Clicky

生きている海苔

生きている海苔 日本人の99.9%は、生きている海苔を食べたことがない。

「生きている海苔」は、海から摘みたての、新鮮な【生】の海苔をそのまま特殊な冷凍技術によって、長期保存できるようにした商品です。

口に含んだ瞬間、広がる磯の香り、そして「本当の海苔」の歯ごたえ。

これまで味わえなかった本当の海の”食感”と、旨み・香りをお楽しみ下さい。

通常通り開く

2月6日は 「海苔の日」節分に邪気を払い、立春を迎え、今日は海苔の日。日本古来から食べられてきた、海からの恵みに感謝します。
06/02/2017

2月6日は 「海苔の日」

節分に邪気を払い、立春を迎え、今日は海苔の日。

日本古来から食べられてきた、海からの恵みに感謝します。

2016年も生きている海苔をご愛顧くださり、誠にありがとうございました。今年は、ウミイグアナが生きている海苔を食べてくれたり、生きている海苔がクイズになった番組が放送されるなど、色々な出来事があった一方で、海苔が全国的に大不作の年でもありま...
29/12/2016

2016年も生きている海苔をご愛顧くださり、
誠にありがとうございました。

今年は、ウミイグアナが生きている海苔を食べてくれたり、
生きている海苔がクイズになった番組が放送されるなど、
色々な出来事があった一方で、海苔が全国的に大不作の年
でもありました。

海のチカラによって育まれる海苔。
私たちはそのいのちを大切に、採れたてをそのままに
皆さまの元へお届けできるよう、2017年も精進してまいります。

新海苔が採れるのももうすぐです。

皆さま、どうぞよいお年をお迎えくださいませ。

腸内フローラと海藻最近話題の腸内フローラ、ダイエット効果や色々な病気の抑制効果などが謳われているので気になる方も多いのではないでしょうか?スペックでは腸内細菌検査を手がけていますので、今後も注目していきたい分野です。さて、生きている海苔はス...
28/11/2016

腸内フローラと海藻

最近話題の腸内フローラ、ダイエット効果や色々な病気の抑制効果などが謳われているので気になる方も多いのではないでしょうか?
スペックでは腸内細菌検査を手がけていますので、今後も注目していきたい分野です。

さて、生きている海苔はスサビノリという海藻ですが、海藻を消化することができるのは日本人だけというのはご存知でしょうか?

これは海藻を分解できる腸内細菌の一つ「バクテロイデス・プレビウス」という細菌が日本人の腸内にいることによるものだそうです。

腸内細菌にも国民性があるとはなんとも面白い話です。
日本人の長寿の秘訣ももしかしたらこのあたりにヒントが有るのかもしれませんね。

腸内フローラを良くするためにも、ぜひ「生きている海苔」お召し上がり下さい。

「生きている海苔」はどうして食べてみないと わからないのか ~7~   「これは海苔ではありません。『生きている海苔』です」 田中たちが売りこみをかけるときに決まって切りだす言葉だ。そうは言ったって海苔は海苔でしょうと問いかける相手には「違...
09/11/2016

「生きている海苔」は
どうして
食べてみないと わからないのか
 
~7~
 
 
 「これは海苔ではありません。『生きている海苔』です」
 
田中たちが売りこみをかけるときに決まって切りだす言葉だ。
そうは言ったって海苔は海苔でしょうと問いかける相手には「違います」ときっぱり返す。
 
 
 「何が違うの」
 
 
 「乾かしても煮てもいない、獲れたままの海苔を召し上がったことはございますか」
 
 
 「そう言えば、ないね」
 
 
 「話は変わりますが、海を食べたことはございますか」
 
 
 「えっ、海なんて、どうやって食べられるの」
 
 
――それができるんです、どうぞここにございます。
 
 
 
 http://www.ikiteiru-nori.com/
 
 
おわり。

「生きている海苔」はどうして食べてみないと わからないのか ~6~  海苔が獲れるのは冬場のせいぜい四ヶ月。その収穫期のうちに生の海苔を冷凍する方法を見出せなければ、次の一年を待つしかなくなる。その間にも海苔漁師たちを取り巻く環境は厳しさを...
02/11/2016

「生きている海苔」は
どうして
食べてみないと わからないのか
 
~6~
 
 
海苔が獲れるのは冬場のせいぜい四ヶ月。
その収穫期のうちに生の海苔を冷凍する方法を見出せなければ、次の一年を待つしかなくなる。
その間にも海苔漁師たちを取り巻く環境は厳しさを増す。これは時間との闘いでもある。
 
真冬の小屋は極寒だった。湯呑みの茶は気付くと氷になっていた。
そのうえ何台もの冷凍機が並んでいる。
三人のマネージャーは夜更けまで実験を重ねた。
氷点下何度で凍らせるか、冷凍する速さはどうか、海苔にはどれだけの水分を残すか。
 
海苔漁師が"春の一夜吹き"と呼ぶ西風が鳴門海峡を駆けぬけるころ、
生きている海苔の実験は成功した。
  
大手企業が果たせなかった技術を、それも収穫期が終えないうちに掴むことができた。
考えうるすべての組み合わせを一つも漏らさず実験した。
大手メーカーとの差はそれだけだった。しかし、その差こそが決定的だった。
 
http://www.ikiteiru-nori.com/ 
 
 
つづく。
 

「生きている海苔」はどうして食べてみないと わからないのか ~5~  生のままでは流通させられないほどに、海苔は繊細なのだった。だから、生のまま海苔を食べられるのは、まず漁師に限られている。   「冷凍したらええんちゃうん」 田中は食い下が...
26/10/2016

「生きている海苔」は
どうして
食べてみないと わからないのか
 
~5~
 
 
生のままでは流通させられないほどに、海苔は繊細なのだった。
だから、生のまま海苔を食べられるのは、まず漁師に限られている。
 
  「冷凍したらええんちゃうん」
 
田中は食い下がったが、おっちゃんはそのあたりの事情も知っていた。
 
 「大手のメーカーや研究所も挑戦したけど、軒並みあかんかったわ。無理じゃ」
 
生の海苔はそれほどまでに扱いの難しいものだった。
慎重に冷凍をかけても、最新鋭の機器を使っても、細胞が壊れ、色は落ち、味は台無しになってしまう。
 
田中はひるまなかった。
三人のマネージャーも同じだった。
その日から、生きている海苔を冷凍する研究が始まった。
手始めに大学などの研究機関に海苔を送り、本当に冷凍できないのかを確かめた。
やはりだめだった。「ほれ、見たことか」と、おっちゃんは呆れた。
自分たちの手で解決するしか方法はなかった。
 
実験の舞台は、港を望む小屋の中だった。
冷凍など無理と繰り返していたはずの賀川のおっちゃんが、自分の作業小屋を貸してくれた。
おっちゃんこそ心の底では「生の海苔のおいしさを知らん人に、なんとか食べさせてあげたい」
と願っていた。
この味を多くの人にわかってもらえれば、どれだけ海苔漁師の励みになるか―――。
 
 
http://www.ikiteiru-nori.com/ 
 
 
つづく。

「生きている海苔」はどうして食べてみないと わからないのか ~4~  田中が、続いて三人のマネージャーが、かわるがわる口にした。その皆が飛び上がった。言葉がすぐに出ない。田中は思った。「いま僕らは、海を食べている」。磯の香りどころではなかっ...
19/10/2016

「生きている海苔」は
どうして
食べてみないと わからないのか
 
~4~
 
 
田中が、続いて三人のマネージャーが、かわるがわる口にした。
その皆が飛び上がった。
言葉がすぐに出ない。
田中は思った。「いま僕らは、海を食べている」。
磯の香りどころではなかった。自分が海と一体になった、そんな錯覚すら抱いた。
 
 
「海を食べる」なんて初体験だった。
 
 

海苔漁の盛んな徳島で田中は生まれ育っていたが、この味は決して知りえなかったものだった。
傍らにいる賀川のおっちゃんがほほえむ。
 
 

 「海苔をつくっとるもんしか、まず手に入らんけんな」
 
 

 「おっちゃん、これを商品化すればええやん。なんで教えてくれんかったん」 
 

おっちゃんの顔が、今度は曇った。
 
 

 「いや、それができんから、言わんかった」
 
 
 「なんで、商品にできんの」
 
 
 「保存がきかん。一日置いたら、もうだめじゃ」
 
 
収穫した海苔をその日のうちに漁師が板海苔にまで加工してしまう慣わしなのは、
つまり、そういうことだった。
  
http://www.ikiteiru-nori.com/ 
 
 
つづく。

「生きている海苔」はどうして食べてみないと わからないのか ~3~  マネージャーたちは知恵を絞ったし、市場の動きも調べに調べた。真四角の板海苔の形を変えることも考え、ほかの食材と合わせる手はないか検討もした。しかし、どれも大手どころの海苔...
12/10/2016

「生きている海苔」は
どうして
食べてみないと わからないのか
 
~3~
 
 
マネージャーたちは知恵を絞ったし、市場の動きも調べに調べた。
真四角の板海苔の形を変えることも考え、ほかの食材と合わせる手はないか検討もした。
しかし、どれも大手どころの海苔会社がやり尽くしたことだった。
そして、そのほとんどは成功作となりえていなかった。
後発もいいところの地方企業が素人考えで仕掛けたところで、うまくいくはずがないのは明らかだった。
 
 

田中と三人のマネージャーは、賀川のおっちゃんの許を再び訪ねた。
行き詰ったいま、手練の漁師であるおっちゃんの声を聞きたかった。
  

 「漁師からしたら、海苔ってどうやって食べるんが、いちばんおいしいと思うん」
 
 
おっちゃんはこともなげに答えた。 
 

 「生じゃ。獲れたていちばんの、生の海苔を食うてみい」
 
 
台所に消えたおっちゃんは、その朝に獲れた海苔をそのまま一掴みして、
そこに旬の橙(だいだい)をぎゅうっと絞り、砂糖を振りいれ、しょうゆを垂らした。
ひと混ぜすれば、それで、でき上がりだった。
 
http://www.ikiteiru-nori.com/ 
 
 
つづく。

「生きている海苔」はどうして食べてみないと わからないのか ~2~  大人になった田中は、食品衛生検査会社の社長となっていた。その田中におっちゃんが言うには、海苔漁は年を追うごとに厳しさを増しているそうだ。海苔の需要は減りつつあって、卸値は...
05/10/2016

「生きている海苔」は
どうして
食べてみないと わからないのか
 
~2~
 
 
大人になった田中は、食品衛生検査会社の社長となっていた。
その田中におっちゃんが言うには、海苔漁は年を追うごとに厳しさを増しているそうだ。
海苔の需要は減りつつあって、卸値は溜息しか出ないほどに下がり、
海苔を育てる費用や船の燃油代はかさむ一方だった。
なにより後継者が見当たらない。
 
 
田中は「僕らが協力するから」と告げた。
食品検査でつちかった技術をもって、賀川のおっちゃん、ひいては徳島の海苔漁師たちの
一助となれればとの思いだった。
 
 
コストをかけずに海苔を育てる手立てはないかと、田中は動きはじめた。
だが、すぐに壁に突き当たる。
海上での実験ひとつ試みるのも、規制やらなにやらで困難を極めた。
田中は別の筋道を探ることにした。
ならば海苔の価値を高めるような全く新しい商品を発案しよう、と考えた。
田中が経営する会社は食品メーカーではない。
一般消費者向けの商品を手掛けた実績はなかった。
それでも、徳島の海苔漁師のために一肌脱ぐのが役目だから、と、ためらいはなかった。
若い三人のマネージャーが田中の声に呼応して、商品の開発を担うことになった。

http://www.ikiteiru-nori.com/
 
 
つづく。
 

「生きている海苔」はどうして食べてみないと わからないのか ~1~ 賀川のおっちゃんは海苔の漁師だ。 鮨食いを自認する人なら、おっちゃんの海苔をどこかで口にしているかもしれない。海苔の漁師というのは、海苔を育て、獲り、一枚ごとの板海苔に仕上...
28/09/2016

「生きている海苔」は
どうして
食べてみないと わからないのか
 
~1~
 
賀川のおっちゃんは海苔の漁師だ。
 
鮨食いを自認する人なら、おっちゃんの海苔をどこかで口にしているかもしれない。
海苔の漁師というのは、海苔を育て、獲り、一枚ごとの板海苔に仕上げるまでを仕事としている。
そのあたりが魚を獲る漁師と違う。
賀川のおっちゃんがつくりあげた板海苔は、香りからしてすばらしい。
東京をはじめとした一線級の鮨屋から指名のかかる特別な海苔として、その道ではよく知られている。
 
おっちゃんは今年で七十四歳を迎える。
徳島の長原という港町で海苔漁師となって半世紀が経った。
おっちゃんは研究熱心だった。
海苔をよりおいしく育てるため、文献をあさり、大学教授の許に通いもした。
育った海苔をきれいにすくいあげて収穫する船を発案して、わざわざ船会社に造らせたこともあった。
 
そんな賀川のおっちゃんが、「海苔の漁、もうあかんわ」と漏らした。
 
この言葉を田中達也が聞いたのは、七年前のことだった。
ふたりは旧知の仲だった。
おっちゃんよりも三十歳ほど年下である田中は、
少年のころからずっと、おっちゃんの颯爽とした姿にあこがれていた。
おっちゃんの顔が沈むのを、田中は初めてその目で見た。
 
 
 
つづく。

<夏の漁師、アナゴをさばく>「これみてみ〜! こんなアナゴ食うた事あるか〜!?ちょっと味付けして煮た後になー、焼いて食うたらうまいぞー!ほらお前ー、みなビックリさせたるわ〜!!」不必要なドデカイ声、波の音をかき消すほどです。生きている海苔 ...
11/08/2016

<夏の漁師、アナゴをさばく>

「これみてみ〜! こんなアナゴ食うた事あるか〜!?
ちょっと味付けして煮た後になー、
焼いて食うたらうまいぞー!
ほらお前ー、みなビックリさせたるわ〜!!」

不必要なドデカイ声、波の音をかき消すほどです。

生きている海苔 敏鎌

  「海苔って万能!」私たちが慣れ親しんでいる「旨み」には、グルタミン酸(昆布に含まれるうまみ成分)やイノシン酸(かつおぶしに含まれるうまみ成分)やグァニル酸(しいたけのだし汁に含まれるうまみ成分)などがありますね。なんと、これらの旨みをす...
13/06/2016

  「海苔って万能!」

私たちが慣れ親しんでいる「旨み」には、

グルタミン酸(昆布に含まれるうまみ成分)や
イノシン酸(かつおぶしに含まれるうまみ成分)や
グァニル酸(しいたけのだし汁に含まれるうまみ成分)
などがありますね。

なんと、これらの旨みをすべて含んでいる天然食品は、
海苔以外にないといわれています。

徳島発「生きている海苔」は、1年を通して皆様の食卓にお届けできるよう、開発されました。

海と太陽の恵みが生んだ徳島の味を、どうぞお楽しみください。

「浜干し海苔」って何?海から摘みたての生海苔を、無添加でそのまま乾燥させています!漁師さん手作りの、旨味と香りが凝縮された徳島の海の恵みです。使い勝手も良く、普段食べている海苔とはまた違った味わいが楽しめます。今回は、ホタテと浜干し海苔の炊...
12/05/2016

「浜干し海苔」って何?

海から摘みたての生海苔を、無添加でそのまま乾燥させています!

漁師さん手作りの、旨味と香りが凝縮された徳島の海の恵みです。
使い勝手も良く、普段食べている海苔とはまた違った味わいが楽しめます。

今回は、ホタテと浜干し海苔の炊き込みごはんです。
地元のおばあちゃん手作りの、たくあんの古漬けと
らっきょう漬けも添えてみました。

食べると笑顔がこぼれ出す、徳島の海の恵み丸ごと頂ける
生きている海苔の姉妹品「浜干し海苔」を、是非お試しください!

「生きている海苔」ラジオ出演します!4月27日(水)15:15~15:30KBS京都のラジオ「チキチキ・遠藤・Nami乗りジョニー」(毎週水曜14~17時)の「くいしんぼ美人バンザイ」のコーナーで登場します!ありがたい事です。京都にはたくさ...
25/04/2016
チキチキ・遠藤 Nami乗りジョニー

「生きている海苔」ラジオ出演します!



4月27日(水)15:15~15:30

KBS京都のラジオ
「チキチキ・遠藤・Nami乗りジョニー」(毎週水曜14~17時)の「くいしんぼ美人バンザイ」のコーナーで登場します!

ありがたい事です。京都にはたくさんのご縁を頂いております。
京都市内の料亭さんはじめ、生きている海苔の「海の香り」を
大切に扱っていただいている皆さま、いつも本当にありがとう
ございます!


http://www.kbs-kyoto.co.jp/radio/jo/

再会出来る日を待っています!イズー(体感型動物園 iZoo)様ウミイグアナさんの住居が、快適な環境に整えられ新鮮な生海苔をモリモリ食べて、すくすくと育ってくれる事をスタッフ一同、心から応援しております。
25/03/2016

再会出来る日を待っています!



イズー(体感型動物園 iZoo)様

ウミイグアナさんの住居が、快適な環境に整えられ
新鮮な生海苔をモリモリ食べて、すくすくと育ってくれる事を
スタッフ一同、心から応援しております。

「生きている海苔」の衛生管理。製造現場への入室前には、マニュアルに従い丁寧に身志度を行っています。出来上がりの製品については、全てのLOTナンバーごとに細菌検査、細胞状態の確認を実施しています。安心安全な製品をお届けするために徹底した衛生管...
07/03/2016

「生きている海苔」の衛生管理。

製造現場への入室前には、マニュアルに従い丁寧に身志度を行っています。

出来上がりの製品については、全てのLOTナンバーごとに細菌検査、細胞状態の確認を実施しています。

安心安全な製品をお届けするために徹底した衛生管理を行っています。

どうぞ、取れたての新鮮な日本の味をお召し上がりください。

「生きている海苔」旬のコラボ。春の気配が少しずつ感じられるようになってきましたが、まだまだ冷え込む日が続いております。海苔の品質にとっては最適な状況ですが、工場の職員にとっては本当に過酷です。こんな日の昼食には、贅沢な逸品が振る舞われます!...
29/02/2016

「生きている海苔」旬のコラボ。

春の気配が少しずつ感じられるようになってきましたが、まだまだ冷え込む日が続いております。
海苔の品質にとっては最適な状況ですが、工場の職員にとっては本当に過酷です。

こんな日の昼食には、贅沢な逸品が振る舞われます!

この日は旬の牡蠣をたっぷり使ったご馳走です!
冷え切った体に、温かい海苔飯・海苔汁がしみわたります。

お待たせしました!「生きている海苔」製造開始いたしました。今期、全国的に海苔漁が不作に陥っている中、決してあきらめない徳島の海苔漁師たちに支えられ、無事新海苔の仕入を行うことが出来ました。この貴重な海苔を新鮮な状態でお届けできるようにと、低...
22/02/2016

お待たせしました!

「生きている海苔」製造開始いたしました。

今期、全国的に海苔漁が不作に陥っている中、決してあきらめない徳島の海苔漁師たちに支えられ、無事新海苔の仕入を行うことが出来ました。

この貴重な海苔を新鮮な状態でお届けできるようにと、低温管理された環境でも真剣なまなざしで作業を行っています。

製造の状況は、随時お知らせいたします。
どうぞお楽しみに(^^)

2月6日は「海苔の日」今週は知る人ぞ知る、海苔ウィークです。2月に入り、節分・立春を経て、本日は「海苔の日」です。702(大宝元)年1月1日(新暦2月6日)に大宝律令が施行され、その中で海苔が産地諸国の物産の一つとして年貢に指定されました。...
06/02/2016

2月6日は「海苔の日」

今週は知る人ぞ知る、海苔ウィークです。
2月に入り、節分・立春を経て、本日は「海苔の日」です。

702(大宝元)年1月1日(新暦2月6日)に大宝律令が施行され、
その中で海苔が産地諸国の物産の一つとして年貢に
指定されました。
また、この時期に海苔の生産の最盛期を迎えることから、
2月6日を「海苔の日」と定められたのです。

海苔漁師が丹精込めて作った、
栄養満点の海苔を、どうぞお召し上がりください。

1/29(金)19:30~ チャンネルはNHK 「四国対抗しこクイズ」に当社が登場します。四国の魅力満載です!視聴者もクイズに参加する番組です。ぜひご覧になり、ご参加ください!
23/01/2016
四県対抗しこクイズ | NHK松山放送局

1/29(金)19:30~ チャンネルはNHK 

「四国対抗しこクイズ」に当社が登場します。


四国の魅力満載です!
視聴者もクイズに参加する番組です。
ぜひご覧になり、ご参加ください!

四国四県から四国を愛してやまない、選りすぐりのメンバーが集結!'四国への愛'をクイズで競い合う。

世界で初めて「ガラパゴスウミイグアナ」の展示をされている体感型動物園 iZoo【イズー】様よりの投稿です。通常イグアナは陸上で生活しますが、食料の乏しい海洋諸島に生息するウミイグアナは、岩場の海藻を食べるために潜水能力を身につけたと言われて...
13/01/2016

世界で初めて「ガラパゴスウミイグアナ」の展示をされている
体感型動物園 iZoo【イズー】様よりの投稿です。
通常イグアナは陸上で生活しますが、食料の乏しい海洋諸島に生息するウミイグアナは、岩場の海藻を食べるために潜水能力を身につけたと言われています。
まさにガラパゴス化の代表選手です。

 iZoo【イズー】では、ウミイグアナが新鮮な「生きている海苔」を美味しそうに食べる姿を見る事ができます。

iZooの人気種の一つ、ウミイグアナは日中のほとんどを日光浴をして過ごします。ウミイグアナには徳島県産と千葉県産の生海苔を毎日朝9時頃に与えます。口の周りを海苔だらけにしながら貪欲に食べます。『血が出てる~』と言われる方がいらっしゃいますが生海苔なのでご心配なく。
日本は海藻食文化のある世界的にも珍しい国です。新鮮な海藻が入手出来るのでウミイグアナを健康に飼育することが可能なのです。

我々生きている海苔スタッフ一同は、来年も皆様に海の恵みをお届けできるよう海苔漁師の皆様と共に、誠心誠意努力する所存です。徳島の海苔は漁師さんのたゆまぬ努力により、ようやく育ち始めました。新海苔を楽しみにお待ちください。来年も相変わらぬご愛顧...
30/12/2015

我々生きている海苔スタッフ一同は、
来年も皆様に海の恵みをお届けできるよう
海苔漁師の皆様と共に、誠心誠意努力する所存です。

徳島の海苔は漁師さんのたゆまぬ努力により、ようやく育ち始めました。
新海苔を楽しみにお待ちください。

来年も相変わらぬご愛顧を頂けますようお願い申し上げて、
歳末のご挨拶とさせて頂きます。
良いお年をお迎えくださいませ。

「海のチカラ」今年は海に力がない、と漁師は言います。実は今年の海苔漁は全国的に大不作。ここ数十年で最悪の収穫量になりそうだとか。海水温の高さが主な原因。海へと繋がる山や川の環境変化が、海の力を弱くしているのかもしれません。一方、日本の海苔の...
22/12/2015

「海のチカラ」

今年は海に力がない、と漁師は言います。

実は今年の海苔漁は全国的に大不作。ここ数十年で最悪の収穫量になりそうだとか。

海水温の高さが主な原因。海へと繋がる山や川の環境変化が、海の力を弱くしているのかもしれません。

一方、日本の海苔の生産減少に伴い、韓国海苔が大量に輸入される事態が発生しています。
神話の時代から食べ親しんできた日本の海苔は、このままなくなってしまうのか・・・

「海に力がない」という漁師の言葉は、我々にとっても無関心ではいられない重要なメッセージだと感じます。

「日本の海でとれた、おいしい海苔が食べたい。」
僕らは四国徳島の漁師さん達を応援しています。

日本の海の香りを届けます。

こんにちは!「生きている海苔」です。今回は、徳島県の海苔養殖場のご紹介です。海苔漁はこれからが最盛期を迎えます。この時期沖合いの海面には沢山の海苔網が張られ、漁師たちは身を切るような冷たい海の上で作業を行います。凛とした環境でこそ、健康で美...
16/12/2015

こんにちは!「生きている海苔」です。

今回は、徳島県の海苔養殖場のご紹介です。

海苔漁はこれからが最盛期を迎えます。
この時期沖合いの海面には沢山の海苔網が張られ、漁師たちは身を切るような冷たい海の上で作業を行います。
凛とした環境でこそ、健康で美味しい海苔が育つのです。

生きている海苔として選ばれているのは、一級水系吉野川から注ぎ込む栄養豊富な淡水と、鳴門海峡からの潮流がバランスよく混ざり合う海域で育った黒海苔です。

海苔は、たんぱく質、食物繊維、ビタミン、カルシウム、EPA、タウリン、ベーターカロテン、アミノ酸などミネラルが豊富に含まれています。
栄養に富み、古より日本人の健康維持にも一役買っています(^^)

こんにちは!「生きている海苔です」あらためましてのご紹介です。生きている海苔という名前の由来は、文字通り細胞が「生きている」からなのです。採れたての鮮度の良い細胞達はみずみずしく本当に美しい!!まずは、生でお召し上がりください。
24/11/2015

こんにちは!
「生きている海苔です」

あらためましてのご紹介です。

生きている海苔という名前の由来は、
文字通り細胞が「生きている」からなのです。

採れたての鮮度の良い細胞達はみずみずしく本当に美しい!!

まずは、生でお召し上がりください。

こんにちは!「生きている海苔」です。11月8日には、こよみの上では立冬を迎えこれから本格的に寒くなってまいりますね。徳島県吉野川河口域では、今はまだ赤ちゃんのような海苔が、寒さと共に元気に育ち始めます。「生きている海苔」として収穫できる時期...
11/11/2015

こんにちは!「生きている海苔」です。

11月8日には、こよみの上では立冬を迎え
これから本格的に寒くなってまいりますね。

徳島県吉野川河口域では、今はまだ赤ちゃんのような海苔が、
寒さと共に元気に育ち始めます。

「生きている海苔」として収穫できる時期まで
今しばらくお待ちください。

今年も皆さまに新海苔がお届け出来る事を楽しみに
しております。

「生きている海苔秘話」
納品時に同封させていただいております。

ご注文はこちらで ⇓ お待ちしております!

http://www.ikiteiru-nori.com/

こんばんは。 「生きている海苔」です!最近は、朝晩が寒くなりましたね。ついこの前までは、冷やしそうめん を食べていたと思っていたのに、今では、温ったかい にゅうめん など食べたくなりますね。今夜は、浜干し入りのにゅうめんを作りました。そうめ...
14/10/2015

こんばんは。
 「生きている海苔」です!

最近は、朝晩が寒くなりましたね。

ついこの前までは、冷やしそうめん を
食べていたと思っていたのに、
今では、温ったかい にゅうめん など
食べたくなりますね。

今夜は、浜干し入りのにゅうめんを作りました。
そうめんは、もちろん徳島ならではの太目麺の半田そうめん。
あったかいダシに、徳島産浜干し海苔の香りがたまりません!
体もポカポカ、元気になります。

みなさまも是非、お試しください。

浜干し海苔のお求め先はこちらです!

http://www.ikiteiru-nori.com/

こんばんは!「生きている海苔」です。耳を澄ますと、虫たちの鳴き声が心地よく秋が近づいているのが感じられますね。今夜は海苔鯛めしを炊いてみました。ありがたい事です、徳島は海苔も鯛も不自由なく手に入る自然豊かな恵まれた地域です。県外のみなさま、...
04/09/2015

こんばんは!「生きている海苔」です。

耳を澄ますと、虫たちの鳴き声が心地よく
秋が近づいているのが感じられますね。

今夜は海苔鯛めしを炊いてみました。
ありがたい事です、徳島は海苔も鯛も
不自由なく手に入る自然豊かな
恵まれた地域です。

県外のみなさま、どうぞ遊びにお越しください(^^)

http://tokushima.keizai.biz/headline/349/こんばんは!「生きている海苔」です。今回は、こんな嬉しいお知らせです!ウミイグアナさん!たくさん食べて大きくな~れ!!
26/08/2015
徳島産の生ノリ、ウミイグアナを救う 日本初の飼育展示支える

http://tokushima.keizai.biz/headline/349/

こんばんは!「生きている海苔」です。

今回は、こんな嬉しいお知らせです!

ウミイグアナさん!たくさん食べて大きくな~れ!!

徳島の食品衛生コンサル会社「スペック」(川内町沖島85)が加工・販売を手掛ける「生きている海苔(ノリ)」が現在、ウミイグアナの食を支えている。

こんばんは。「生きている海苔」です!生きている海苔が生まれた徳島では、県外から沢山のお客様が訪れてくださる阿波踊りウィークに突入しました。暑さは、踊りの熱気も相まって絶頂を迎えます。そんな中、寒さ厳しい真冬に収穫された「生きている海苔」は縁...
10/08/2015

こんばんは。
「生きている海苔」です!

生きている海苔が生まれた徳島では、
県外から沢山のお客様が訪れてくださる
阿波踊りウィークに突入しました。
暑さは、踊りの熱気も相まって絶頂を迎えます。

そんな中、寒さ厳しい真冬に収穫された「生きている海苔」は
縁の下の力持ち!
企業連として毎年参加していますスペック連の出陣前の腹ごしらえには、海苔飯むすび、と、海苔卵焼きが、踊り期間中の元気の源なのです。

栄養素たっぷりの生海苔が、真夏の暑さにも耐えられる健康な体作りに役立っています!

どうぞ皆さまも、おさしみ海苔で、または三杯酢で、冷やしそうめんの薬味にと思いのままお試しくださいね。

本日より3日間、東京ビッグサイトで「スーパーマーケットトレードショー」が開催されます。生産者グループ「若士」&「農家ソムリエーズ」のブースでは徳島の逸品をご案内しております。もちろん生きている海苔もございます!!是非是非お立ち寄りくださいま...
10/02/2015

本日より3日間、東京ビッグサイトで「スーパーマーケットトレードショー」が開催されます。

生産者グループ「若士」&「農家ソムリエーズ」のブースでは徳島の逸品をご案内しております。
もちろん生きている海苔もございます!!

是非是非お立ち寄りくださいませ。

こんばんは!「生きている海苔」です。徳島のソウルフード「そば米汁」にも生きている海苔ブランドの ”  浜干し海苔 ”
08/02/2015

こんばんは!「生きている海苔」です。

徳島のソウルフード「そば米汁」にも

生きている海苔ブランドの ” 浜干し海苔 ”

「生きている海苔」です!2月6日「海苔の日」に、みなさんは海苔を召し上がりましたか?白みそ仕立ての「生きている海苔」とお豆腐のお味噌汁です。
06/02/2015

「生きている海苔」です!

2月6日「海苔の日」に、みなさんは海苔を召し上がりましたか?

白みそ仕立ての
「生きている海苔」とお豆腐のお味噌汁です。

こんばんは!「生きている海苔」です。明日、2月6日は「海苔の日」なのです。「大宝律令」 が施行された大宝2年1月1日に海苔が産地諸国の名産として年貢に指定されました。西暦に換算すると702年2月6日となります。この出来事を元に、1966年、...
05/02/2015

こんばんは!「生きている海苔」です。

明日、2月6日は「海苔の日」なのです。

「大宝律令」 が施行された大宝2年1月1日に
海苔が産地諸国の名産として年貢に指定されました。
西暦に換算すると702年2月6日となります。
この出来事を元に、1966年、全国海苔貝類漁業協同組合が、
海からの贈り物である海苔に対する感謝の気持を込めて、
毎年2月6日を「海苔の日」と定めました。

みなさん、明日は是非、海苔を召し上がってくださいね。

~~海苔料理紹介~~
☆生きている海苔天ぷら
☆浜干し海苔卵焼き
☆ヒイカと生きている海苔炊き込みごはん

海苔に含まれるβカロテンは、油と一緒に摂ることで
吸収率が10倍になります。
海苔天ぷらも海苔卵焼きも相性バツグンです!
食物繊維豊富な海苔を食べて
元気な毎日を過ごしましょう!

住所

川内町沖島85-1
Tokushima-shi, Tokushima
771-0142

電話番号

088-666-3850

ウェブサイト

http://www.ikiteiru-nori.com/

アラート

生きている海苔がニュースとプロモを投稿した時に最初に知って当社にメールを送信する最初の人になりましょう。あなたのメールアドレスはその他の目的には使用されず、いつでもサブスクリプションを解除することができます。

飲食サービス付近


その他 Tokushima-shi 飲食サービス

すべて表示