Clicky

手造り味噌醤油工房 喜多屋醸造店

手造り味噌醤油工房 喜多屋醸造店 美味しいもの造るに勝る広告なし

通常通り開く

東京メトロで配られるフリーペーパー「Metromin.」(メトロミニッツ) 238号の特集【食の美学】「整う、信州の日常食」の記事にて弊社喜多屋も紹介されました。記事より抜粋。「岡谷市の喜多屋醸造店5代目の“味噌姉妹”こと長峰愛さんと佐々木...
28/09/2022

東京メトロで配られるフリーペーパー「Metromin.」(メトロミニッツ) 238号の特集【食の美学】「整う、信州の日常食」の記事にて弊社喜多屋も紹介されました。

記事より抜粋。

「岡谷市の喜多屋醸造店5代目の“味噌姉妹”こと長峰愛さんと佐々木彩さんは、SNSを通じて多彩な味噌レシピを日々発信しています。「合言葉は未来を作る味噌屋。乳製品やスパイスを合わせるなど、新しい使い方を提案して行きたいです。」

レシピを教えて頂いた味噌トーストは、コーヒーはもちろん、赤ワインのアテにも最適。マンネリ気味の食卓がアップデートされたようで、嬉しくなりました。豊かな日常とは、ひょっとするとこんな小さな幸せのことをいうのかもしれません。」

さっそく読者からご注文や暖かいお言葉を頂いております。

https://www.kitayamiso.com/

27/09/2022

本日9月27日、岡谷市にある長野県味噌工業連合会(以下味噌工連と略す)の味噌研究所 南信支所にて、同敷地内にある味噌神社の御柱祭が盛大?に挙行されました。
天気予報では午後から雨の予測でしたが、味噌屋の行いが良かったせいか、晴天に恵まれ無事立て御柱まで滞りなく完了しました。
 味噌工連でも原料高騰など厳しい状況を乗り切る為組織の軽量化を図り、来年にはこの南信支所も酵母の生産を中止する予定で、味噌神社も7年後には移転統合の可能性が高い。伝統あるここの味噌神社御柱は最後かもしれない。感慨深いものがあります。

ちなみに木やりは藤森慎吾さんのお母さんです。

本日9月24日(土)諏訪湖イベント広場(東洋バルブ跡地)にて~夢と希望のまち~と題し諏訪圏フォーラムが開催されます。シンガーソングライターのMINMI氏や居酒屋てっぺん創業者大嶋氏の講演、「実験パフォーマーらんま先生」のECOサイエンスショ...
23/09/2022

本日9月24日(土)諏訪湖イベント広場(東洋バルブ跡地)にて~夢と希望のまち~と題し諏訪圏フォーラムが開催されます。
シンガーソングライターのMINMI氏や居酒屋てっぺん創業者大嶋氏の講演、「実験パフォーマーらんま先生」のECOサイエンスショーなど多彩なゲストやキッチンカー、アート製作、バルーンロケット体験など多彩な催しが用意されています。

ちなみに食の体験コーナーで弊社の「味噌姉妹」による美味しいかわいい「みそ丸」作り体験も行います。
先着100名ですので是非早めにお出かけ下さい。

私たち喜多屋がこれからどんどん突き進んで行こう!!となっているのを支えてくれているのは助けてくれている仲間だけじゃない。  もう30年近く喜多屋を支え続けているヒットお味噌【雪娘(ゆきむすめ)】の存在も大きい。  このお味噌があったから私は...
11/09/2022

私たち喜多屋がこれからどんどん突き進んで行こう!!

となっているのを支えてくれているのは助けてくれている仲間だけじゃない。





もう30年近く喜多屋を支え続けているヒットお味噌

【雪娘(ゆきむすめ)】の存在も大きい。





このお味噌があったから私は喜多屋に戻ってきた。

妹も、父も母も従業員さんも皆、雪娘が大好き。



皆このお味噌を使ったお味噌汁を飲んで感動したから、

自信をもってうちのお味噌を宣伝してくれている。



この子(みそ)が喜多屋の仲間を繋げてくれている

ハブの役目を果たしてくれていると感じてます。





だから今日はそんな大切な雪娘についてガッツリ語らせて下さい✨





雪娘の誕生物語。



雪娘が誕生したのは昭和の後半。

その当時、スーパーで売られているお味噌は安く買えるように熟成期間が短く旨味の少ないものがほとんどだったそうな。



そんな味噌売り場を目の当たりにして父は、

「このままでは味噌離れが進んでしまう」と危惧した。





それからは、「一般のご家庭でも本当に美味しいお味噌汁を飲んでほしい。」

という思いから味噌の品質向上に全力を注いだ。美味しい味噌をつくる。



製造工程全てに渡って可能な限りの手間をかけ、こだわる。



例えば、麹造りにおいては



〇米は長野県産コシヒカリを使用。

麹造りでは粘りの少ない米(ササニシキなど)の方が扱いやすいが、

コシヒカリの方がより甘味を出せるため、あえて難しい米で麹をつくる。



〇米の劣化を極限まで減らすために、精米したてを用い、精米後はすぐに洗穀する。

そうすることで精米中の摩擦熱による劣化を下げる。



〇翌日丁寧に蒸篭で蒸しあげ、床に引き込む。

一粒一粒がバラけないと良い麹にはならない。(麹菌が米の中まで入り込むとgood)

これを丹念にほぐす作業を2度は行う。(かなりの重労働です💦)



〇味噌用麹菌が元気に活動しやすい温度を管理してあげる。36~40度くらい。

麹菌って発芽すると嬉しさのあまり全力で生命活動をし、ほっとくと50度くらいの高熱を出して倒れちゃう結構危なっかしいやつなんです。

だから私たちが様子を見て、熱を冷ます。







続きはまた改めて。

詳細アマノパークスといえば山梨の超高級スーパー✨8/28(日)10:00~18:00@サンマルシェふじかわ店8/29(月)10:00~18:00@パークス敷島店8/30(火)10:00~18:00@パークス甲府東店実は7月から上記3店舗に入...
22/08/2022

詳細
アマノパークスといえば山梨の超高級スーパー✨

8/28(日)10:00~18:00
@サンマルシェふじかわ店

8/29(月)10:00~18:00
@パークス敷島店

8/30(火)10:00~18:00
@パークス甲府東店

実は7月から上記3店舗に入れてもらえることになりまして、
(パークス甲府バイパス店)
多くのお客様に味を知ってもらうために試食販売をさせていただけることとなりました。
ぜひいらしてください!

#試食販売
#山梨
#アマノパークス
#喜多屋醸造店

諏訪エリアに来たら1度訪れてほしいのが豚カツ『山ぼたん』さん。岡谷市湊の複合施設の2階にあり、諏訪湖を眺めながら食事を楽しむことが出来ます。低温からゆっくりじっくり20分ほどかけて揚げられた豚カツはこの上なくジューシーで柔らか!!豚カツって...
20/08/2022

諏訪エリアに来たら1度訪れてほしいのが

豚カツ『山ぼたん』さん。

岡谷市湊の複合施設の2階にあり、諏訪湖を眺めながら食事を楽しむことが出来ます。

低温からゆっくりじっくり20分ほどかけて揚げられた豚カツは

この上なくジューシーで柔らか!!

豚カツってこんなにジューシーなの!?!?

今まで食べてきたのは何っ!!!?

って感動を味わえます!

この感動は他では中々味わえません。

揚げ方以外にも店主のこだわりは山ほど!

詳しくはリンク貼ったのでそちらを見てくださいな。

こんな絶品豚カツ屋さんが都会ではなく、この岡谷で味わえるなんてもう、感動!!

そして、みそソムリエとして紹介せずにはいられないのが豚カツと共に提供されるお味噌汁だ。

有難いことに喜多屋の雪娘を使ってくれているのだけど、それがもう、飛び抜けて美味しく仕上げられているんですよ!

この日出てきたのは、キノコと油揚げの入ったお味噌汁だったんですが、うちで作るホッとする優しい旨味だけじゃない、明らかにヒットを狙って撃ち抜いてくるボクサーのような強烈な旨味!

(それも旨味成分アミノ酸の味の素的なドーピングものではない。)

それぞれの素材の下処理を行い、旨味を最大限引き出したもの同士の相乗効果からくるものの勢いときたら、ガツンとノックアウトされてしまいます。(感動しすぎて妙なテンションになってしまいましたw)

現に喜多屋の売店に味噌を買いに来てくださるご新規さんの多くは、山ぼたんさんで飲んだ味噌汁が美味しかったから。と、言ってわざわざ訪ねてきてくれるほど。

(そのお味噌ネット通販もやってるのでご興味ある方はコチラをクリック↓↓

山ぼたんで使われているお味噌)

1度じっくりゆったり味わって欲しいとオススメしたいお店の1つです。

何故美味しいのかはお店のこだわりをお読みください。

↓↓↓↓↓↓↓↓

当店が自信を持ってご提供しているとんかつは、全国数百種類ある中でも、安心安全が保証され、安定している肉質で美味しいと判断できた『岩中豚』のロースのみ使用しています。パン粉・揚げ油にもこだわっています。 豚肉は掃除・トリミング後にはロース1本の70%しか使用していません、ヒレにおいては1本の中心部30%しか使用していません。
パン粉は当店専用に焼き上げたパン粉の中心部の白い部分のみ使用し、米油と植物油をブレンドした油を使用することで黄金(こがね)色であっさりしほんのり甘くサクサクに揚がります。
また、お米は長野県産『幻の米』をちょっと硬めに炊くことで美味しいとんかつを更に引き立たせます。

そして信州ねぎ味噌かつ(TVでも紹介されました)発祥の地でもあるようです。さす

個人で営んでいる小さなとんかつ屋です、行き届きませんがご容赦ください。

 油の温度に気を配ったとんかつはもちろん・・・お味噌汁の味噌は岡谷の小さな味噌蔵で作った「雪娘」を使用し煮干と鰹節で出汁をとったこだわりのお味噌汁・・・自家製お漬物・・・長野県産米をちょっと硬めに炊いたご飯・・・自家調合のこだわりソース、全てにこだわって少しでも美味しいとんかつをお出しできるように頑張っています。 当店自慢の昔ながらの信州味噌を使った信州ねぎ味噌かつ(TVでも紹介されました)もご賞味ください。

営業時間:  昼:11時30分~14時00分  (Lo:13時00分) 
        夜(予約制):17時30分~20時30分 (Lo:18時00分)
         1グループ3名様まで、店内10名様までの入店制限をさせていただいています。
         (マスク着用の上、入り口で手指のアルコール消毒をお願いします)

予約:     お昼の営業は御予約を受け付けていません
         夜の営業は完全予約制です

〒394-0044
長野県岡谷市湊5-13-7 パウワウビレッジ2F
電話:      0266-24-5030
定休日:    火曜・月曜日夜 第三水曜日

■夜は予約のみの営業になります

(御予約者終了時点で閉店いたします)
■昼の部は予約無しの営業になります
■メニューの価格・店内短冊の価格などは外税と税込両表示になります
■仕込み材料が終わり次第終了する場合があります
■元祖「信州ねぎ味噌かつ」のお店です。

妹とよく話すことそれはこれからの喜多屋が大切にしていきたいこと。喜多屋は何をする味噌屋なのか。私たちはこれからの未来を より豊かに、明るくしていく。私たちの先の子供達、そのまた先にも幸せな未来を残していきたい。そのために美味しい味噌を造り続...
10/08/2022

妹とよく話すこと

それはこれからの喜多屋が大切にしていきたいこと。

喜多屋は何をする味噌屋なのか。

私たちは

これからの未来を より豊かに、明るくしていく。

私たちの先の子供達、そのまた先にも幸せな未来を残していきたい。

そのために美味しい味噌を造り続けることが使命。

私たちがリードしていくなら

同じ女性、そしてママたちのサポートができる味噌屋になりたいね。

その一つがママさんの雇用もできるように売り上げを上げて雇用人数を確保。

ママであってもそうでなくても少し人が休んだくらいで会社が困らない仕組み作りをして社会に貢献する。

子育て中って子供見ながらになるから残業は出来ないし、

子供が熱出したらすぐに帰らなくちゃいけない。

職場での肩身って結構狭くなりがち。

そんなこと気にさせないくらいドンと構えていられる私たちになりたい。

私もそうだけど、子育てって一人でするのはとっても大変。

ワンオペのママさん達の苦労は本当に計り知れない。

そんな困っている方を

地域と連携しながらサポートしていきたい。

そんなビジョンを描いています。

何せ味噌はこの日本を1000年近くも支え続けている縁の下の力持ち。

味噌には皆さんをサポートする力があると本気で思っています。

味噌は私の心の支えでもあります。詳しくはコチラ。

明るい世の中になるためには、まず一人一人が輝くこと。

女性が輝けば男性も輝く。

ママが活き活きしていれば、家庭が明るくなる。

子供が活き活きする。

自分の夢を持ち実現させるために羽ばたく活力につながる。

夢に向かって前向きに生きる人が増えれば世の中はもっと豊かに明るくなります。

私たちの身体は食べたもので出来ている。

私たちの心はかけられた言葉によって出来ている。

これって本当にそうだなって思う。

皆の言葉が愛溢れるものであるように、

まずは自分を大切に。

そして、身体を大切に。

忙しくてストレスたっぷりの方にこそ

うちの愛情たっぷりなお味噌で作ったお味噌汁を飲んで

一緒に未来を明るく、豊かにしていきませんか。

私達は、お味噌を通して愛と癒しをお届けできるよう努力していきます。

アツモリソウってご存知ですか?10年かけて花を咲かす高山植物なんだそうで、今年我が家にお迎えしたんですが、衝撃的にほんとに小さい(笑)写真一枚目、1年目のもの。小指第一関節もないくらい小さい。芽が出たものを購入してもう2、3ヶ月経ちます。わ...
09/08/2022

アツモリソウってご存知ですか?
10年かけて花を咲かす高山植物なんだそうで、今年我が家にお迎えしたんですが、衝撃的にほんとに小さい(笑)
写真一枚目、1年目のもの。小指第一関節もないくらい小さい。芽が出たものを購入してもう2、3ヶ月経ちます。わずか一ミリ伸びたかどうか。
3年目、5年目のものは経過後の写真ではなく、一緒に購入したものです。
5年目でまだこんなに小さいの?!と衝撃を受けます。
さらに衝撃的なことは、10年後に咲く花を見てもそんなに可愛くないこと(こら!)
毎日社長がせっせと世話を焼いています。
一般的な植物は1年の間に芽が出て、葉が伸び、花が咲くのに、この子の成長はなんと遅いことか。
この植物を見ていると、まるで喜多屋の味噌姉妹のようだと思うのです。
周りを見ると自分たちの現状に落ち込むこともあるけれど、それはそれ。私達は私たちなりに、アツモリソウのように10年後に花が咲くようにひたむきに頑張ろう。そう思う日曜日なのでした。

今回は前回に引き続き私が愛してやまない味噌の魅力についてお伝えさせていただきます。  お味噌の魅力はなんといっても「発酵」=「生きている」食品だということ。  少し難しい話になりますが、 発酵とは酵母・カビ・細菌などの目には見えない小さな微...
06/08/2022

今回は前回に引き続き

私が愛してやまない味噌の魅力についてお伝えさせていただきます。

 

 

お味噌の魅力はなんといっても

「発酵」=「生きている」食品だということ。

 

 

少し難しい話になりますが、

 

発酵とは酵母・カビ・細菌などの目には見えない小さな微生物たち(発酵菌)が

私たち人間にとってプラスとなる働きをしているもののことを言います。

 

 

食べ物だったら

微生物のおかげでより美味しくなっているのが発酵食品ですね。

 

 

お味噌の他にも、醤油、酒、みりん、ヨーグルト、納豆、漬物、パンにチョコレート…まだまだ沢山あります。

 

 

スプーン1杯の生のお味噌の中に、

どのくらい発酵菌が生きているかご存知でしょうか?

 

 

その数はなんと1万~100万個!(味噌によってもかなり差があります。)

 

 

もしこの子たちがいなければただの大豆とお米の塩漬けです。

果たして毎日食べたいと思うでしょうか。

 

私は、残念ながら厳しいなと感じます。

 

 

発酵のおかげで、旨味、甘味、酸味、香味、複雑味が増して、

毎日でも食べ飽きないお味へと大変身するんです。

 

 

しかし、変化するのはそれだけじゃありません。

なんと栄養価もぐんとアップ!

 

 

「みそ」は “ 畑の肉 ” といわれる大豆を主原料にしています。

タンパク質含有量はお肉の2倍近くもあるんですよ。

 

 

その他にもここで書くには文字数が足りなくなるので割愛しますが、

じつに多彩な栄養素を含んでいます。

 

さらに、発酵により、それまで大豆にはないか、

あっても微量であったアミノ酸やビタミン類を多量に生成します。

 

このために、「みそ」の栄養価は

原材料の大豆であったときよりも、さらに優れたものになっています。

 

 

 

また、栄養価という点で注目すべきは、大豆のたんぱく質の役割!

 

それは、生命を支える重要な物質を生み出していること。

大豆たんぱく質は麹菌が出す酵素によって分解されることで

一部がアミノ酸となります。

 

アミノ酸の中には、生命を維持するために不可欠で

私たちの身体の中ではつくれない必須アミノ酸 9種類全てが含まれているんです。

 

 

ここまで、思いのままに味噌の魅力を語ってきましたが、

まだまだ話したいことがたくさん。

 

 

要約すると、

 

 

みそ汁1杯の椀の中には、

想像もつかないほど多くの栄養素に満ちた世界が広がっている。

 

 

まさに「一杯の味噌汁が私たちの健康をつくる」ってこと。

忙しい日本人のための愛の味方です。

 

 

ぜひあなたの今日のお食事から、いかがでしょうか。

#1杯の味噌汁から私達の健康をつくる
#味噌
#味噌汁
#みそ姉妹
#味噌の魅力
#味噌の力

『喜多屋みそが生き残ってこれた理由』味噌はもともと家庭でつくられるものでした。(外で買っているところを見られると恥ずかしいので顔を隠して買いに行っていたと言われているんですよ!)  それが明治以降、社会の成長により外に働きにでる人口の増加に...
03/08/2022

『喜多屋みそが生き残ってこれた理由』

味噌はもともと家庭でつくられるものでした。

(外で買っているところを見られると恥ずかしいので

顔を隠して買いに行っていたと言われているんですよ!)





それが明治以降、社会の成長により外に働きにでる人口の増加に伴い

買い味噌の需要も大幅に高まっていきます。

最盛期は今からおよそ50年前の1973年(昭和48年)です。

昭和初期から長野県は味噌需要拡大に伴い味噌屋が急増し、

私たちの地元岡谷市では48社の味噌蔵が連立していました。



実は岡谷市ってその頃味噌の生産量が日本一だった地域でもあるんです!!

それが、現在残っている会社は9社のみに。

全国的に見ても味噌屋の数は減少を続けています。



何故ここまで衰退したのか。

理由は大きく2つ。



一つは

食の多様化により味噌離れが進んだこと。

一人当たりの年間の使用量平均は16キロから3キロまで減少しました。



もう一つは

便利なダシ入りみその台頭により大手の勢力が一気に拡大したこと。



それにより力のない小さい味噌屋は価格で勝負できなくなり淘汰されているのが現状です。







では何故、社員数10人に満たない小さな味噌蔵、喜多屋が生き残ってこれたのか。







私が思うに、1に商品開発力 2にきめ細かな営業努力が実った結果に感じます。

これは社長である父、佐々木一夫の功績によるものが大きいです。



父は昔からもの作りが大好きで、自転車、レコード、オーディオなども手作り。

また、私が小さい頃からしょっちゅうお菓子を焼いてくれました。

それがまた美味しかったから私の小さい頃の夢はケーキ屋さんだったくらい。笑





仕事でも2つのヒット商品を生み出しています。



それが『うまいずら(元祖浅漬けの素)』と『雪娘(みそ)』。

商品についてはまた改めて説明させてくださいね。








これが生き残り理由その1の商品開発力です。









そして生き残り理由その2

きめ細かな営業努力とは、



喜多屋は昔から地元の配達は自社で行ってきました。

派手なオレンジと緑のトラックで

ご家庭や飲食店,、保育園、小中学校などにお味噌をお届けします。






それも何度も顔を出し、

足りなくなる前に補充するという御用聞きスタイル。



他の味噌屋の営業マンさんは自社の社長に喜多屋を見習え。といわれた。

と教えてもらったことがあります。



現在でも諏訪エリアでは頼もしい営業マンさんの活躍により

そのスタイルを貫いています。





こういった理由と、

一人一人の日々の努力によりこの生き残り競争の激しい中、

喜多屋は皆さんに喜んでもらえる味噌屋を続けられているんです。



喜多屋は今年で90年側近の目標は100年企業になること。

これからが楽しみです。

『喜多屋ってこんな味噌屋~会社のはじまり編~』皆さんこんにちは!みそ姉妹の姉です。これから皆さんにもっと喜多屋のこと知っていただけるように、喜多屋について色々発信していきますので宜しくお願いします。今回はタイトルにあるように喜多屋みその始ま...
02/08/2022

『喜多屋ってこんな味噌屋
~会社のはじまり編~』

皆さんこんにちは!
みそ姉妹の姉です。

これから皆さんにもっと喜多屋のこと知っていただけるように、喜多屋について色々発信していきますので宜しくお願いします。

今回はタイトルにあるように
喜多屋みその始まりについて書きました。

読んでもらえると嬉しいです。

我が実家 佐々木家は、

もとは四国の生まれだったとか。

父からそんなことを聞いた覚えがあります。



いつからかは詳しく分かりませんが、塩尻市あたりに移り住んで農業を生業としてました。



それが戦後の農地改革により土地がなくなってしまったことを皮切りに

酒の卸問屋に転身します。



経営者は私の曽祖父のお兄さん。

経営が上手くいっていたんでしょうね。

銀行から味噌屋を買わないかと相談があり買うことに。



当時、味噌は酒屋で売っているものだったので相性も良かったんでしょう。



そして味噌屋は弟だった曽祖父が経営することに。

喜多屋醸造店は昭和7年(1932年)に味噌屋として創業しました。(今年で丁度90周年✨)


関東大震災1923年(大正12年)以降東京で信州みそが一躍人気となり、需要の高まりによって

信州の味噌製造業は好景気を迎えていきます。(その辺りの歴史はまた改めて書きますね。)



お味噌は酒の卸問屋としてのツテも頼りに商売は無事軌道に乗りました。



話の逸話として父の小さい頃にはうちにもお手伝いさんが来てくれていて、

当時父は「お坊ちゃん」と呼ばれていたんですって。



この話を聞いたのはまだ学生時代だったけど、

私もそんな好景気を体験してみたい!と思っていたので

このエピソードはしっかりと頭に刻まれています。



けど、その当時の自分では私自身が味噌屋になっているなんて夢にも思わないんだろうな。

自分達でやるからにはお手伝いさんはいなくとも潤いのある会社にしていこうね。彩ちゃん。皆さん。

私も頑張る。



#みそ姉妹誕生秘話
#喜多屋醸造店の歴史
#90周年

味噌屋のイメージが強い喜多屋ですが、醤油も作っています。日本醤油協会が主催で第17回しょうゆ感想文コンクールを開催中です。詳しくはhttps://www.soysauce.or.jp/project/composition
19/07/2022
感想文コンクール

味噌屋のイメージが強い喜多屋ですが、醤油も作っています。
日本醤油協会が主催で第17回しょうゆ感想文コンクールを開催中です。
詳しくはhttps://www.soysauce.or.jp/project/composition

出前授業や工場見学で学んだこと、体験したことをそのままで終わらせるのではなく、日本の食文化を支えてきたしょうゆに関心を深め、さらにはしょうゆを日常の食生活に生かし続けていくために、感想文という形で記録...

日本テレビ、読売テレビ系列の長寿番組「遠くへ行きたい」で諏訪エリアが取材されました。今回の旅人はNHKおかあさんといっしょ第21代うたのおねえさんの「小野あつこさん」です。 発酵に興味ある小野さんの希望で味噌仕込み体験を弊社にて行いました。...
11/07/2022

日本テレビ、読売テレビ系列の長寿番組「遠くへ行きたい」で諏訪エリアが取材されました。今回の旅人はNHKおかあさんといっしょ第21代うたのおねえさんの「小野あつこさん」です。
 発酵に興味ある小野さんの希望で味噌仕込み体験を弊社にて行いました。編集で短くカットされているかもしれませんが是非ご覧下さい。
 読売テレビ7月17日(日)朝7時~ 日本テレビ7月17日(日)朝6時30分~ 長野県はテレビ信州 7月31日(日) 朝6時30分の放送予定です。いずれも早朝ですので録画予約をお勧めします。
https://www.ytv.co.jp/tohku/
https://www.kitayamiso.com/

喜多屋初のポップアップストア+味噌イベントin東京を無事、盛況に終えることができました。遠くからわざわざ来て下さった皆様、興味を持って立ち寄ってくださった方々、応援してくださった方々、ご協力くださった皆様、本当にありがとうございました。喜ん...
12/04/2022

喜多屋初のポップアップストア+味噌イベントin東京
を無事、盛況に終えることができました。
遠くからわざわざ来て下さった皆様、興味を持って立ち寄ってくださった方々、応援してくださった方々、ご協力くださった皆様、本当にありがとうございました。
喜んで帰られる姿を見送るたびにこちらが嬉しい気持ちになりました。
これからも味噌の持つ素敵なパワーを伝えていきますので、今後ともどうぞよろしくお願いします!
#信州味噌
#ポップアップストア
#初出店
#吉祥寺
#seesaws

4/9,4/10に吉祥寺でポップアップストア及びイベントを開催します!場所はseesawsさんというとても素敵なレンタルスペースです。東京でのポップアップストアは初めてになります。さらにさらに!!今回は特別に!!喜多屋東京発出店を祝して!和...
02/04/2022

4/9,4/10に吉祥寺でポップアップストア及びイベントを開催します!
場所はseesawsさんというとても素敵なレンタルスペースです。
東京でのポップアップストアは初めてになります。
さらにさらに!!今回は特別に!!喜多屋東京発出店を祝して!

和食の名店で腕を磨いた料理家ミレイさんによる
味噌を使った料理教室(食付き!!)イベントも開催致します🎉

普段は送料かけてお取り寄せいただいている方も、送料がネックで買えないという方も、味噌汁以外の使い方を知りたいという方もぜひぜひいらしてください!沢山の方のお越しをお待ちしております✨✨
イベントの申込は下記よりお願い致します✨✨

4月9日味噌クッキングイベント→ https://mosh.jp/services/65400               4月10日の味噌仕込みワークショップの申し込み↓ https://docs.google.com/.../1FAIpQLSchDMEwK7XXC3.../viewform

甘酒用麹研究中。皆さんこんにちは、味噌姉妹の姉です。最近、妹が「私、麹職人になる!!」と言い始め、毎日のように麹を育て、あーでもない。こーでもない。と悩みながらも、周りの意見を取り入れ確実に腕を磨いてくれています。ほんと、頼もしい妹です。う...
04/03/2022

甘酒用麹研究中。

皆さんこんにちは、味噌姉妹の姉です。
最近、妹が「私、麹職人になる!!」と言い始め、
毎日のように麹を育て、あーでもない。こーでもない。と悩みながらも、周りの意見を取り入れ確実に腕を磨いてくれています。
ほんと、頼もしい妹です。
うちは味噌屋なので味噌用の糀の技術しかなかったんですが、
甘酒用の糀が欲しいとのお声もいただき技術向上に努めています。

醸造業において一番大事になってくるのがこの麹造り。
麹が上手に育たなければ、どんなに美味しい原料を用いたって不味くなります。
また麹のお話しも少しずつお話しできたらなと思います。

そんなわけで、わが家には最近、甘酒と発酵あんこなるものがあふれています。甘酒はご存知の方も多いかと思いますが、発酵あんこは知っていますか?

【発酵あんこ】はあく抜きした小豆と麹を一緒に醸して、お砂糖を使わずに甘いあんこになったもののことです。

お砂糖使ってないからかなりヘルシー!そして小豆も麹も美容効果が高いものなので、甘くて美味しくてそして綺麗になると話題の食べ物です。

現にこれを毎日食べ続けている妹は、肌が白くなったと喜んでいます。

もっと美味しく作れるようになったら皆にも食べてもらいたい!!と張り切っていますのでより甘く出来るようになった売店でお披露目もしていきたいと思ってますので、温かい目で見ていてくださると嬉しいです。

写真は発酵あんこをおはぎのように丸めてみました。

まず感謝を伝えさせてください。有り難うございます!沢山の方に応援していただいたこと、買ってくださった方がいること、胸がいっぱいになりました🤣嬉しすぎます。エネルギーをいただきました。本当に有り難うございます!!お陰様で準備した糀分全て完売と...
03/03/2022

まず感謝を伝えさせてください。
有り難うございます!

沢山の方に応援していただいたこと、
買ってくださった方がいること、
胸がいっぱいになりました🤣
嬉しすぎます。エネルギーをいただきました。
本当に有り難うございます!!

お陰様で準備した糀分全て完売となりました🥰
皆さまのお宅で美味しいお味噌が出来上がりますように♥️

初めての試みだったため、
至らない所もあったかと思います。
ご容赦くださいませ。
何か困ってることありましたら何なりと言ってください。

そして、、
また来月3月24日から数量限定販売させていただきます!それに向けて予約も開始します。

3月は味噌仕込みには最適な季節です。
この機会にお味噌を一緒に仕込んでみませんか?

環境と身体にいいことを考えてつくった新ブランド「しぜんと。」より、長野県産の有機米、有機大豆を使ったおうちで手造り味噌仕込みができる「味噌キット」ができました!!美味しい大豆に、味噌姉妹妹が毎日糀を仕込んで、技術を磨き仕込んだ糀となっていま...
22/02/2022

環境と身体にいいことを考えてつくった
新ブランド「しぜんと。」より、

長野県産の有機米、有機大豆を使った
おうちで手造り味噌仕込みができる「味噌キット」ができました!!

美味しい大豆に、味噌姉妹妹が毎日糀を仕込んで、技術を磨き仕込んだ糀となっています。

本日より予約受付開始します。

キット内容

有機米糀(500g)、有機大豆(500g)、天日塩(200g)、有機米みそ300gのセット
1セット 3,500円(税込)

有機米みそは、種味噌としてお使いいただき、残りはお味噌汁などにお使いください。

甘みと旨みのバランスが良く、お味噌汁に適した配合となっています。

出来上がり予想は約1.8㎏です。

大豆を浸漬して蒸すところから体験していただきます。
時間がかかるからこそ、作られるお味噌にも愛着が生まれます。ぜひ親子でご体験ください!

有機米糀と同様、弊社の米糀は酵素力の高い生の状態でお届けするため、
クール便での発送となります。

第一弾限定20セット予約受付開始です。

2月24日から発送開始。

予約注文はこちらから(face book用)
https://www.kitayamiso.com/shop/993

そしてそして!初回限定!
ご注文いただきましたお客様限定!
当店5代目店主で味噌ソムリエの長峰愛による「オンライン味噌仕込みレクチャー」にも
お申込みできます!
味噌愛たっぷりの味噌づくりレクチャー、初めての方も楽しく作れますよ。

事前申し込みいただきましたら、zoomのURLをお送りいたします。

日程:2022年2月27日(日)15時~(1時間程度)
   2022年3月1日(火)13時~(1時間程度)

先日、喜多屋の味噌仕込みの様子を信州のローカルTV「長野放送」さんが取材にみえた事をお伝えしましたが放送日程が本日2月7日6時9分から NBS「みんなの信州」内での放送が確定しました。「みそ蔵を姉妹で継承へ」という題名のようです。お時間許せ...
07/02/2022

先日、喜多屋の味噌仕込みの様子を信州のローカルTV「長野放送」さんが取材にみえた事をお伝えしましたが
放送日程が本日2月7日6時9分から NBS「みんなの信州」内での放送が確定しました。

「みそ蔵を姉妹で継承へ」という題名のようです。
お時間許せばご覧ください。

今日のランチは『和ダイニングくらすわ』さんへ。広く清潔感漂う空間に、洒落た盛り付けで出てくるお料理に心踊らす味噌姉妹の姉です。こちらのお店は健康を気遣う方のために比較的塩分控えめな味わいとなっているそうです。流石、養命酒さんが母体なだけあり...
04/02/2022

今日のランチは
『和ダイニングくらすわ』さんへ。
広く清潔感漂う空間に、洒落た盛り付けで出てくるお料理に心踊らす味噌姉妹の姉です。

こちらのお店は健康を気遣う方のために比較的塩分控えめな味わいとなっているそうです。

流石、養命酒さんが母体なだけあります。

今日いただいたのは、
『鮭カツ』
カリッと上がった鮭をほのかに味噌と魚介の風味のするベシャメルソースにつけていただきます。
揚げ加減が絶妙。ソースが美味しい。また、添えられた野菜との相性もバッチリでとても美味しくいただきました。

また新たな味噌の使い方を知ることができ、幸せな気分です。


こんな素敵なお店で弊社のお味噌と味噌たまりを使っていただいていることに感謝です。

今日のランチは『和ダイニングくらすわ』さんへ。広く清潔感漂う空間に、洒落た盛り付けで出てくるお料理に心踊らす味噌姉妹の姉です。こちらのお店は健康を気遣う方のために比較的塩分控えめな味わいとなっているそうです。流石、養命酒さんが母体なだけあり...
04/02/2022

今日のランチは
『和ダイニングくらすわ』さんへ。
広く清潔感漂う空間に、洒落た盛り付けで出てくるお料理に心踊らす味噌姉妹の姉です。

こちらのお店は健康を気遣う方のために比較的塩分控えめな味わいとなっているそうです。

流石、養命酒さんが母体なだけあります。

今日いただいたのは、
『鮭カツ』
カリッと上がった鮭をほのかに味噌と魚介の風味のするベシャメルソースにつけていただきます。
揚げ加減が絶妙。ソースが美味しい。また、添えられた野菜との相性もバッチリでとても美味しくいただきました。

また新たな味噌の使い方を知ることができ、幸せな気分です。


こんな素敵なお店で弊社のお味噌と味噌たまりを使っていただいていることに感謝です。

喜多屋の味噌仕込みの様子を信州のローカルTV「長野放送」さんが取材にみえました。 近々放送されると思います。日程が決まればお知らせしますので楽しみにしていて下さい。(地域限定)なお写真は大豆の煮窯を開けたところです。
02/02/2022

喜多屋の味噌仕込みの様子を信州のローカルTV「長野放送」さんが取材にみえました。
 近々放送されると思います。
日程が決まればお知らせしますので楽しみにしていて下さい。(地域限定)
なお写真は大豆の煮窯を開けたところです。

地元紙の信毎さんに年始早々取り上げてもらいました。応援して下さる方がいて仲間がいてくれるのは本当に本当に有り難いなと染み染みと感じる味噌姉妹姉です。地元にもっと貢献できる味噌屋になるべく、まずはおいしい味噌をつくること!そしてそのことを、想...
22/01/2022

地元紙の信毎さんに年始早々取り上げてもらいました。

応援して下さる方がいて仲間がいてくれるのは本当に本当に有り難いなと染み染みと感じる味噌姉妹姉です。

地元にもっと貢献できる味噌屋になるべく、まずはおいしい味噌をつくること!
そしてそのことを、想いを言葉にし大切に届けていくことから始めていきます。

味噌姉妹の挑戦が始まってから3年。社長が元気でいてくれるうちにもっともっと挑戦していきますよ!

ねっ、妹よ😁

#喜多屋醸造店
#味噌姉妹
#みそソムリエ
#新たな挑戦
#美味しい味噌
#支えて下さる皆に感謝

住所

天竜町2-3-3
Okaya-shi, Nagano
394-0035

営業時間

月曜日 08:00 - 18:00
火曜日 08:00 - 18:00
水曜日 08:00 - 18:00
木曜日 08:00 - 18:00
金曜日 08:00 - 18:00
土曜日 09:00 - 17:00

電話番号

0266-22-3110

ウェブサイト

http://www.kitayamiso.com/

アラート

手造り味噌醤油工房 喜多屋醸造店がニュースとプロモを投稿した時に最初に知って当社にメールを送信する最初の人になりましょう。あなたのメールアドレスはその他の目的には使用されず、いつでもサブスクリプションを解除することができます。

事業に問い合わせをする

手造り味噌醤油工房 喜多屋醸造店にメッセージを送信:

ビデオ

カテゴリー

飲食サービス付近


食品・飲料サービス・流通のその他Okaya-shi

すべて表示

コメント

先ほど可愛い女性から声を掛けられましたら、お宅様のお嬢様!今後も何かしらご一緒できれば幸いです!
\いきつけの田舎touch、マルシェ開催/
長野県佐久市・富士見町・原村・岡谷市と山梨県丹波山村から『案内人』さんと『特産品』が、弊社に大集合!
夜になっても人が絶えず、手前味噌な社内イベントになりました✌️
.
ていねいで、尚且つその地域でしか作れないおいしいものに目を輝かせる弊社社員たち…
田舎の楽しさ、素晴らしさが伝わったかな…と思います!
.
案内人やエリア関係者のみなさん
佐久市観光協会
つながり自然農園
atelier scramble
道の駅「信州蔦木宿」
くらしまわり
手造り味噌醤油工房 喜多屋醸造店
丹波山村役場
丹波山倶楽部
Tabayama Base ......
ありがとうございました😊
.
#いきつけの田舎 #田舎体験 #自然体験 #外遊び #田舎の風景 #ワクワク #大人も子どもも #ローカル #地域おこし #長野県 #佐久市 #富士見町 #原村 #八ヶ岳 #岡谷市 #山梨県 #丹波山村 #ソネット #田舎ごはん #マルシェ #丁寧な暮らし #無農薬 #たんじゅん農法 #ジビエ
【ミソ de パエリア〜♪】

この前のインターネットラジオ(横田博之と親指姫の金曜日)のお話しの中でお聞きしたお味噌を使ったパエリアを再現してみたんですけど、これがかなり美味しいんですっ♪

最近私が密かに作っている梅味噌をちょっとつけて食べるのもかなりイケますよん(●´ー`●)
梅味噌をご購入済みの方も是非やってみて♪

レシピもアップするので是非試してみてくださーい(●´ω`人´ω`●)

『ミソ de パエリア〜♪』

〜材料(3〜4名)〜

・米…1,5合
→(洗わない)
・アサリ…200g
→(砂抜き)
・タコ…お好みで
→(塩麹に和えて10分以上おく。なければ塩で下味をつける)
・プチトマト…5個
→(半分にカット)
・ニンニク…1/2カケ
→ (千切り)
・ショウガ…1カケ
→(千切り)
・レモン…全体にひとしぼり
・大葉…2〜3枚
・バター…8g
・オリーブオイル…大さじ1と1/2
・梅味噌(なければ梅でもOK)…お好みで
⚪︎出汁
・和風だし(昆布とシイタケ出汁→昆布強めで)…360cc
・赤系の味噌…大さじ1強

〜作り方〜
①上記の通りに具材の下処理をしておく。
②出汁と味噌は溶き合わせておく。
③熱したフライパンにバターとオリーブオイルを入れて溶かし、弱火でニンニクの香りをうつしてから米を加えて中火で炒める。(焦がさないように注意)
④米が透き通ってきたら②を加えて強火にして一煮立ちさせる。
⑤中火に戻しアサリとタコ、トマト、ショウガをのせる。(私はここでもう1度オリーブオイルをひとまわし加えます。)
⑥アルミホイルで落し蓋をし、さらにフライパンの蓋をして約10分ほど蒸し焼きに。
⑦蓋をはずして米に硬い芯がなく、フライパンの側面の米に焼き色がついていたら火を止めレモンをまわしかける。
⑧器に盛り付け、大葉をちらし、梅味噌を添えたら出来上がり♪
情報発信の質が高いといつも感心しております。弊社も見習いたいと思います。今後ともよろしくお願いいたします。太田屋近藤一美
野沢菜漬けの最盛期です。先週の連休がピークと思われますが、今年は全体的には暖かかった為か少し後半にずれこんでいる様子です。

野沢菜漬けには弊社の「たまり」が大好評を頂いております。「たまり」とは味噌を熟成させた後に味噌の旨みを凝縮させた水分が味噌の表面や底にたまったものです。味噌の数%しか採れないため本来貴重なものです。
 最近出回っている「たまり」と称する製品の多くは醤油に味噌を溶いただけの「たまりもどき」が殆どです。ペットボトルに詰めるため酵母や乳酸菌を殺菌してあります。

喜多屋のたまりは本物の貴重なたまりを使用し、たまりの酵素や酵母、乳酸菌も活性しているので、暖かい時期では発酵して容器から吹いてしまったり膨らんでしまいます。生産量も限られる為、1年のうちでこの寒い時期の限定販売、かつ膨らまないビン入りなのです。

ビンの方が重いし割れるので嫌われるのですか、あえてビン詰めなには理由があるのです。

ほんものの「たまり漬け野沢菜」の濃厚なこくと生きた乳酸菌による旨さを喜多屋の「たまり」でお楽しみ下さい。
岡谷市神明小学校の5年生が味噌の事を知りたいという事で講師をして来ました。
依頼は味噌の栄養と健康面についてを重点に、との事でした。
始めは緊張していた生徒たちもだんだん慣れてきて、高度な質問が出されました。 さすがに5年生ともなると違いますね。

子供たちからは「味噌は本当に癌に効くのか」、「健康に良いbestな具材はなにか」、「どうして喜多屋さんの味噌と特売の味噌とであんなに価格が違うのか」など実にハードな質問が出ました。
 癌に関しては広島大学のマウス試験の結果などから発酵熟成により生まれる成分の作用の話、具材はより多種類の野菜、魚、貝などを組み合わせ摂る事が大切、価格については国産原材料と輸入原材料の違いや大量生産と手造りの違い、長期熟成の為の生産効率の悪さなどを説明しました。
 こういう機会は大切ですね。
8月5日に信濃毎日新聞からの取材を受けた事をUPしましたが、本日紙面に掲載されました。
 冷製味噌汁の特集記事です。娘の考えたレシピメニューの手書きイラストが可愛い感じでGOODですね。
 できれば弊社HPや味噌汁ブログのURLを載せていただけるともっと良かったんですが、無料ですので贅沢は言えません。
新聞をご覧になった方、是非冷製味噌汁を作ってみて下さい。
 
今日は米蒸し作業です。麹にする米を昔ながらの蒸篭でじっくりと蒸します。抜け掛け法と言って、少量ずつ米を蒸し上げ、ふっくら膨らんだ上に次ぎの米を掛けていく、手間と時間のかかる方法で作ります。この事により蒸しむらの無い、ふっくらとして外固内軟という麹造りに最適な蒸しができるのです。ちなみに作業に使う米を広げる道具は耐熱抗菌まな板を取り付けたもので、衛生と作業性の両立のためのわが社オリジナルです。
x

食品・飲料サービス・流通のその他Okaya-shi (すべて表示)

カンビオ 松尾商店 諏訪湖物産 川魚専門店 小野工業株式会社 三澤珈琲塩尻店 Early Bird Cafe 南芳園 Rare Cube イリセン 寒天お届け隊 山崎商店 各務製粉(有) パン工房トムソーヤ 豆腐の田内屋 株式会社 渡辺製麺 南信ヤクルト販売株式会社 信栄食品/ぎょうざのみせ さくら