでいる。数日間の自分たちだけの空間を作るも趣があると思った。CHUMS主催のイベントも目白押し。パパイヤ鈴木さんのCHUMS音頭の時は見ず知らずの人々皆が盛り上がっていた。
夜は10℃程度にもなるとかなり寒く感じたが、キャンプファイアーの傍で空を見上げれば綺麗な星たちが普段の疲れを取り払ってくれた。アウトドア派の人達はこんなご馳走をいつも頂いているのか。
 
B***Y BIRDが後ろ髪を引く。インドを旅した後のように、不便な体験をしているのに何故か戻りたくなる。本能的な原点回帰なのか。普段と全く違うところに身を置く大切さを再認識。また行ってみたい。

ナイアガラ<凛音>2015が販売終了となりました。ありがとうございました。これは昨年福島県喜多方市のぶどうで山田純さんがレスカルゴのマイワインシリーズでプロデュースしたワイン。もともとは山田さんが個人で愉しむためのワイン造りだったが、売って...
22/05/2016

ナイアガラ<凛音>2015が販売終了となりました。
ありがとうございました。

これは昨年福島県喜多方市のぶどうで山田純さんがレスカルゴのマイワインシリーズでプロデュースしたワイン。もともとは山田さんが個人で愉しむためのワイン造りだったが、売って欲しいという方がいたため、レスカルゴで販売させて頂いたものだ。

仕込み、瓶詰め、ラベル貼りの一通のワイン造りを経験されたご夫妻の楽しそうな姿が忘れられない。笑いが絶えない作業であった。それがきっと飲む人を幸せにするワインになったのだ。山田さんが造ったワインを飲んでみたいというご夫妻の友人知人、そして喜多方のぶどうで出来たワインならお店で提供したいという喜多方市の飲食店へと瞬く間に広がっていった。ストーリーが人と人とを結びつけ、<凛音>がいろいろな可能性を連れてきてくれた。やはり、ワインはロマン。

今年も何組かの方がマイワイン造りにエントリーされているが、どんな物語ができるのか。
ワインの先にある出逢いを楽しみにしたい。

新潟市から山形方面に北上し一時間のドライブ。新潟県村上市高根今年そこで栽培している山ぶどうでワインを造らせていただくことになり生産者さんをお訪ねした。コーディネートしてくださったのは、道の駅 朝日みどりの里の鈴木いづみさん。 5人の生産者さ...
22/05/2016

新潟市から山形方面に北上し一時間のドライブ。
新潟県村上市高根

今年そこで栽培している山ぶどうでワインを造らせていただくことになり生産者さんをお訪ねした。コーディネートしてくださったのは、道の駅 朝日みどりの里の鈴木いづみさん。 

5人の生産者さんと麓の集落で待ち合わせ、それぞれの畑に案内して頂いた。軽快な軽トラを追いかけ着いた畑は標高350m、眼下には棚田が広がり、遠くには朝日連峰。山菜は勿論、清流高根川にはイワナやヤマメが取れるそうだ。

生産者さんの中にはご高齢の方もいらっしゃるが親の代から、元々山で自生していた山ぶどうを挿し木してここまでの畑にしたという。冬の4、5mの積雪でそのままでは杭も樹も倒されてしまう。だから杭は抜き、樹は地面に寝かせ雪解けすると初めから畑を仕立て直す。周囲には猿避けの電線も張らねばいけない。風光明媚ないいところですね、などとつい呑気な事を言ってしまいそうになる。人知れぬ苦労はむしろ彼らの矜持となっているのだろう。
我々訪問者に手作りした小屋でお茶をもてなし、僅かな時間にワラビや山うどを採ってきてくれた。

逞しさと優しさで育てた山ぶどうをワインにするとき、それが伝えられる造りをしたい。

明日から3日間(4/16,17,18)越前浜、角田浜エリアの浜メグリ。空福座の小林義一郎氏(大工さん)、彫刻家の中村文治氏1日かけてレスカルゴの内に外に準備で大忙し!でした。先日お知らせした、BBQFieldさんの出店が都合により取り止めと...
15/04/2016

明日から3日間(4/16,17,18)越前浜、角田浜エリアの浜メグリ。

空福座の小林義一郎氏(大工さん)、彫刻家の中村文治氏
1日かけてレスカルゴの内に外に準備で大忙し!でした。

先日お知らせした、BBQFieldさんの出店が都合により取り止めとなりました。お肉を楽しみにしていた方ごめんなさい。
それに代わりまして、アフリカパン<ナミテテ>さんの、パンを販売いたします。ナッツ、ドライフルーツ、チーズがライ麦と相性良く、旨みがなんとも言えません。レスカルゴのワインに合う特製クラフトバジルチーズもイケますね。

お飲み物はワインは勿論、レスカルゴが原料としている青森弘前の無農薬山ぶどうでできた、濃厚山ぶどうジュースも是非お試しあれ。

最後になりましたが、メインイベントの中村氏の作品展示。
作品の説明を是非本人からお聞きください。また、小林氏の飾り棚も一緒に展示をしております。
外見とは真逆な(オッと失礼)繊細な作品を発信する二人!
そのギャップは、来なくちゃ分からない。

中国からの留学生、新潟大学の張歓も三日間お手伝いします。

非日常のレスカルゴ・・・
一番楽しんでるのはレスカルゴ?かな?

      春の浜メグリ2106   4月16日(土)17日(日)18日(月)越前浜のカタツムリに会いに来ませんか?初参加のこの度は空福座さんの主催で、地元彫刻家 中村文治氏の作品をレスカルゴで展示、野外スペースではBBQ Fieldさんの...
02/04/2016

     春の浜メグリ2106 
  
4月16日(土)17日(日)18日(月)

越前浜のカタツムリに会いに来ませんか?

初参加のこの度は空福座さんの主催で、地元彫刻家 中村文治氏の作品をレスカルゴで展示、野外スペースではBBQ Fieldさんのワインのに合うプレート、ホットドッグなどを販売します。
大勢の皆様のお越しをお待ちしております。  

時間   11:00~19:00

屋内会場 
中村文治作品展/ワイン試飲販売/無農薬山ぶどうジュース等販売

屋外会場 
BBQ専門店 BBQ Field 出店
Smoked meat,BBQ-Dog,American Waffle 等 
レスカルゴのワインと一緒お楽しみください!

入場用料 
1,000円 会場内で使える1,000円分のチケットとなります。5月末日まで有効。
学生、高校生以下無料 

     
     

ワインの魅力満載「ワイン展-ぶどうから生まれた奇跡-」が上野公園・国立科学博物館で今月21日まで開催中です。私たちを魅了してやまないワインを、多彩な資料と映像で、科学的、歴史的、かつ文化的な視点から解き明かしていく展覧会です。会場はお洒落な...
07/02/2016

ワインの魅力満載「ワイン展-ぶどうから生まれた
奇跡-」が上野公園・国立科学博物館で今月21日まで開催中です。
私たちを魅了してやまないワインを、多彩な資料と映像で、科学的、歴史的、かつ文化的な視点から解き明かしていく展覧会です。
会場はお洒落な雰囲気で若者から大人、外国人で賑わっていました。ワイン好きにはたまらないですよ〜

住所

西蒲区越前浜4477
Niigata-shi, Niigata
953-0012

電話番号

0256772268

ウェブサイト

http://www.lescargot.jp

アラート

L'escargotがニュースとプロモを投稿した時に最初に知って当社にメールを送信する最初の人になりましょう。あなたのメールアドレスはその他の目的には使用されず、いつでもサブスクリプションを解除することができます。

ビデオ

飲食サービス付近


その他 Niigata-shi 飲食サービス

すべて表示

コメント

レスカルゴの伊藤です。東京でレスカルゴのワインを飲めるお店を紹介します。今回は恵比寿にあるPorco Casa de ブタ家です。 名物のキッシュ・山形庄内産ハーブ豚や産直野菜を使った創作料理と自然派ワインが楽しめるお店です。当社ワインのマスカットベイリーAがPorco Casaの料理にめちゃ合います。 総料理長ムッシュー岡田さんをはじめスタッフの方も大変親切で癒されるお店です。
はじめまして 先日、マスカットベリーA弥彦を飲んでみました。 正直、あまり期待していなかったのですが、ごめんなさい。葡萄の薫りが素晴らしく、一緒に飲んだ皆にも好評でした。次は聖籠をためしてみます。 これからも期待しています。
鍵富さん、土曜日は有難う御座いました。 短時間でしたが鍵富さんのトークで何本もワインが売れて驚きました。花見が終わる一週間、中目黒の美容室KISAIでレスカルゴのワインを販売しています。よかったら花見ついでに立ち寄って下さい。
明けましておめでとうございます。 今年もよろしくお願いします。 ご無沙汰しています。 今度L'escargotさんのワインを飲む&買いたいと思っています。 よろしくお願いします。
今日はご訪問させて頂きまして有難うございました
ここ最近大風やらあられが降ったり春の嵐で天候が不安定でしたが、今日はようやく気温が上がり久しぶりに1日畑仕事。まわりの農家さんも総出で野菜の苗を植えています。畑シーズン本格始動。 写真はシャルドネの畑。剪定後の誘因も芽吹く前になんとか終わらせました。GWころにはキレイな若緑の新芽で殺風景だった畑の様子もだいぶ変わります。
早く、昨年のワインに会いたいな☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆