Clicky

株式会社ワイン・ラボ

株式会社ワイン・ラボ フランスワインの輸入・卸 Wine-Labo ワイン・ラボ フランスワインの輸入・卸 Wine-Labo ワイン・ラボです。ローヌ地方、ボルドー地方、ブルゴーニュ地方、アルザス地方、南仏からこだわりの少量生産ワインを輸入、全国に向けて卸販売しております。

通常通り開く

ジャン・ジョスラン#1-4 オーダス・ロゼ NVAOC Champagneピノ・ノワール100%単一収穫年のピノ・ノワール100%、瓶内熟成期間が15か月、既定の36ヶ月に満たない為N.V.でリリースされる。醸造責任者ジャン・フェリックスは...
29/03/2022

ジャン・ジョスラン
#1-4 オーダス・ロゼ NV
AOC Champagne
ピノ・ノワール100%

単一収穫年のピノ・ノワール100%、瓶内熟成期間が15か月、既定の36ヶ月に満たない為N.V.でリリースされる。醸造責任者ジャン・フェリックスは、自身の作品の中でこのロゼに一番のこだわりを持つ。

自然の重みだけで出てくるフリーラン果汁をふんだんに使用し贅沢に造る。
香りは落ち着きのあるイメージ。
口に含めば、まるで新鮮なイチゴやスイカを口にしたような、柔らかくナチュラルな果汁のテイスト。
さらに、やまもも、すぐり、木苺、ラズベリーのような、赤くて小さい果物特有の甘酸っぱく凝縮されたイメージのテイストもやってくる。
泡の粒は小さく存在感は控えめ、このワインが持つ独特の果物の優しいニュアンスを邪魔しないように、静かにゆっくりと液面へと泳ぎ続ける。

ジャン・フェリックスの表現したいピノ・ノワールの「優しさ」を感じる、どこか心を和ませてくれる柔らかいロゼ・シャンパーニュ。

ジャン・ジョスラン#1-3 ドゥセール・ドゥ・ローブ NVドゥミ・セックAOC Champagneピノ・ノワール100%(2VTのブドウがブレンド、瓶内熟成期間約30か月)キュヴェ名の"Douceur de l'Aube"とは、"夜明けの甘...
18/03/2022

ジャン・ジョスラン
#1-3 ドゥセール・ドゥ・ローブ NV
ドゥミ・セック
AOC Champagne
ピノ・ノワール100%(2VTのブドウがブレンド、瓶内熟成期間約30か月)

キュヴェ名の"Douceur de l'Aube"とは、"夜明けの甘み"という意味、新しい甘口シャンパーニュを造るという生産者の意気込みが感じられる。
また生産地のAubeと夜明けのAubeをかけていて生産者の遊び心が見て取れる。

新しいのはそのドゥミセックとしての立ち位置で、残糖は32g。限りなくセックに近い、お料理とも合わせやすいドゥミセック。

香りの第一印象はフレッシュ。舌に乗せないうちから酸味の存在感が見え隠れする。
口に含めば、スタートは線の細い「ミネラル」と「酸」、両者が相まってシンプルで綺麗なテイストを織りなし始める。甘みの存在感は最初は感じにくく、後半になると静かにやってくる。あくまで横に沿うような優しい甘さ。
口中から無くなっていくにつれて、徐々に「鋭角→丸み」と印象を変えていく。最後の余韻には、「ドゥミ・セックを飲んだ後」と分からないほどの軽いタッチの残り香。

試飲会開催のご案内この度、ワイン・ラボとして大阪で初の単独の試飲会を開催することなりました。今回は6-8種類のミニ試飲会となります。これからの季節のおススメワインを出展させて頂きます。4月には20種類程度の試飲会を改めて開催させて頂く予定と...
10/03/2022

試飲会開催のご案内

この度、ワイン・ラボとして大阪で初の単独の試飲会を開催することなりました。
今回は6-8種類のミニ試飲会となります。
これからの季節のおススメワインを出展させて頂きます。

4月には20種類程度の試飲会を改めて開催させて頂く予定となっております。
尚、3月の会と4月の会では違う銘柄を出展させて頂きます。

【日時】2022年3月24日(木)
《事前予約制》
第1部:12時00分-13時30分
第2部:14時00分-15時30分
【会場】Nuage Japon
〒550-0002 大阪市福島区5丁目6-13 1F

※昨今の社会状況を鑑みて会の延期、中止の可能性がございます。
※今回は業界向けの試飲会となっております。一般の方の参加はご遠慮ください。
※お時間帯の調整をお願いする場合がございます。

ご予約は店名、ご担当者様名、人数、電話番号、参加ご希望のお時間を記載の上、下記にご連絡ください。

[email protected]

ジャン・ジョスラン#1-2 アリアンス NVAOC Champagneピノ・ノワール70%、シャルドネ30%(2014年単一収穫年、瓶内熟成期間は約30か月、既定の36ヶ月に満たない為N.V.でリリース)2010年代に新たにリリースされたキ...
08/03/2022

ジャン・ジョスラン
#1-2 アリアンス NV
AOC Champagne
ピノ・ノワール70%、シャルドネ30%(2014年単一収穫年、瓶内熟成期間は約30か月、既定の36ヶ月に満たない為N.V.でリリース)

2010年代に新たにリリースされたキュヴェ。
キュヴェ名"Alliance"は結婚、同盟、提携など2つ以上のものが結びつくことを意味する。

ピノ・ノワール単一でシャンパーニュを仕上げるジャン・ジョスランにとって、シャルドネとピノ・ノワールが手を組むことへの特別な意味を表す。

また、父ピエールと息子のフェリックスの2人の合作という意味も込めており、常に現状に満足せず挑戦を続けていくというメゾンの姿勢も見て取れる。

香りは花梨やミント、レモンなどととにかく爽やかなイメージ。
口に含めば、泡は繊細でクリームような密度を持って舌を包む。
香りの爽やかさは少し印象を変え、立体感のある蜜の味が体つきを仄かに柔らかくする。
天然の湧水の甘さを味わっているような、ナチュラルな清々しさを持ったシャンパーニュ。

05/03/2022

ジャン・ジョスラン
#1-1 キュヴェ・デ・ジャン NV
AOC Champagne

1950年代にメゾンが初めて生み出して以来、ジョスラン家が守り続けてきたスタンダードキュヴェ。
エチケットのブドウの茎は、家族の絆、ファミリーツリー、人と人の大事な繫がりを表しています。
ピノ・ノワール100%、瓶内熟成30か月。
醸造責任者ジャン・フェリックスは、ピノ・ノワール主体で仕上げる彼のシャンパーニュ造りの土台をこのキュヴェに置きます。
口に含むと柔らかい泡の感触が舌に乗ってくるのと同時に、味わいのファーストタッチが入ってきて
「スマートな酸」「優しいミネラル」が感じられ、シャープな表情が⾒えます。
口中での後半の味わいは、酸はスマートなものから「ジワっと滲むような旨み」に少しずつ変わり、柔らかモードに。
「優しいミネラル」は「果物本来のナチュラルな旨味」に徐々に移っていき、口中から無くなる時、
その旨みに存在感のある酸が溶けて一緒に舌の中へ沈んでいき、最後は黒ブドウらしい味わいの円さが印象強く残ります。

ジャン・ジョスラン#1-1 キュヴェ・デ・ジャン NVAOC Champagne 1950年代にメゾンが初めて生み出して以来、ジョスラン家が守り続けてきたスタンダードキュヴェ。エチケットのブドウの茎は、家族の絆、ファミリーツリー、人と人の大...
04/03/2022

ジャン・ジョスラン
#1-1 キュヴェ・デ・ジャン NV
AOC Champagne

1950年代にメゾンが初めて生み出して以来、ジョスラン家が守り続けてきたスタンダードキュヴェ。
エチケットのブドウの茎は、家族の絆、ファミリーツリー、人と人の大事な繫がりを表しています。
ピノ・ノワール100%、瓶内熟成30か月。
醸造責任者ジャン・フェリックスは、ピノ・ノワール主体で仕上げる彼のシャンパーニュ造りの土台をこのキュヴェに置きます。
口に含むと柔らかい泡の感触が舌に乗ってくるのと同時に、味わいのファーストタッチが入ってきて
「スマートな酸」「優しいミネラル」が感じられ、シャープな表情が⾒えます。
口中での後半の味わいは、酸はスマートなものから「ジワっと滲むような旨み」に少しずつ変わり、柔らかモードに。
「優しいミネラル」は「果物本来のナチュラルな旨味」に徐々に移っていき、口中から無くなる時、
その旨みに存在感のある酸が溶けて一緒に舌の中へ沈んでいき、最後は黒ブドウらしい味わいの円さが印象強く残ります。

こんにちは、ワイン・ラボです。3月に入り日中は暖かくなりましたね。今回からワイン・ラボが扱う生産者、ワインを一つずつ紹介していきます。#1第1回目はシャンパーニュの生産者ジャン・ジョスラン。シャンパーニュの南部コート・デ・バールのセーヌ・ヴ...
02/03/2022

こんにちは、ワイン・ラボです。
3月に入り日中は暖かくなりましたね。
今回からワイン・ラボが扱う生産者、ワインを一つずつ紹介していきます。

#1
第1回目はシャンパーニュの生産者ジャン・ジョスラン。

シャンパーニュの南部コート・デ・バールのセーヌ・ヴァレーに位置しており、シャブリに近く、土壌はキンメリジャンを含む肥沃な土壌です。
ジャン・ジョスランの畑は1854年に開墾され、1957年よりシャンパーニュの生産が始まりました。
家族経営の小さな造り手で全体の80%以上がピノ・ノワール。
自然環境に配慮した醸造と栽培を行う生産者の団体”テラ・ヴィティス”に所属(フランスで5%の生産者のみ加入)。
現当主ジャン・ピエール(写真左端)の息子ジャン・フェリックス(写真右から2番目)が、30代前半にしてシャンパーニュ造りのすべてを任せられています。
「どんな味わいに仕上げるか」を考えるのも、ジャン・フェリックスの最も大事な仕事の一つです。
物静かで落ち着いた雰囲気の彼は、理想のテイストを彼の短い言葉で表す時、
シンプルに「酸」「ミネラル」「清涼感」というキーワードが出てきます。

次回からは、彼の作品である各キュヴェを一つずつ紹介していきます。

お取引先様各位本日12/29 年内最終の出荷日です。今年一年も、ワインを通じて 繋がり、喜び、笑い、成長の機会、沢山のものを頂きました。年始は1/5(水)出荷スタートです。新しい一年もまた、皆さまにとって幸多き一年になりますように。株式会社...
29/12/2021

お取引先様各位

本日12/29 年内最終の出荷日です。

今年一年も、ワインを通じて 繋がり、喜び、笑い、成長の機会、沢山のものを頂きました。

年始は1/5(水)出荷スタートです。
新しい一年もまた、皆さまにとって幸多き一年になりますように。

株式会社ワイン・ラボ

12/10/2021

こんにちは、ワイン・ラボです。
空気感は秋ですが、まだまだ暑い日々が続いていますね。
皆様いかがお過ごしでしょうか。
緊急事態宣言も緩和されワインを楽しむ喜びを感じられる10月ですね。
10月から11月にかけてワイン・ラボが参加します試飲会の案内をお送りさせて頂きます。
年末商戦に向けて、皆様のお役に立てるワインを是非探す機会にしてください。宜しくお願い致します。

※こちらの試飲会は料飲店様、酒販店様対象の試飲会となります。

こんにちは、ワイン・ラボです。空気感は秋ですが、まだまだ暑い日々が続いていますね。皆様いかがお過ごしでしょうか。緊急事態宣言も緩和されワインを楽しむ喜びを感じられる10月ですね。10月から11月にかけてワイン・ラボが参加します試飲会の案内を...
11/10/2021

こんにちは、ワイン・ラボです。
空気感は秋ですが、まだまだ暑い日々が続いていますね。
皆様いかがお過ごしでしょうか。
緊急事態宣言も緩和されワインを楽しむ喜びを感じられる10月ですね。
10月から11月にかけてワイン・ラボが参加します試飲会の案内をお送りさせて頂きます。
年末商戦に向けて、皆様のお役に立てるワインを是非探す機会にしてください。宜しくお願い致します。

※こちらの試飲会は料飲店様、酒販店様対象の試飲会となります。

美味しくなってきました。夏真っ盛り!毎日暑いですね。白もロゼも美味しいですが、冷やしめで美味しい赤ワインが重宝される季節でもあります。どんなワインがいいか色々考えてみましたが、やはりローヌでしょう!ローヌワイン(主に南部ローヌ)の魅力は「力...
03/08/2021

美味しくなってきました。
夏真っ盛り!毎日暑いですね。白もロゼも美味しいですが、冷やしめで美味しい赤ワインが重宝される季節でもあります。どんなワインがいいか色々考えてみましたが、やはりローヌでしょう!
ローヌワイン(主に南部ローヌ)の魅力は「力強いジューシー感」「厚みのあるぶどう果肉」「甘ささえ感じてしまいそうなコク」などなど。でもこれだけなら、ジューシーで濃い味わいのイタリアやニューワールドにもありそうです。が、そこへ来てローヌワインはこの「ジューシー感」に「太陽の暑いイメージ」が重なります。熱い日光に何日もさらされたぶどうの皮が焼けたような味わい、ジューシーな果肉の周りの皮だけが乾いて細かいエキスになって味わいにロースト感をもって散りばめられたような感覚。そのローヌ独特の「皮」の感じは、タンニンに頼っていなく、冷やしめでも角は立たず、むしろジューシー感を引き締めるほどよいスパイスとして楽しめます。
そんなローヌから、最近美味しくなってきた銘柄を一つご紹介します。
シャトー・ド・フォンセグーニュ AOCコート・デュ・ローヌ 2016
Château de Fontségugne

場所は「シャトーヌフ・ド・ガダーニュ」という村でアヴィニョンから東へ15kmほど。生産者ジョン・マルク・ゲランは、若い頃ワイン造りの修行をシャトーヌフ・デュ・パプで積みました。
ワインの熟成には修業時代にパプで学んだのと同じ方法をとります。225L通常サイズの一年樽(写真左)にはシラーを入れます。シラーの荒々しさやタンニンを、樽香や積極的な酸素との触れ合いが和らげてくれます。写真右は4000Lの超大樽(40年以上使用)にはグルナッシュを入れます。グルナッシュの持つ柔らかく丸いエキス感を損なわないように、とうの昔に樽香が飛んでしまった古樽で、酸素との行き来の少ない環境でゆったり伸び伸びと過ごします。
それらがアッサンブラージュされて出来上がるこのフォンセグーニュのワインは、とにかくバランス感覚に優れています。みんなが美味しいと思う要素「しつこくないコク、旨み」「ちょっとした甘み」「ほどよいスパイス感」「いい塩梅の樽香」が全部入っているようなイメージです。さらに、それらすべての要素が、熟成によって一つ味に上手にまとめられ、最近特に美味しく仕上がってきています。
シャトー・ド・フォンセグーニュ AOCコート・デュ・ローヌ 2016
品種:60%グルナッシュ、シラー、ムールヴェードル、サンソー

こんにちは、ワイン・ラボです。この度東京・銀座にて10社協同によるワイン・テイスティング会『Feel Wine!』を開催させて頂きます。各社、数多くの取り扱いアイテムの中からこれからの季節にぴったりの「お勧め商品」をご提案、お試し頂けます。...
07/06/2021

こんにちは、ワイン・ラボです。
この度東京・銀座にて10社協同によるワイン・テイスティング会『Feel Wine!』を開催させて頂きます。
各社、数多くの取り扱いアイテムの中からこれからの季節にぴったりの「お勧め商品」をご提案、お試し頂けます。
※詳細につきましては、添付させて頂きますチラシをご参照ください。

日程 2021年6月22日火曜日
 3部制 各部70名限定 事前予約制となります。 
会場 ホテルモントレ銀座
対象 飲食店 及び 酒類販売関係者
 ・一般の方の入場はお断りいたします。ワイン関係従事者と分かる名刺等2枚ご用意ください。お車でのご来場はご遠慮ください。
 ・試飲会当日、ご試飲の前の検温を実施させて頂きます。37.5℃以上の発熱や風症状等の不調がある場合はご入場することができません。予めご了承ください。

申し込み方法 以下のリンクよりお申込み下さい。 
https://form.k3r.jp/grnwine/20210622feelwinetokyo

6月21日締切 完全予約制となっているため、ご予約の無い方はご入場頂けません。
ご不明な点ございましたら、チラシをご覧頂き弊社までお問い合わせ下さい。

こんにちは、ワイン・ラボです。梅雨入りしてからの方が雨が降っていない気がしますね。先日弊社輸入のシャトー・ド・フォンセグーニュのコート・デュ・ローヌ2016を改めて試飲しました。果実の柔らかい味わいがとてもよく出てきていて、飲み頃を迎えてい...
01/06/2021

こんにちは、ワイン・ラボです。
梅雨入りしてからの方が雨が降っていない気がしますね。
先日弊社輸入のシャトー・ド・フォンセグーニュのコート・デュ・ローヌ2016を改めて試飲しました。果実の柔らかい味わいがとてもよく出てきていて、飲み頃を迎えているんだな、と感じました。ローヌ南部のワインでありながらもとてもエレガントな飲み口となっております。皆様も機会がございましたら是非お試しくださいね。

Chateau de Fontsegugne Cuvee Tradition Cotes du Rhone 2016

こんにちは、ワイン・ラボです。インポーターという仕事の性質上、同じワインを何度も飲む事が往々にしてあります。先日お客様と一緒にマルサネ・ブラン2014年をテイスティングする機会がありました。前回は8ヶ月前に試飲したのですが、その時は樽のニュ...
28/05/2021

こんにちは、ワイン・ラボです。インポーターという仕事の性質上、同じワインを何度も飲む事が往々にしてあります。先日お客様と一緒にマルサネ・ブラン2014年をテイスティングする機会がありました。前回は8ヶ月前に試飲したのですが、その時は樽のニュアンスが強く力強い印象でした。今回は樽のニュアンスが柔らかく、果実味とのバランスが絶妙でした。当たり前なのですが、ワインは日々変わっていくのだと感じました。今はいわゆる飲み頃になりつつあると感じました。どこかでお見掛けの際には、是非お試しくださいね。

今回紹介のワイン
・ドメーヌ・ジスラン・コユ マルサネ・ブラン アン・モーメン2014年

皆さま、こんにちは。ワイン・ラボです。明日から5月ですね。5月は陽気は一年中でもっとも過ごしやすいですね。本日もいい天気で、仕事をほったらかして、外でワインを飲みたいような気分です。私たちは今これまでの日常とは全く違う日常を生きていますが、...
30/04/2021

皆さま、こんにちは。ワイン・ラボです。
明日から5月ですね。5月は陽気は一年中でもっとも過ごしやすいですね。本日もいい天気で、仕事をほったらかして、外でワインを飲みたいような気分です。
私たちは今これまでの日常とは全く違う日常を生きていますが、その中でも私たちワイン・ラボはワインを通じて皆様の日常に彩りを加えられる助けになれば、と考えております。これからも宜しくお願いします。

ボージョレー・ヌーヴォーの解禁日 11/15(木)が近づいて参りました。今日は、ワインラボで17年輸入を続けておりますドメーヌ・デ・ロンズの現地情報をもとに、2018年の気候や出来栄えについてお伝えしたいと思います。~ 収穫 ~『見て見て!...
30/10/2018

ボージョレー・ヌーヴォーの解禁日 11/15(木)が近づいて参りました。

今日は、ワインラボで17年輸入を続けておりますドメーヌ・デ・ロンズの現地情報をもとに、2018年の気候や出来栄えについてお伝えしたいと思います。

~ 収穫 ~
『見て見て!この2018年の美しいブドウ!本当に素晴らしいよ!』と大はしゃぎするオーナー フレデリック!
色がしっかりと乗り、イキイキと張りのあるぶどう!
こんな素晴らしいぶどうが出来た今年はどんな年だったのでしょうか?

~ 春から秋 ~
ここ最近、ぶどうにとって怖いのは春先の気候でした。2016年、2017年と2年連続続いた霜と雹害。
初夏の開花に向けて、つぼみが膨らむ時期にこの雹と霜で収量が半減することもありました。
が、今年は嬉しいことに何事もなく、無事に初夏の開花、結実を迎えました。
降雨量は少なめで、水分の少なさが心配されました。
ちょうど2015年が同じように雨が少なくて、凝縮あるしっかりした味わいに仕上がったものの、生産量は少ない年でした。
水分が少ない2018年は2015年の再来?というムードだったようですが、5月までの僅かな降雨を大切に蓄えて6月以降、なんとか実の数は減らずに夏を越しました。

~ 収穫直前 ~
暑い時期を越した乾いた大地に、収穫前は程よくサッと雨が降り、ぶどうはの実は若干の水分補給が出来ました。
そして収穫直前、実の周りの水分が十分に乾くドライな天候が続き、最上の状態で収穫を迎えることが出来ました。
水分が多すぎると味が濃縮せず、少なすぎると成長出来ず、美味しいワインに仕上がるためには、ぶどうの実にとって「ちょうど良い塩梅の水気と渇き」が大切です。
今年ほど、その加減が絶妙と言える年は中々ないのではないでしょうか!

2018年のボージョレー、到着&開栓を楽しみに!

07/09/2018

<出荷再開(条件付き)のご連絡>

お取引先様各位

いつも大変お世話になっております。

この度の台風21号の被害により、制約を受けていた出荷に関する状況が段階的に回復しつつあります。

来週 9/10(月)より、以下の条件付きで六甲アイランド倉庫からの出荷を再開いたします。

①運送業者
六甲アイランドのヤマト運輸がまだ機能しておらず、名鉄運輸による配送に切り替えます。
*時間指定は不可
*平常時は翌日に届いているエリアも翌々日になる可能性あり
*最善は尽くしますが、指定日に間に合わない可能性もあり
また、リーファー便も稼働しておりますので利用可です。

②受注締め時間の変更
平常は当日出荷分のオーダーを平日12時まで受けておりますが、しばらくの間は締め時間を10時30分とさせて頂きます。
10時30分までに頂いたオーダーは当日出荷いたしますが、それ以降のオーダーは翌営業日出荷となります。

納期や在庫状況など、詳しい情報は個別にお問合せ下さいませ。

以上、宜しくお願い申し上げます。

<台風21号による出荷遅延のお知らせ>2018.9.6 PM14:00お取引先様各位 いつも大変お世話になっております。この度の台風21号により、六甲アイランドの弊社倉庫が被災したため、現在倉庫会社スタッフによる発送作業が出来ない状態です。...
06/09/2018
Wine-Labo 株式会社ワイン・ラボ

<台風21号による出荷遅延のお知らせ>

2018.9.6 PM14:00

お取引先様各位

いつも大変お世話になっております。

この度の台風21号により、六甲アイランドの弊社倉庫が被災したため、現在倉庫会社スタッフによる発送作業が出来ない状態です。復旧の目途は今のところ立っておらず、オーダーは承りますが納期が確定できません。

対応策として、和歌山の弊社事務所に在庫のある商品に限り、出庫いたします。

但し、和歌山の在庫は非常に少なく、オーダー通りに出庫出来ない場合も多々ございます。
(六甲の倉庫から和歌山へ、自前での在庫補充も現在検討中です)

詳しい在庫状況についてのお問合せ、その他ご不明な点は個別にご連絡くださいませ。

復旧の目途が立ち次第、メール、FACEBOOK、ホームページ(http://wine-labo.jp)にてお知らせさせて頂きます。
大変ご迷惑をおかけいたしますが、宜しくお願い申し上げます。

また、末筆で恐縮ではございますが、この度被災されたお取引先様、関係者様、ご家族の皆様におかれましては、今後のご無事と一日も早い復
旧をお祈り申し上げます。

フランスワイン直輸入 ワイン・ラボのホームページです。ラングドック、ローヌ、ブルゴーニュ、ボルドー、アルザス、シャンパーニュ、ロワールなどフランス各地方のワイン 輸入・卸業をしています。

いよいよあさって!12/10 わかやまワインマルシェ世界中から和歌山へ、120銘柄を超えるワインをすべて抜栓してお待ちしております!
08/12/2017

いよいよあさって!

12/10 わかやまワインマルシェ

世界中から和歌山へ、120銘柄を超えるワインをすべて抜栓してお待ちしております!

21/01/2014

皆様、こんばんは。Wine-Labo ワイン・ラボのfacebookページをオープンしました!さっそく「いいね」くださった方々、ありがとうございます。

ワイン・ラボは和歌山でフランスワインの輸入・卸業をしており、全国のワインショップ様、酒販店様へ卸販売を行っております。昔ながらの造りで丁寧にワインを生み出す生産者を探し、少量ずつ日本へ輸入しております。ワインの話、楽しみ方、生産者のこと、色々と投稿します。これからも応援宜しくお願いいたします。

住所

太田609-6
Wakayama-shi, Wakayama
640-8323

電話番号

073-474-3366

ウェブサイト

製品

フランス各地方のワイン(ローヌ地方、ボルドー地方、ブルゴーニュ地方、アルザス地方、南仏)

アラート

株式会社ワイン・ラボがニュースとプロモを投稿した時に最初に知って当社にメールを送信する最初の人になりましょう。あなたのメールアドレスはその他の目的には使用されず、いつでもサブスクリプションを解除することができます。

事業に問い合わせをする

株式会社ワイン・ラボにメッセージを送信:

飲食サービス付近


コメント

\\オーガニックワインたくさん入荷//

あたためる研究室です🕊

今日は朝から、2度目の投稿◎
美味しそうな揚げ栗🌰の投稿は、セラピストnaomiからのお届けでした♡

昨日の夕方、🍷の仕入れに、株式会社ワイン・ラボさんへ、なおみ氏と行ってきました。

ワインラボさんは、ワインの知識が豊富で、ワインの魅力にワクワクします💓

お酒に合う旬のオーガニックなアテもご用意しております◎

明日土曜日の夜は、
あたためる研究室へ😋

いつも、私オーナーも、試飲しながら、店員なのですが、

今回は、2階のondoのセラピストNaomiとRie、温土のMitsukiの3人で、お待ちしております🥳

私は、今回はお客として、オーガニックBARを堪能させていただきます🍷😋

オーガニックワイン、和歌山産の自然栽培の純米酒、無農薬のザクロ酒・梅酒、オーガニックビール、
珍しいオーガニックの焼酎、オーガニックのウィスキーも格別です🥃

お隣りさんは、私の姉夫婦のBAR
🐣 

是非、ハシゴしましょ🌝✨

#オーガニックバー #和歌山市オーガニックバー#和歌山市夜カフェ
#あたためる研究室#オーガニックカフェ#和歌山市テイクアウト#ヴィーガン #ベジタリアン #気候変動 #自然農法
#温土#リラクゼーションサロン#ondo
#和歌山市アロマテラピー#和歌山市よもぎ蒸し#薬草蒸し#自然栽培#和歌山市オーガニック#温土ランチ#オーガニック薬膳カレー#玄米ご飯#sdgs#温活#妊活#温活メンテナンス#子宮をふかふかに#免疫力アップ#女性を応援#女性を元気にするサポート
SHOPLIST GUIDE vol.02

理想の商店街をつくる2日間のマーケットイベントArcade。約60店舗ある出店者を、和歌山県北部から南部そして県外ゲストの順に、10回に分けて紹介します。第2弾には、和歌山の食材にこだわったお店や、人気の洋菓子店などが登場!
https://motion-gallery.net/projects/arcadeproject/updates/25910

株式会社ワイン・ラボ 窓話 ハシグチ洋菓子店 うおくに商店 FROM FARM

—————————————————
「Arcade in 那智勝浦 2019」
日程:2019 年 11 月 2 日(土) 11:00-21:00
   2019 年 11 月 3 日(日) 11:00-18:00
会場:那智勝浦町 勝浦漁港 第1売場・第2売場

\クラウドファンディング実施中/
https://motion-gallery.net/projects/arcadeproject
赤ワインw
ワイン・ラボは7/1をもって法人化し「株式会社ワイン・ラボ」となりました。
これも偏に皆様方お一人お一人から頂いたご支援の賜物です。
今後はインポーターとして研鑽により一層拍車をかけて参りますので、ご指導、ご鞭撻の程、宜しくお願いいたします。

代表取締役 西浦 賢
頑張ってください~♪(´▽`)
x

その他 Wakayama-shi 飲食サービス (すべて表示)

大好き【かるとふぇるのヴルスト(自家製ソーセージ)】 梅光園(和歌山紀州の梅干販売・通販) チオン食品有限会社 Macelleria Azzurra(マチェレリア アズーラ) 梅干屋.com 株式会社おはなはん 和歌山音家松林商店 亀岡食品販売株式会社 和歌山市の米卸 絵描き  たるいのりかず いちごの里 鮪達人 株式会社フリータウン・ジャパン ORYZAE BREWING / ferment works La cantina iwauchi 米のオカモト